長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

≫ EDIT

ウォロ



“新潟県長岡市では平和の森公園の平和像とアオギリ2世の木に捧げられた。そして平和の水にはイベント開催地の水もつぎ足された。水には平和の願いをつぎ足し続けバトンとなって次の誰かに受け継がれていく。”

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-826.html
↑2015年8月6日に平和の森公園で戦後70年の節目に開いた
"平和の水・献水式 ~平和の願いを水にたくして~ 平和の森公園”のことも併せて、
「平和の願を水にたくして」プロジェクトの仕掛け人である島根県在住の高嶋敏展さんがボランティア・NPOなどの活動・情報を発信してる市民活動情報誌ウォロに寄稿したそうです。

この雑誌は以前から長岡市立中央図書館に毎号置いてあるのですが、こんな形で触れるとは思ってもいなかったので、早速図書館に行って掲載してた2017年4、5月号を読んできました。

高嶋さんとはじめてお会いしたのが、もう7年前になるのか。
全国で柴田昌平監督『ひめゆり』を上映した団体が出雲に集まり交流会を開いたのですが、そこの幹事役として率先していたのが“出雲的文化人”と勝手に呼んだ高嶋さんで博識、なおかつバイタリティに溢れ、数多くのイベントを仕掛けこの地域を大いに盛り上げてるんだろうなと姿を拝見して思いました。

http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-835.html

先の寄稿した記事を読むと献水式に使われた水が永井隆博士と縁のある水で、この事を知った『アオギリにたくして』の中村里美プロデューサーは永井博士について勉強し、次回作として永井博士と雲南市をテーマにしたドキュメンタリーを制作中とあり、こういった繋がりが活かされて映画つくりまで発展していくのはさすが出雲的文化人だと記事を読んでて思いました。

ウォロ
http://www.osakavol.org/volo/index.html
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

My Sweet Lord ~大崩にて17~



「農作業は辛い大変な仕事と思われてるけど、俺は楽しいんだよな」

毎年恒例の大崩のご主人の田んぼの田植え仕事の手伝いに今年も参加しました。
『風の波紋』の登場人物もご主人含めて4人が参加、
もちろん松之山から主人公の木暮さんも参加しましたが、
今年は東京の友達の息子さんが近所に住み始めたので、
連れてきて初めての田植えを体験させながら、
冒頭の言葉を話してましたが、木暮さんらしい言葉だと『風の波紋』で田植えをしながら、
「田んぼはね、はまるんですよ」という名台詞を思い出してました。

こちらも田植えを木暮さんの隣でしながら、
「悩み事を抱えて鬱々と過ごしてたある日に偶然、ご主人と道端で会って田植えを誘われて毎年来るようになったんですよ」と話しました。
しかし今回で4回目ですが、その割にはやはりあんまり役に立たなかったと自戒を込めて。

ただ今回は木暮さんに心開いて話せるようになったと思いましたが、
木暮さんも昼休みに

「あいつから2月に、沖縄と福島の映画の上映会のチラシが届いたので、
メールで届いたと送ったら、
“こちらはみぞれが痛いですがコンクリートに潰されるサンゴを思えばとポスター貼りに回ってます”と返事が来て大したもんだと思った」
などとこちらのことを話して、そういえばそんなことがあったと思い返し、そういう気持ちは忘れないようにしたいと自省しました。

この日はどんよりした曇天ながらも幸い雨は降らずに、いつもより少ない人数ながらも無事に予定の田んぼに手植えを終えましたが、例年ならわりとカラッとした晴天だったのが、今回は曇空で気温も低めのせいか今までに無かったほど蚊、それもベビー蚊と呼ばれる(?)蚊が情け容赦なく襲い、木暮さんはあちこち刺されて痒みに参っておりましたが、こちらはそれを横目にしながら、蚊に刺された感覚はなかったので自分は避けたのかと勝手に思いましたが、これを書いてる翌日に一日遅れで何十か所も腫れ上がり痒みに襲われ、自分はここでもズレてるなと無念に思いました。

田んぼ仕事を終えてご主人と麓の温泉に浸かった後に、大崩の家までの道中でカーラジオからジョージ・ハリスンの『マイ・スウィート・ロード』
まさにご主人にとってのROADがこの道なんだろうな、などとカッコよく締めようと思いましたが、
あれはROADでなくLOADでジョージが傾倒してたインドの神様への讃美歌なのかと今、書きながら調べて恥ずかしながら知った次第です。
やっぱりズレてるなと。

画像でペットボトルを飲んでるのが木暮さん。
もうお会いしてから7年くらいになるのか、最初は声をかけ辛い人だと正直思いましたが、今は気さくに接してくれて嬉しく思います。
しかし体型はで最初と変わりませんが、それにひきかえこちらは、、、、

| 未分類 | 17:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

市民活動フェスタミーティング



去年、一昨年とアオーレのシアターで長岡に縁ある映画監督の短編映画上映会で参加した
市民協働フェスタのミーティングが開かれたので参加しました。

この日、参加した各団体が7つのテーブルに振り分けられ、
「どうすれば多くの人が足を運ぶようになるか」と「そのために各自ができること」を各自提案していくという、
ミーティングというとりワークショップに近いものだと思いましたが、
こちらは上映会活動と重ねて案を附箋に書いていきましたが、
全く飛びぬけた発想は出ませんでした。

ただ同じテーブルの方が集客については市民協働センターの職員さんが行うのではなく、
参加した団体各自でアピールして行うべし、という旨で話されて頷いてたりしました。

今年の市民活動フェスタは9月9日(土)にアオーレ長岡で開かれ、
シアターでの短編映画上映会を事務局に要望いたしました。

https://www.facebook.com/NkyodoCenter/?fref=ts

| 未分類 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こつこつ ゆっくり



8月14日(月)アオーレ長岡市民交流ホールAでの次回上映会作品を現在配給会社と交渉し、
ほぼ上映が可能という段階まで来ていますが、
告知の解禁は6月3日まで待ってもらえないか、
ということで6月3日のこのブログで次回上映作品を発表できたらと思います。

画像はこの件に全く関係ないけど、
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1501.html
↑この日のパレパレ解散ライブにメンバーでリーダーのあーちゅん、
現在はソロ活動でXx†Satan†xX 様にも『被爆ピアノ』の協賛依頼のチラシを手にしていただきました。

https://twitter.com/Satan666xX_

五藤利弘監督 『被爆ピアノ』 ご協賛のお願い
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1467.html

| 未分類 | 18:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄の声を国連へ!沖縄における人権侵害を国連へ訴える活動へ支援を!



三上 智恵

山城博治さんを国連に送り出して
沖縄で起きている状況について
広く知ってもらいたい
証言してもらいたい

その動きが本格化していますが
まだ渡航費など予算の6割しか達成していません

応援と拡散にご協力をお願いします。

https://www.facebook.com/chie.mikami.54?fref=nf&pnref=story

三上智恵監督がFACEBOOKで呼びかけているので、ご紹介します。

〝6月ジュネーブで開催される国連人権理事会でのシンポジウム開催に支援をお願いします!
警察、検察による長期に渡る不当な勾留にも屈せず、辺野古新基地建設の反対を訴え続ける山城博治さんに、今年6月国連ジュネーブ本部で行われる国連理事会に参加し、国際社会に向けて沖縄の声を届けてもらいます!”

沖縄の声を国連へ!沖縄における人権侵害を国連へ訴える活動へ支援を!
https://japangiving.jp/campaigns/5192
↑詳細はこちらを。

三上監督作『戦場ぬ止み』『標的の島 風かたか』の登場人物、というか主役の一人と言っていい山城博治さん。
『標的の島』では辺野古から高江へまで朝から晩まで、というか寝ないで反基地運動に明け暮れてる姿が記録、
それも病後なので『戦場ぬ止み』のように終始、エネルギッシュにアジるわけでなく、
沖縄の太陽のもとでの活動が確実に身体を蝕んでることも記録され悲痛に映されており、
追い打ちをかけるように『標的の島』の直後に微罪で逮捕、
その後に約5か月に渡って不当拘留という人権弾圧をこの国はやってのけ、粛々と辺野古の海は埋め立てられました。
三上監督の共謀罪を先取りしている実験という指摘も頷けるかと思います。

山城さんの釈放の条件として現場での反対運動はできないそうですが、
それでも『標的の島』の上映会ではトークに駆け付けたりと沖縄の現状を語っているようで、
それを今度、国連に行ってもらって話してもらおうという呼びかけのようです。

しかしこんなことをこのブログに書くと「政治活動だ、大問題だ」という方がいるのですが、
こちらが上映した映画の登場人物が不当拘留の人権弾圧を受けた方がよほど大問題だと想像できないのか、
そもそも映画と政治は古今東西密接な関係で、
それが映画ブログが政治を書くと大問題というのは、
去年騒動になった「ロックに政治を持ち込むな」というバカげた論理と同じレベルだと一蹴させていただきます。
まぁ、読んでいただいてるのは嬉しいことです。

| 未分類 | 19:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第30回ウィルながおかフォーラム記録集



http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1478.html
↑jこちらで暫定版を紹介した「第30回ウィルながおかフォーラム記録集」が完成し送られてきました。

参加した『ある精肉店のはなし』と纐纈あや監督トークのレポートもきちんと掲載されてましたので、
纐纈監督にも送ろうと思います。
新作の撮影が始まってるようで、また楽しみにしています。

あとこの冊子はウィルながおかフォーラムのメイン企画・村木厚子さん(前厚生労働事務次官)の講演の書き起こしが10ページにも渡って掲載されており、なかなか読み応えがありました。

| 未分類 | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄から羽ばたいて



大崩のご主人は大の読書家を自認し、
田んぼ仕事の手伝いのついでに家にお邪魔すると、部屋中が本に支配されてるような印象を持ち、
ここで農作業の合間は思う存分、読書に更けており、
それもただ読むだけでなく付箋やメモや傍線を引いて、思索を深めながら自身の血となり肉となるよう試みてるような印象です。

先回、行ったときに目が行き借りてきたのが
「現代思想」の特集号「辺野古から問う 現場のリアル」という硬派な一冊。

やはり『標的の村』『戦場ぬ止み』の上映会を開いたからには無視できずにいましたが、
ここでも三上智恵監督のエッセイ「沖縄から羽ばたいて」はズシリと響きました。

「沖縄は炭鉱のカナリアではない。この国の病巣の深さを声の限りに叫びながら死んでいくわけにはいかないのだ。」

ほかに石川文洋氏、想田和弘監督、木村草太氏、布施裕仁氏、そして山城博治氏など各々の立場から発言しています。

何もこれ一冊を読んでわかった気になるわけではありませんが、
もし『標的の島』を上映するのであれば、その前に沖縄を目にしたいと思ったりしました。
恥ずかしながら一度も行ったことがないので。

ちなみに大崩のご主人は『戦場ぬ止み』上映会も観に来てくださったので感想を尋ねたら、
「俺は前のほう(標的の島)が良かったな」
ちょっとずっこけましたが、まぁ人それぞれなので観に来ていただいただけでもありがたいです。

| 未分類 | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT