長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

≫ EDIT

3月11日 『奪われた村 避難5年目の飯舘村民』長岡上映と豊田直巳監督講演会



○『奪われた村 避難5年目の飯舘村民』長岡上映会と豊田直巳監督講演会

日時 3月11日(日)

*18時00分~ ウィズコーションLIVE

*18時20分 『奪われた村 避難5年目の飯舘村民』上映 (作品時間64分)

*19時30分 豊田直巳監督講演 (約60分) 

(以上、予定)

前売  1000円  
当日  1300円  障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生(学生証をお願いします) 以下500円

プレイガイド 長岡駅CoCoLo文信堂書店/アオーレ長岡三階ながおか市民協働センター/ら・なぷぅ/キャラメルママ/西時計眼鏡店/ハーブ談話室(長岡市) みずすまし(三条市) えとせとら(柏崎市) シネ・ウインド(新潟市)

会場 長岡市社会福祉センター トモシア 3階 多目的ホール
長岡市表町2丁目2−21
https://tomoshia.jp/

○『奪われた村 避難5年目の飯舘村民』

監督/撮影 豊田直巳  ・プロデューサー  河合 弘之  ・監修 海渡 雄一

2016年 / 64分 / 日本語 / ドキュメンタリー / HD

はじめに

「シリアには行かないんですか?」「今度はいつイラクに?」と聞かれます。
でも、私には5年前から日本も戦場になってしまっていたのです。
福島第一原発が爆発したとき、福島に向かっていた私はカメラバックにガイガーカウンターを入れていました。
それは、イラクの戦場取材で使っていたものです。米英軍が攻撃機や戦車で撃ち込む劣化ウラン弾も目には見えない放射線を調べるためでした。
そして 、福島ではそのガイガーカウンター役に立ったのです。とても残念で悔しいことでしたが・・・。
それにしても、その放射線測定器を「まさか日本で使うようになるとは」と 思いながら。

2年前に公開した映画『遺言〜原発さえなければ』(野田雅也氏と共同監督)でも放射能から逃げ後れた住民の方は、高濃度汚染地帯に取り残されたままこう言ったのです。「目に見えない戦場で戦っているみたい」と。

この『奪われた村』は、「見えない戦場」で続く「戦争」の下に生きる人びとドキュメントです。


2016年6月 豊田直巳

STORY

5年を経て明らかになる放射能汚染地帯の現実

福島第一原発の爆発直後のまだ村にヨウ素131が漂い、セシウムが強烈な放射線を放っている時期には「安全だ」と言われて村に留め置かれ、半減期8日の放射性ヨウ素が放射線を放って消滅した頃になって村民全員がふる里を追われた飯舘村。

 以来、村人は放射線被ばくによる健康不安、慣れない仮設住宅に暮らすストレス、共同体の崩壊による孤独感を味わってしました。

 そして時を経るごとに実感するようにな るのは、原発事故によって奪われたものの大きさでした。

 しかし、村を追われ、理不尽さを耐え忍んできた人々が、いま、声を上げたのです。原子力ムラに叛旗を翻すべく、ADRに申し立てたのだ。

「謝れ!償え!かえせふるさと飯舘村」と。

このドキュメンタリー作品は人口の過半数を超える3000余名の村民が立ち上がった「謝れ!償え!かえせふるさと飯舘村」原発被害糾弾飯舘村民申立団の協力を得て取材撮影されました。

 また製作に当っては同申立団を法的に支える弁護団の協力の下、ドキュメンタリー映画『遺言~原発さ得なければ』の共同監督でフォトジャーナリストの豊田直巳が、自らカメラを回し、また構成・監督を務めました。

 撮影は昨年(2015年)3月から今年、4月まで1年に及びました。それは、村民が「奪われたもの」が何なのかを、製作する側が実感するためにも必要な時間でした。しかし、村人自身が「奪われたもの」が何なのかを自覚するまでには5年という、あまりに長い苦渋の歳月があったのです。

 この作品に登場する村人の眼前に、そして心の中にあった「美しい村」から何が「奪われた」のか、是非、ドキュメンタリーをご覧いただき、こころに留め置かれること願いつつ・・・。

プロフィール写真豊田01IMG_8233

*豊田直巳

監督

フォトジャーナリスト
映画「遺言 原発さえなければ」共同監督

3・11以降の主な著作
『福島を生きる人びと』 (岩波書店)
『フクシマ元年 原発震災全記録』(毎日新聞社)
『福島 原発震災のまち』(岩波書店)

共著
『TSUNAMI 3・11―東日本大震災記録写真集 豊田直巳編』(第三書館)
『JVJA写真集3・11メルトダウン』(凱風社)  

○『奪われた村 避難5年目の飯舘村民』公式HP
http://ubawaretamura.strikingly.com/

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=uvzNd_OdtJc&feature=youtu.be

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
BLOG http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/
協力 3.11福島を忘れない!長岡実行委員会
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3月10日 『人生フルーツ』 長岡上映会 アンコール



(C)東海テレビ放送

『人生フルーツ』 長岡上映会 アンコール

*キネマ旬報2017年 文化映画ベストテン1位

日時 2018年3月10日(土) 
①17時00分~   ②19時00分~

会場 長岡市社会福祉センター トモシア 3階 多目的ホール
長岡市表町2丁目2−21
https://tomoshia.jp/

料金 前売券 800円  
当日 1000円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生(学生証をお願いします)以下500円

プレイガイド 長岡駅CoCoLo文信堂書店/アオーレ長岡三階ながおか市民協働センター/ら・なぷぅ/キャラメルママ/ハーブ談話室/西時計眼鏡店(長岡市) みずすまし(三条市)

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
電話 09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
HP http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

*お手伝いいただける方 随時募集 ご希望の方はお問い合わせください。

『人生フルーツ』 監督 伏原健之 ナレーション 樹木希林 作品時間91分

愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうに変わります。刺繍や編み物から機織りまで、何でもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめましたーー。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。

本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=Y5HwkS35_Go&feature=youtu.be

『人生フルーツ』公式HP
http://life-is-fruity.com/

プロデューサー 阿武野勝彦 製作・配給 東海テレビ放送 配給協力 東風
2016年 日本映画

| 未分類 | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

被爆ピアノ、その後



昨秋、開催した「被爆ピアノコンサートin長岡」はながおか市民協働センターの長岡市民活動推進事業補助金から助成いただき実現できました。
それでようやく、思いっきり遅れて事業報告書を書き上げて提出して無事にOKのお返事をいただき胸を撫で下ろしました。

以前にも別件でこの助成金を申請したところ却下された経緯があり、
今回担当の職員さんに相談して申請書を提出しながらも、
審査され採択されるかわからないという曖昧な顔で言われ、
結局採択されるのかわからないまま見切り発車で宣伝をスタートし、
これが万が一また却下されたら被らなければならないのだろうかと内心ヒヤヒヤしてましたが、無事に採択されたおかげで開催することが出来ました。

と書きながらも事業報告のために掛かった経費の領収書、レシートもまとめて提出しなければならず、さらに同時期にウィルながおかフォーラムの『台湾萬歳』も事業報告書に領収書を提出しなければならず、領収書が夢に出てくるほど山のように手元にあり、万が一この領収書が紛失したら、被らなければならないのだろうかとまたまた悪夢が過っていました。

とはいえ本番では担当の職員さんもコンサートを観に、というか様子を観に来たのだろうと思いましたが、
直前に『風の波紋』を観たばかりなので天野季子さんの歌と演奏に感激していた様子でした。

それでその被爆ピアノなのですが、このイベントに足を運び大きな評価をされた方の推薦もあって、また長岡で演奏会が開かれることになりそうです。

http://www.city.nagaoka.niigata.jp/shisei/cate03/zaisei/h30yosan.html
↑こちらを開いていただけましたら。
観に来た方が評価してくださり、次に繋がったことに本当にうれしく思いました。

| 未分類 | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最 新 兵 器



DM発送作業で封書の裏側のこちらの住所はいつも手書き、
もしくは何行か印刷したものをはさみで切ってのりで貼るという超アナログだったのですが、
見かねた方がネットで安くスタンプが作れるというので、
発注してこのたび到着しました。

なんとす押すだけでいいシャチハタタイプなので、
これでDM発送作業がはかどります。
というかこの程度で非常に喜んでおります。

| 未分類 | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

過去と未来を繋げるために



http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1792.html
↑こちらの三条で開催された「福島を考える 講演会&コンサート ~過去と未来を繋げるために~」に参加しました。
お手伝いしにいったものの、どうも本調子でなく自分でもふがいなかったのですが、
多くのお客様が駆けつけて用意していた『人生フルーツ』『奪われた村』上映会チラシはほぼ配布できたようです。
ありがとうございました。

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-194.html
↑こちら以来、4年半ぶりとなる前双葉町町長 井戸川克隆氏の講演が開かれ
ブレることなく闘っている姿に敬意を覚えました。

| 未分類 | 18:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画『台湾萬歳』DVD発売記念トークイベント



昨秋11月に酒井充子監督をお招きして長岡上映会を開いた『台湾萬歳』が3月23日にDVD発売が決定しました。

発売に合わせて酒井監督と『風の波紋』も撮影した松根広隆撮影監督のトークイベントが開催されるそうでご紹介します。

長岡では酒井監督が前乗りした際に『人生フルーツ』の話題になり、酒井監督の評は辛口であったものの、台湾でのお墓参りの場面で旧友を偲び泣きながら台湾の軍歌を口ずさむ津端修一さんを観て「本当に立派な人なんだ」と話してたのが印象に残りました。

*映画『台湾萬歳』DVD発売記念トークイベント(2018年3月23日)

『台湾萬歳』DVDの発売を記念して、スペシャルトークイベントを開催いたします。
ゲスト:酒井充子監督、松根広隆さん(『台湾萬歳』撮影)司会:小林三四郎さん(プロデューサー)※予定入場者特典として「台湾萬歳 劇場パンフ」を当日会場にてお渡しいたします。

〇日時:2018年3月23日(金)19:00開演 (18:45開場)
〇場所:紀伊國屋書店 新宿本店 9階イベントスペース
〇定員:50名
〇参加方法:無料でご参加いただけるイベントです(要予約)。2月15日(木)10:00よりお電話にてご予約を承ります。(先着50名)

ご予約電話番号:03-3354-0759紀伊國屋書店新宿本店 別館M2階DVD/CD売場直通(10:00~21:00)

↓詳細はこちらを。
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/20180215100500.html

『台湾萬歳』公式HP
http://taiwan-banzai.com/

画像はブヌン族の村、台東縣延平郷紅葉村にて撮影中の一コマ。

| 未分類 | 18:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豊田直巳 写真展 叫びと囁き



3月11日『奪われた村』上映とともに講演いただく豊田直巳監督が、
東京にて写真展を開催すると知りましたのでご案内します。

ところで小林茂監督作『風の波紋』の主人公・木暮茂夫さんはかつて報道写真家として活躍をしており、
それならば豊田監督をご存知ですか?と木暮さんに『奪われた村』のチラシを送ったところ、
何度かお会いし、懐かしいとお返事が届きました。
豊田監督も木暮さんをよくご存じのようで、できれば上映会で再会してほしい思いが浮かびました。

*豊田直巳写真展
「叫びと囁き〜フクシマ・避難民の7年間の記録と記憶」

復活する「原子力ムラ」。 新たな神話。あなたは漠然とした不安を感じていませんか。
世の中には、見えないもの、見えなくさせられているものがあるのでは、と、感じていませんか。
そんなあなたに届けたい、もうひとつの物語。

2018.2.20[火]~ 4.11[水]

ギャラリー・トークライブ  出演:豊田直巳
2.20[火]17:30 〜 2.27[火]17:30 〜
3.19[月]17:30 〜 4.11[火]17:30 〜 入場無料

会場 聖心女子大学4 号館⁄ 聖心グローバルプラザ・BE * hive
( 東京メトロ日比谷線・広尾駅・4番出口 徒歩 1 分)

http://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/event/be%EF%BC%8Ahive%E7%89%B9%E5%88%A5%E4%BC%81%E7%94%BB%E5%B1%95%E7%A4%BA%E3%80%80%E8%B1%8A%E7%94%B0%E7%9B%B4%E5%B7%B3%E5%86%99%E7%9C%9F%E5%B1%95%E3%80%80%E3%80%8C%E5%8F%AB%E3%81%B3%E3%81%A8%E5%9B%81/

○『奪われた村 避難5年目の飯舘村民』長岡上映会と豊田直巳監督講演会

日時 3月11日(日)

*18時00分~ ウィズコーションLIVE

*18時20分 『奪われた村 避難5年目の飯舘村民』上映 (作品時間64分)

*19時30分 豊田直巳監督講演 (約60分) 

前売  1000円  
当日  1300円  障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生(学生証をお願いします) 以下500円

プレイガイド 長岡駅CoCoLo文信堂書店/アオーレ長岡三階ながおか市民協働センター

会場 長岡市社会福祉センター トモシア 3階 多目的ホール
長岡市表町2丁目2−21
https://tomoshia.jp/

○『奪われた村 避難5年目の飯舘村民』公式HP
http://ubawaretamura.strikingly.com/

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=6okn268-dME

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
BLOG http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/
協力 3.11福島を忘れない!長岡実行委員会
後援 長岡市/長岡市教育委員会

| 未分類 | 05:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『夜間もやってる保育園』inえとせとら



お世話になってる柏崎のカフェ〝えとせとら”よりご案内が届いたので紹介します。
定期的に良質のドキュメンタリー映画を上映しており、
次回は2月25日に『人生フルーツ』を上映しますが、
http://www.tofoo-films.jp/lifeisfruity/?p=2214

4月15日(日)は『夜間もやってる保育園』を上映するそうです。

『夜間もやってる保育園』
日時 4月15日(日)
①10時~  ②13時~

前売り 1000円 (茶菓子付き) 当日1500円

http://yakanhoiku-movie.com/wp/jyouei/20180415kashiwazaki/

映画が映し出すのは、制度や数字からだけでは
知ることのできない豊かな現実です。


少子化が進むいっぽうで大きな社会問題になっている待機児童。国と自治体にとって喫緊の課題ですが、認可夜間保育園の数は全国で約80。夜間に子どもを預けてまで働く親と夜間保育園への偏見や批判も多くあります。だからいま、いっしょに考えてみませんか?

新宿歌舞伎町に隣接する大久保で24時間保育を行う「エイビイシイ保育園」では、完全オーガニックの給食による食育や多動的な子どもたちへの療育プログラム、卒園後の学童保育など、独自の試行錯誤をつづけていました。さらに北海道、新潟、沖縄の保育現場を取材しました。

監督は『ただいま それぞれの居場所』で介護福祉現場のいまを鮮やかに描いた大宮浩一。さまざまな事情で子どもを預ける親や保育士たちの葛藤やよろこび。すくすくと育つ子どもたちの笑顔や寝顔や泣き顔…。知られざる夜間保育の現場から、家族のありかた、働きかた、いま私たちが暮らしているこの社会のかたちを照らします。

会場 問い合わせ et cetera(えとせとら)
柏崎市新橋3-29
電話0257-21-8558

http://yakanhoiku-movie.com/

| 未分類 | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

柴田昌平監督 新日本風土記「黒潮」



昨年のNHKスペシャルで放映された柴田昌平監督の『黒潮 ~世界最大 渦巻く不思議の海~』はあらゆるアプローチを駆使して黒潮と日本の関係に迫った大変な力作で見応えがありました。

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1636.html

そのNHKスペシャルで放映されたものを柴田監督曰く「暮らしの側面に絞って編集」してNHK-BSの新日本風土記で『黒潮』のタイトルで放映されます。

これはよく覚えているのですが『森聞き』『クニコおばばと不思議の森』と力作を手掛けて一休みした頃に柴田監督とお会いする機会があり気分転換のような感じで“出汁”をテーマにした番組を作っており、食材をテーマにするのははじめてと楽しそうに話していました。
その番組は『新日本風土記』のなかで『だし』として放映、それがその後に取材をしNHKスペシャルの『和食』として放映後にされ、さらに取材を進めて『千年の一滴 だし しょうゆ』として劇場公開されました。

『黒潮』も鰹節を取材していた流れで行き着いたテーマと言え、今回最初の発端となった『新日本風土記』で放映されると聞き、面白いものを感じました。

ちなみに最初に放映された『だし』は栃尾でも撮影されました。

===============================

BSプレミアム 新日本風土記「黒潮」

2月16日(金)
午後9時~10時

日本列島を流れる巨大海流・黒潮。黒潮を泳ぐカツオは、日本人の食と文化を作り、黒潮の上で発生する積乱雲は豊かな森を作った。各地の風土から黒潮と日本人の営みを紹介。
全長1万キロにおよぶ巨大海流・黒潮。日本列島に沿って流れ、沿岸のみならず陸にも影響を与える。その恵みを受けるのは「黒潮の狩人」と呼ばれる漁師たち。縄文時代からあるカツオ漁は、日本人の食と文化を形づくった。また、暖かい黒潮の上で発生する積乱雲は雨を降らせ、豊かな森を作る。そのため稲の神が黒潮の沖にあるとして祈る集落も。列島各地に残る風習や風土を通じて、黒潮と日本人の4000年の営みをひも解いてゆく。

再放送は、2月23日(金)午前8時~ BSプレミアム

http://www4.nhk.or.jp/fudoki/x/2018-02-16/10/26104/2148219/

| 未分類 | 18:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福島原発事故が問いかけるもの



昨日に続いて3,11を前にしたイベントをご紹介します。

3月4日に原発ゼロ長岡市民ネット主催でシンポジウムが開かれるのですが、
ルポライター鎌田慧先生と新潟国際情報大学の佐々木寛先生が参加、
リベラルの立場で精力的に様々に仕掛けをしている佐々木先生と、
あの伝説的名著『自動車絶望工場』を書かれた鎌田先生が縦横無尽に語り合うと思うので、期待できると思いました。

今回も『人生フルーツ』『奪われた村』のチラシをお客様に配布していただくお願いをしました。ありがとうございます。

------------------------------------------------------------------

福島原発事故が問いかけるもの

福島原発事故から7年 - ともに考える市民の集い

とき 3月4日(日) 13時30分~

ところ アオーレ長岡 市民交流ホールB,C

第一部 映画上映 (30分)

『日本と原発 4年後』 ダイジェスト版 河合弘之監督

第二部 シンポジウム (90分)

パネリスト 両氏とも「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」幹事

ルポライター 鎌田慧さん
新潟国際情報大学教授 佐々木寛さん

主催 原発ゼロ長岡市民ネット
問 025-24-2870 (広井)
参加費 500円をご希望の方は↑こちらに連絡ください。

詳細は↓こちらを。
http://nagaokashiminnet.blog.fc2.com/blog-entry-71.html

| 未分類 | 19:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT