長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

≫ EDIT

『戦場ぬ止み』『大地を受け継ぐ』長岡上映会 ~沖縄・福島を観る知る3月11日~

daichi-uketsugu.jpgikusabanudodomi.jpg

◎~沖縄・福島を観る知る3月11日~

会場 アオーレ長岡 市民交流ホールA

日時 2017年3月11日(土)

『大地を受け継ぐ』  公式HP https://daichiwo.wordpress.com/
 監督:井上淳一  企画:馬奈木厳太郎 プロデューサー:小林三四郎 
日本 2015年 作品時間 86分

*10時20分 ウィズコーション ライブ (長岡で活動する4人組バンド 上映前に福島への思いを歌います)

*10時35分 『大地を受け継ぐ』上映 (85分)

*12時     井上淳一監督トーク (30分)

『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』 公式HP http://ikusaba.com/
監督:三上智恵 撮影:大久保千津奈 音楽:小室等 ナレーション:Cocco
日本 2015年 作品時間 129分

*13時20分 『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』上映 (129分)

*15時30分~16時30分 講演「沖縄の現状と憲法」 
講師 馬場秀幸弁護士 (新潟県弁護士会)
http://www.baba-law.jp/

*17時~ 『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』上映 (129分)

*入場料 1作品 前売 1000円、 
当日 1200円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生(学生証提示お願いします)以下 500円

*プレイガイド  *アオーレ長岡3階ながおか市民協働センター/長岡駅CoCoLo文信堂書店/カーネーションプラザ/キャラメルママ/(長岡市) えとせとら(柏崎市)シネ・ウインド(新潟市)


*実行委員(ボランティアスタッフ)随時募集中。

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
Blog http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

=============================

『大地を受け継ぐ』 予告編 https://www.youtube.com/watch?v=ljQZA-5EW8Q

11人の子どもたちが福島へ向かった。
知られざる農家の孤独な“声”に心を揺さぶられる、たった一日の食と命の体験。
わたしたちが変われば、世界は変わる。

 2015年5月、東京。ごく一般的な16歳から23歳までの学生が集まった。初対面の人も多いなか、いささか構えてはいるものの、初々しい表情。まるで学校の課外活動のような気持ちで参加した。車内は、道すがらの風景をスマホで撮影する子、SNSに書き込みをする子、新しい友達とおしゃべりする子。平和で和やかな空気が流れる。そして、到着したのは福島県須賀川市。福島第一原発から約65km離れた一軒の農家だった。笑顔で出迎える、息子と母親。そして語り始められた彼らの四年間の物語。その孤独な“声”に耳を傾ける。それは生涯忘れられない、たった一日の食と命の体験に、心揺さぶられる瞬間だった――。

『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』 
予告編 https://www.youtube.com/watch?v=zo4nzhwdlx0
 
日本にあるアメリカ軍基地・専用施設の74%が密集する沖縄。
今、辺野古の海を埋め立てて最新のアメリカ軍基地が作られようとしている。
巨大な軍港を備え、オスプレイ100機が配備されるそれは、もはや普天間基地の代替施設などではない。
2014年8月14日、大浦湾を防衛局と海上保安庁の大船団が包囲。
日本政府は機関砲を装備した大型巡視船まで投入して、建設に抗議するわずか4隻の船と20艇のカヌー隊を制圧した。
陸上でもなんとか工事を止めようと市民が座り込みを続ける。
基地を作るのは防衛局だが、市民の前に立ちはだかるのは沖縄県警機動隊と民間警備会社。
国策に引き裂かれ、直接ぶつかり合うのは県民同士だ。
「私を轢き殺してから行きなさい」と工事車両の前に身を投げ出したのは、あの沖縄戦を生き延びた85歳のおばあ。
彼女にとって沖縄はずっといくさの島、それを押し付けるのは日本政府だった。
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

めざめ



昨日の続きで、このブログのサムネイルになってる“ひなパンダ”は現在、柏崎に。
それならばとお母さんとともに『風の波紋』柏崎上映会に観に来てもらいました。
こちらも久しぶりの再会なので赤ちゃんから知ってたのが、もう小学三年生かと。
屈託なく笑っていつもはしゃぎまくってた印象だったのが少々落ち着いてるように見えました。

最近観た映画は『君の名は。』がとても良かったそうですが、
『風の波紋』のようなドキュメンタリー映画は初めてで、
猫やヤギや動物が出てきたら目を見張ってたのですが、、、

会場のえとせとらには天野孝子さんとともに映画に登場する娘さんで小1の冬話(とわ)ちゃんもいたので、
紹介をしましたが、どこかよそよそしかったのが、
別れ際に冬話ちゃんから「さよなら」というと、
それならばと二人並んで記念撮影をと。
機会があれば仲良しになっていただければと思いました。

しかし今もピースサインって健在なのかと。

お母さんが天野さんのCD「めざめ」を購入したので、
「赤とんぼ」は子守唄としていいんじゃないかと。

『風の波紋』主題曲「めざめのとき」も収録されてる天野さんのCD『めざめ』は
↓こちらからでも購入できます。
http://tongpoo-films.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2230080&csid=0&sort=n

| 未分類 | 13:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『風の波紋』にまつわるエトセトラ



柏崎のカフェ"et cetera えとせとら”は定期的に良質のドキュメンタリー映画を上映しており、
何度かこちらでも紹介しながらも今まで足を運んだことはなかったのですが、
今回『風の波紋』の上映会で初めて足を運びました。

白壁にプロジェクターから映写するスタイルで、
店内は机を外に出して、椅子をできるだけ入れておりましたが、
やはり話題作の上映とともに小林監督のお話しに
音楽を担当した天野季子さんの歌声が聴けるとあってぎっしり満席。
間近で聴けるので結構贅沢な上映会となりました。

今回、小林監督のお話しの中で木暮さんとの出会いから、
木暮さんが当時、新宿で活動してたホームレスの支援を新潟、長岡で行う際、
木暮さんから新宿のホームレスには東北、それに新潟から来たホームレスが多いと知ったという話が印象に残りました。
小林監督曰く自分たちの兄や親の世代の人達が新潟から、
東京の高度経済成長期のインフラを整備するために働きながらも、
年を重ねるとともにはじき出された人達が新宿のホームレスとなったと話す小林監督に同郷の先人たちへの敬意が伺われ、
そこから支援をする木暮さんへの信頼が話の節々から伝わってきました。
ホームレスの写真展を新潟・長岡などで開く際に入場料をお金でなくお米でお願いし、
それならば新潟のお米はどんな場所で収穫されるのか木暮さんが車で県内を回った際に見つけたのが、
松之山のあの中立山の集落で「こんな美しい場所を初めて見た」と木暮さんは移住を決意、
それが時を経て『風の波紋』の撮影につながると思うと、
この一本の作品にさまざまな縁や出会い、それに人達の思いが改めて深く重なっていると思いました。

この日の一回目の上映後に天野さんは以前から店内にあったピアノで「赤とんぼ」「めざめのとき」を熱唱。
傍らにはずっと娘さんの冬話(とわ)ちゃんが離れずにいて、
歌い終えたらお客さんとともに拍手をしていましたが、
冬話ちゃん、映画の撮影時よりも流石に大きくなっておりました。

『風の波紋』公式 http://kazenohamon.com/

えとせとらに『戦場ぬ止む』『大地を受け継ぐ』長岡上映会の前売り券をお願いしてきました。
柏崎の方はこちらでお求めください。

=============================

◎~沖縄・福島を観る知る3月11日~

会場 アオーレ長岡 市民交流ホールA

日時 2017年3月11日(土)

『大地を受け継ぐ』  公式HP https://daichiwo.wordpress.com/
 
*10時20分 ウィズコーション ライブ (長岡で活動する4人組バンド 上映前に福島への思いを歌います)
*10時35分 『大地を受け継ぐ』上映 (85分)
*12時~    井上淳一監督トーク(30分)

『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』 公式HP http://ikusaba.com/

*13時20分 『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』上映 (129分)
*15時30分~16時30分 講演「沖縄の現状と憲法」 
講師 馬場秀幸弁護士 (新潟県弁護士会)
*17時~ 『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』上映 (129分)

*入場料 1作品 前売 1000円、 
当日 1200円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生(学生証提示お願いします)以下 500円


主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

| 未分類 | 19:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お食事処 おが家



川崎にあるコメリの写真店のコピー機が相場より格安でカラーコピーが出来るので、
そこでコピーをし最近はポスターとして貼りに回ってるのですが、
先日、その前に腹ごしらえと最近出来た印象のお店に入ったら、
ご婦人の店員さんがこちらを見て、ハッとした顔をしたので誰だろうとよく見たら、
長岡工業高校前の船場の店員さんだった方でした。

船場では毎回上映会の度に顔を出してポスター掲示の依頼をしていたので、
顔を覚えられたばかりか、変わった活動をしてることに興味を持ったのばかりか、
いつもいい場所にポスターを掲示していただいたので、
うれしく思ってたものの、最近は船場に行っても見かけないなぁ、
と気になってたら船場で修行した息子さんがここにお店を出したそうです。
なるほど、隣席のおじさんが食べてる味噌ラーメンは
船場名物のサッポロみたいだったので、
あの味を受け継いでるのかと思いました。
この日はラーメンを注文しましたが次回は味噌ラーメンを食べてみようと。

「またポスターがあるなら持ってきて」
と笑顔で言ってくれたのが嬉しく、
食べ終わってすぐにコメリに行きカラーコピーをして、
再びお店に顔を出してお願いをしたら快く引き受けてくださいました。
ありがとうございます!

| 未分類 | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長岡ロケ映画 『栄光の黒豹』 シネ・ウインドで公開 ニイガタフットボール映画祭2017

16118009_1409940322357698_531918356_n.jpg

ニイガタフットボール映画祭事務局、というかシネ・ウインド支配人より
チラシの裏表が届いたので、画像を貼ってこれを基にご紹介します。

シネ・ウインドで開催の4回目となるニイガタフットボール映画祭は今年は劇映画を二本上映、
その中に昨年6月に長岡市立劇場で上映した昭和44年の長岡ロケの青春サッカー映画『栄光の黒豹』も上映されます。
『栄光の黒豹』はフットボール映画祭が開催される2月18日(土)の12時30分と、
2月19日~2月24日に14時05分に連日上映されます。
もちろんフィルム上映で↓こちらで撮影した目黒祐樹さんのビデオレターも流すハズです。
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1385.html

貴重な当時の長岡の姿がわんさか登場し、
長岡で上映した際は上映後のロビーではお客様たちが集まって目にした長岡の姿の話題で持ちきりとなった他、
大変豪華な出演陣の若き日の姿に自身の青春を重ねてた人もいたなど、
多数の見所があったりし、今もDVD化されてないのでこの機会にぜひともとお勧めいたします。

ニイガタフットボール映画祭2017

12時10分 開場
12時30分 『栄光の黒豹』 上映後トークあり

14時50分 『U-31』 上映後トークあり

17時~18時 シンポジウム 新潟発サッカー映画が見たい!

前売り 一回券1100円 二回券2000円(大学生以下は当日券のみ)

当日 (各一回券のみ) 大人1500円 60歳以上1100円 幼児~大学生 1000円 障害者手帳をご提示の方1000円

*シンポジウムの参加は無料

2月19日~2月24日の『栄光の黒豹』はニイガタフットボール映画祭と同じ入場料。

前売り券はシネ・ウインドで発売。

主催 ニイガタフットボール映画祭
(問 シネ・ウインド 電話025-243-5530)

ニイガタフットボール映画祭
https://twitter.com/niigata_fff

| 未分類 | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『大地を受け継ぐ』長岡上映に井上淳一監督がお話しに来てくださいます。

井上監督

3月11日(土)にアオーレ長岡市民交流ホールAにて上映する『大地を受け継ぐ』に井上淳一監督が、
お忙しい中、お越しくださりお話していただくことになりました。
正直、3月11日なので難しいのではないかと思いましたが、
快諾をいただきありがとうございます。
送られてきたプロフィールを読むと若松孝二監督に師事とあるので、
ちょっと若松監督の思い出やらなんやらが甦ったりしました。
どうぞよろしくお願いいたします。

『大地を受け継ぐ』の上映後の12時より、30分ほどお話しをしていただきたいと思います。

===================================

『大地を受け継ぐ』 監督の声

例えば、3.11。津波で家族を失った人はそのことを決して忘れません。原発事故で住んでいた土地を奪われた人も忘れません。その痛みを抱えたまま、生きていきていかねばなりません。

だけど、我々はどうでしょうか? 3.11のことも、原発事故のことも、福島のことも時と共に忘れていないでしょうか? 口では忘れてはいけないと言いながら、日々の暮らしの中で忘れようとはしていないでしょうか? 痛みを忘れてもいい人ほど忘れず、自分を赦せない。痛みを記憶に留めなければいけない人ほど忘れ、何の教訓にもしない。これは何も3.11に限ったことではありません。

例えば、先の戦争。我々は日本がアジア諸国で犯した罪を忘れ、受け継がず、時には記憶を改変さえしていないでしょうか? 足を踏まれた者にしか、足を踏まれた者の痛みは分からないといいます。でも、それでは悲し過ぎやしませんか? すべての動物の中で、想像力を持っているのは人間だけです。足を踏まれたことがなくても足を踏まれた人の痛みに思いを馳せることができるような映画をずっと作りたいと考えていました。

この映画の主人公である樽川和也さんは、原発事故でお父さんを奪われ、放射能で土地を汚されました。それでも、彼はその地で農業を続けています。自分の代で、先祖代々受け継がれてきた土地を手放すわけにはいかないと彼は言います。そんな彼から発せられる言葉を撮りたいと思いました。映像で語られる映画において、言葉を撮ることはもっとも映画的でない行為かもしれません。しかし、言葉を撮ること――言葉を語る彼を撮ることで、言葉の向こう側にあるものが想像できるのなら、それこそが映画ではないかと思いました。彼の言葉からは、この国が抱える様々な問題が浮かび上がってきます。原発事故後の対応、農業の構造的な問題、政治家の資質、人々の無理解・無関心……。それでも、彼は絶望することなく語り続け、土地を耕し続けます。

「大地を受け継ぐ」のは、彼だけではありません。そして、受け継ぐのは大地だけではありません。そこに染みついた記憶――歴史までをも受け継いでいくのです。彼の話を聞く、東京に住む若い世代。足を踏まれたことのない彼らは、そして、我々は何を受け継ぐことができるのでしょうか? この映画がそのことを考えるきっかけになればと願ってやみません。


監督: 井上淳一(イノウエ ジュンイチ)
1965年7月12日生まれ、愛知県出身。早稲田大学卒。大学入学と同時に、若松孝二監督に師事し、若松プロ作品に助監督として参加。90年、『パンツの穴・ムケそでムケないイチゴたち』で監督デビューする。以後、脚本家に転身。『パートナーズ』(10・上海国際映画祭)、『アジアの純真』(11・ロッテルダム映画祭)などの脚本を書く。2013年、『戦争と一人の女』を再び監督。慶州国際映画祭、トリノ国際映画祭ほか、数々の海外映画祭に招待される。また、09年の釜山国際映画祭では脚本作品『退廃姉妹』(青山真治)が企画マーケットでグランプリを受賞。現在、韓国・中国合作による、慰安婦をテーマにした監督作を準備中である。

https://daichiwo.wordpress.com/

==============================

◎~沖縄・福島を観る知る3月11日~

会場 アオーレ長岡 市民交流ホールA

日時 2017年3月11日(土)

『大地を受け継ぐ』  公式HP https://daichiwo.wordpress.com/
 
*10時20分 ウィズコーション ライブ (長岡で活動する4人組バンド 上映前に福島への思いを歌います)
*10時35分 『大地を受け継ぐ』上映 (85分)
*12時~    井上淳一監督トーク(30分)

『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』 公式HP http://ikusaba.com/

*13時20分 『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』上映 (129分)
*15時30分~16時30分 講演「沖縄の現状と憲法」 
講師 馬場秀幸弁護士 (新潟県弁護士会)
*17時~ 『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』上映 (129分)

*入場料 1作品 前売 1000円、 
当日 1200円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生(学生証提示お願いします)以下 500円


主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

| 未分類 | 19:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『戦場ぬ止み』『大地を受け継ぐ』長岡上映会 前売券発売開始

繧オ繝・_convert_20170118194615(C)「大地を受け継ぐ」製作運動体

本日、アオーレ長岡3階ながおか市民協働センター、長岡駅CoCoLo文信堂書店に前売券をお願いしてきました。
前売一回券は1000円で発売します。
二作品観たい方は二枚お買い求め願います。

これからチケットをお願いしたプレイガイドは随時↓こちらに掲載していきます。
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1390.html

取り急ぎよろしくお願いいたします。

==============================

◎~沖縄・福島を観る知る3月11日~

会場 アオーレ長岡 市民交流ホールA

日時 2017年3月11日(土)

『大地を受け継ぐ』  公式HP https://daichiwo.wordpress.com/
 
*10時20分 ウィズコーション ライブ (長岡で活動する4人組バンド 上映前に福島への思いを歌います)
*10時35分 『大地を受け継ぐ』上映 (85分)

『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』 公式HP http://ikusaba.com/

*13時20分 『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』上映 (129分)
*15時30分~16時30分 講演「沖縄の現状と憲法」 
講師 馬場秀幸弁護士 (新潟県弁護士会)
*17時~ 『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』上映 (129分)

*入場料 1作品 前売 1000円、 
当日 1200円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生(学生証提示お願いします)以下 500円


主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

| 未分類 | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT