長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

≫ EDIT

伊藤碩男撮影監督



昨日の続きですじまきを早々に切り上げ大崩のご主人と向かった先は
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1465.html
↑こちらの民映研ドキュメンタリー十日町上映会。

今回のゲストとして姫田忠義監督、小泉修吉プロデューサーとともに民族文化映像研究所(民映研)を立ち上げ、
姫田監督作の多くの作品の撮影を手掛けた伊藤碩男(みつお)キャメラマンがお越しくださるというので、
これは貴重な機会だと思い参加しました。

上映作『寝屋子 海から生まれた家族』のエンドクレジットには演出助手として青原さとし監督、柴田昌平監督の名前を見つけた後に登場した伊藤キャメラマンは御年84歳。
撮影時のエピソードや観客からの質問に適格に紳士丁寧にお話しする姿を目にしてすぐさま尊敬の念を覚えてしまいましたが、
その後の交流会で挨拶した際は青原監督、柴田監督にお世話になってることを伝えてたら
姫田監督、小泉プロデューサーと民映研設立時の話をしてくださり、
とても立ち話だけでは語りきれない濃厚なものを覚えてました。
青原監督、柴田監督を育てたその先には宮本常一、さらに宮本常一の面倒を見た渋沢敬三という民俗学の巨人の遺志を
姫田監督、小泉プロデューサーとともに受け継いた志に感じることが多々あり、
まさにリヴィングレジェンドというのか今も民映研の新作の撮影で京都に通ってるそうで、
生涯現役を貫く姿を間近で見て頭が下がりました。

自身は学生時代に松竹の照明係として現場についた後に企業のPR映画、岩波の教育映画で働き、
宮本常一の講演を聞き民俗学という大きなジャンルがあると知って民映研の設立に参加。
以後、姫田監督ともに全国津々浦々で貴重な記録映像を撮影し、
当然のように大変な博識で今回上映した『寝屋子』の話から若者宿の歴史、自身が疎開先で見たという娘宿、さらに松之山の婿投げがこの若者宿の系譜にあたるなど、言葉の端端から、この作品の撮影を通して膨大な資料を頭に叩き込んだことがうかがえました。
おそらくそれは民映研の作品、一本一本撮影とともに繰り返し刻んでいたことなのだろうと。

「柴やんのダシの映画は長岡で上映したの?」
柴田昌平監督は柴やんと呼ばれてるらしく『千年の一滴』は長岡で上映したと伝えたら、
「自分たちは撮るだけだけど、そうやって上映してくれなければ映画は観てもらえい」などと
こちらに労いの言葉をかけていただきました。
「撮るだけ」というのはもちろん謙遜でしょうが、それでもドキュメンタリー映画の道をずっと歩んできた偉大な映画人よりいただいた言葉はとても励みになりました。

次回の民映研ドキュメンタリー十日町上映会にも多忙の中で伊藤キャメラマンは駆けつけてくださりお話をされるそうです。

5月20日(土)14時~
会場 松代郷土資料館
料金 1000円 交流会1500円(17時~ 要予約)

上映作 船大工の世界 1990年 42分
     マイワイの社会 1988年 42分

主催 問 予約 民映研ドキュメンタリー十日町実行委員会
電話 09023129685  

貴重な機会をありがとうございました。
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨語晴耕 ~大崩にて16~



大崩のご主人宅で今年も田んぼ仕事が始まり、
この時期はすじまきの手伝いに例年足を運んでましたが、
いつもは晴れ渡る空の下ですじまきをしてたのが、
今年は朝にたどり着いたら雨。

晴れる機会を待ちながらご主人とお話しをすることに。
というのも去年の今頃、『大地を受け継ぐ』が何かの雑誌で紹介されたのを読んだご主人は、
長岡で上映してくれないか、と電話がこちらにあり、
諸事情で難しいことがあるのでとりあえず保留していて、
今年に入って上映を決め、ご主人にお電話したら
「俺、そんなこと話したっけ」
と忘れてしまってたのでと言われて、えっ?と思ったことがありました。

幸いにもご主人は『戦場ぬ止み』とともに観ていただき、
その感想について耳を傾けていました。

「農業に捧げていたところへ大きな災いが襲うところは『阿賀に生きる』と通じるところがある」と。

今秋、ご主人はこの集落で魅力的な映画上映会を企画しているそうで、
内容を教えてもらい楽しみに思いました。

その後に雨がやんで曇り空とはいえ作業をはじめ、
苗床に土を敷く、それもすべてが終わらなかったので、こちらの力が及びませんでしたが、
次回は田植えになると思うので、今回よりは役に立ちたいと。

最初に田植えに来たときは精神的に参ってたのが、
土と風に触れることで前向きになることができ、この地に感謝しています。

| 未分類 | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

越後十日町 小嶋屋 『栄光の黒豹』ロケ地を探す



『栄光の黒豹』は長岡ロケと謳いながらも十日町で撮影されたシーンが何か所かあり、
その中で着物工場の見学に行った森田健作さんと恋人未満の江夏夕子さんが、
十日町の小嶋屋にてへぎそばを食べていました。

とはいえ十日町には何軒か小嶋屋がある中で映画に登場した看板と内装から見覚えがあるのが、
十日町駅近く本町の十日町小嶋屋本店。

久しぶりに十日町を訪れる機会ができたので、
お店に入って野菜天ざるを注文したホールの和服姿の店員さんに
こちらで森田健作さん主演の映画が撮影されたことはないかと尋ねたところ、
厨房から帰ったら女将さんがそんな話をしていたとのこと。
残念ながら女将さんは不在で詳しい話、
そもそもなぜここで撮影されたのかなどを聞くことはできませんでしたが、
映画では中庭が映ってたものの、
現在のお店では中庭が見える場所がないようなので、
ここではないかと一瞬よぎりましたが、
女将さんが言うからにはそうなんだろうと。

昭和30年にここに出店し、昭和50年に改装したそうだから、
昭和44年当時とは内装は変わったのかと思いました。

映画の森田健作さんはこちらのへぎそばを確か3杯おかわりしたハズ。

| 未分類 | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『0円キッチン』上映会 コミュニティシネマにいがた



お世話になってるシネ・ウインド支配人よりご案内が届きました。
シネ・ウインドとは別に思うところがあって『コミュニティシネマにいがた』という自主上映会団体を新たに立ち上げ、
その第一回めとして『0円キッチン』の上映会を開くそうで紹介します。

映画「0円キッチン」上映会

日時:2017年4月30日(日) 1回目 13:00〜14:25  2回目 15:00〜16:25
※各回上映後、フードバンクにいがた様のミニトークあり

会場:クロスパルにいがた(新潟市中央区礎町通)4階 映像ホール(定員各回150名)

料金:1,000円(前売無し、ただしメール予約受け付けます)
問い合わせ予約申込先:c.cinema.niigata@gmail.com

※当日フードドライブを開催します。常温で二ヶ月以上保存可能な食料の寄付をお願いします。

https://www.facebook.com/c.cinema.niigata/

使った廃油 684.5リットル。走行距離 5079km。救出した食材690kg。

世界で生産される食料の3分の1は食べられることなく廃棄されている。その重さは世界で毎年13億トン。「捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させよう!」と考えた食材救出人のダーヴィド。植物油で走れるように自ら改造した車に、ゴミ箱でつくった特製キッチンを取り付け、ヨーロッパ5カ国の旅へ出発。各地で食材の無駄をなくすべく、ユニークでおいしく楽しい取り組みをしている人々に出会いながら、食の現在と未来を照らし出していくエンターテイメント・ロードムービー。

『0円キッチン』はジャーナリストで“食料救出人”のダーヴィドが食料廃棄をなくすため、廃油で走るキッチン・カーでヨーロッパ5ヶ国を巡り、廃棄食材クッキングの旅に出るエンターテイメント・ロードムービーだ。消費社会に生きる私たちは、まだ食べられるのに大量の食料を毎日捨ててしまっている。世界食糧計画によると、世界で生産される3分の1の食料は廃棄されており、その重さはヨーロッパ全体で8900万トン、世界全体では毎年13億トンにもなる。各地で食に関するユニークな取り組みを行う人々と出会いながら廃棄食材料理を振舞い意識変革にチャレンジするダーヴィドの『0円キッチン』の旅から食の現在と未来が見えてくる。

ダーヴィドは「どうやったら捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変えることができるのだろう?」と問いかけ、廃棄される予定だった食材を救出し、廃棄食材料理を作って出会った人々に届けていく。旅に使うのは植物油で走れるように改造した自らの車で、ゴミ箱で作ったキッチンを取り付けオーストリア、ドイツ、オランダ、ベルギー、そしてフランスへと旅していく。使った廃油は684.5リットル、走行距離は5079km、救出した食材は690kg。彼は食材を救い出しつつ、それぞれの国で食の問題に取り組む活動家たちと出会いアイデアを学んでいく。

オーストリアでは一般家庭を訪問し、冷蔵庫の中を抜き打ちチェック。ドイツでは農家を訪問し、規格外野菜が売れない実態を知る。ベルギーでは欧州議会の食堂でゲリラ的に廃棄食材料理を作り議員たちに食料廃棄問題を訴える。オランダでは未来の食として注目される昆虫で料理を作り小学生たちに食べてもらう。フランスでは1日料理人として漁船に乗り込み、捨てられてしまう魚で料理を作る。ダーヴィドは一流シェフや科学者、そして食材救出仲間たちと共に消費社会における食の無駄をなくすためのチャレンジをしていく。

これから世界人口は100億人に達すると見られている今、食料廃棄の問題は人類全体の問題だ。『0円キッチン』でダーヴィドは、廃棄食材で創造的でおいしい料理を作り人々に届けながら私たちに食の未来のあるべき姿を考えさせる。ダーヴィドのユニークで愉快な廃棄食材クッキングの旅が始まる。

監督:ダーヴィド・グロス、ゲオルク・ミッシュ
脚本:ダーヴィド・グロス
撮影監督:ダニエル・サメール 編集:マレク・クラロフスキー
音楽:ジム・ハワード
制作:ミスチフ・フィルムズ 制作協力:SWR/ARTE、ORF
プロデューサー:ラルフ・ヴィザー 原題:WASTECOOKING
配給:ユナイテッドピープル
2015年/オーストリア/81分

http://unitedpeople.jp/wastecooking/

| 未分類 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

闘争するフリーカメラマン



シリア渡航計画、旅券返納取り消し訴訟でカメラマン敗訴

 シリアへの渡航を計画し、外務省からパスポートの返納命令を受けたフリーカメラマンが処分の取り消しなど求めた裁判で、東京地裁は、訴えを退ける判決を言い渡しました。
 新潟市のフリーカメラマン・杉本祐一さん(60)は、おととし2月、過激派組織「イスラム国」を取材しようとシリアへの渡航を計画していましたが、外務省からパスポートを返納させられました。その後、発給されたパスポートは渡航先からイラクとシリアが除かれた「限定旅券」となり、杉本さんは、こうした処分が「報道や取材の自由を侵害している」などとして処分の取り消しなどを求めていました。
 19日の判決で、東京地裁は「シリアへの渡航は生命・身体に危害が及ぶ恐れが高いという外務大臣の判断は合理的だったと言わざるを得ない」「我が国の憲法が、いかなる場合にも国民の生命・身体より、報道・取材の自由を優先して保護すべきとしているとは解されない」として杉本さんの訴えを退けました。
 「非常に残念と同時にショックです。真相を探るには現地に赴く必要がある」(フリーカメラマン 杉本祐一さん)
 判決を受け、外務省は「主張が認められたものと受け止めている」とコメントし、杉本さんは控訴する方針です。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3032877.htm?from_newsr 
4月19日 TBS NEWS

↑こちらの記事に登場する新潟市在住のフリーカメラマン・杉本祐一さんとは『第7回長岡アジア映画祭』でアフガニスタンがテーマの『カンダハール』を上映する前にプレイベントとして『アフガニスタンの人々 ~内戦下を生きる~』と題しスライド上映と解説を今のながおか市民センター地下で開いたことがあります。

パレスチナ、アフガニスタン、イラク、ボスニアなど世界中の紛争地を駆け巡って、つねにマイノリティの側に立って闘争しシャッターを押し続けてきました。
それが一昨年、記事にあるようにイスラム国取材のためシリアへ渡航しようとしたところ、外務省からパスポートを剥奪、時あたかも世界中がイスラム国へ注視しているさなかに起きたので、時の人となった杉本さんへ日本ではいわゆる大炎上してしまいネットでは理不尽な誹謗に晒されていました。

最も杉本さんを知る人なら、誹謗中傷など屁とも感じないだろうと思ってたハズですが、案の定、国家を相手に裁判を起こし新潟日報はおろか全国ニュースで取り上げられ外国人特派員クラブで記者会見するさまを見てて、まさにあれよあれよというという感じでした。
その裁判の判決に不服で控訴というのも杉本さんらしい骨を感じました。

ちなみに杉本さん自身が監督した『綾へ イラクからの手紙』という映像作品があり、これがイラク戦争のバクダットへ“人間の盾”として乗り込み現地の様子をムービーで記録していたのをまとめながら新潟に残した恋人への想いを綴るという一編。
緊迫した現地の様子に知らない人が見たら恋人への想いに胸が熱くなるかと思うのですが、この恋人というのがかなり妄想が入っているので、なかなか一筋縄でいかない“作品”でした。
バクダッドの重みと“綾”への想いのバランスがとれてないように思うのですが、杉本さんによれば“綾”は新潟への想いになるのではと。

以前ならこの作品への突っ込みどころを話したりしてましたが、もはや全国区なので軽口も叩けなくなったものの、たまに新潟で偶然街中であったりするよ少しも変わらない感じで気さくに話してくれたりします。
そういえば時の人になる前に万代の有名な立ち食いそば屋さんで、これから仕事へ行くんだという杉本さんにたまたま会ったことがありますが、食べていたのが名物のカレーライス、しかもミニサイズの方。
経営してたゲストハウスが閉じた後で写真だけでは食えないことを想像しましたが、そんな中で海外へと取材に行く熱い思いがある、それが杉本さんの実情だと思うので知らないで非難はまさにお門違いだろうと。

また何度か書きましたが小林茂監督『風の波紋』の主人公・木暮さんはかつて報道写真家として世界中の紛争地帯を駆け巡った経歴を持ち、杉本さんとはホームレス支援でお互い知っていたそうでイラク戦争の際にバクダッドへと発つ杉本さんに前日、結構キツイ口調で電話で話した間柄だそう。
近々、松之山の山中に暮らしながら今も鋭く世界と対峙している木暮さんに会うので杉本さんの裁判の件を尋ねてみたいと思ってます。

しかし木暮さん、一昨日の記事に書いたとおり坂田雅子監督のご主人も同じく報道写真家で交流があったそうなんで、なんというか戦場カメラマンの界隈はやはり狭いんだろうかと思ったりしました。

| 未分類 | 19:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

土徳流離 柏崎上映会



http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1144.html
↑昨年、シネ・ウインドで公開された新潟とも縁の深いドキュメンタリー映画、
青原さとし監督 『土徳流離~奥州相馬復興への悲願』が柏崎で上映されるのでご紹介します。

東日本大震災、原発事故から6年。
200年前の江戸時代「天明の大飢饉」で相馬中村藩(現在の福島県相馬地方)は崩壊の危機に直面した。この危機からの復興のために北陸から移住した浄土真宗農民の歴史をたどり、6年前の3.11災害を経た現在を描き、未来を見つめた記録映画。

震災、原発、真宗、三つの接点のある柏崎で上映決定!

平成29年5月13日(土)
柏崎産業文化会館 文化ホール
新潟県柏崎市駅前2-2-45 ℡0257-24-7699
入場無料(こころざしでカンパを!)

前篇 14:00~15:40
後編 16:00~18:00
青原監督舞台挨拶(予定・計画中)

主催・映画「土徳流離」上映の会  
共催・真宗大谷派三条教区第10組  
問い合わせ・【事務局】祐光寺 風巻和人 ℡0257-47-3729 

https://www.facebook.com/events/257404474668698/?notif_t=plan_user_invited¬if_id=1492575002620491

https://www.facebook.com/dotokuryuri/

| 未分類 | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これは世界の終わりの始まりではないか



2011年3月。
福島第一原発が爆発したテレビ映像を見つめながら坂田雅子監督が
「これは世界の終わりの始まりではないか」とつぶやく場面から始まる『わたしの、終わらない旅』
以後、坂田監督は長野の山奥で反原発運動をスタートさせた母親の意思を継いで、
“核”に翻弄された人々を取材し耳を傾けて反核の意思を深く浸透させていく。

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1421.html
↑この映画の長岡上映会に映写係として参加しましたが、
お客様はこちらの上映会で目にする方が多く、そればかりか協力いただいてる方も見受けられ、
頭があがらない思いでおりました。

主催者がずっと反原発運動に身を投じてる方なので、
やはりお知り合いが多く、自然とこちらの上映会にも関心を持ってくださっています。

付け加えれば小林茂監督も観賞にいらしてましたが、
三条や柏崎で『風の波紋』上映会を開いた方、
さらに『風の波紋』に出演している方も何名かいらして、
改めてお世話になってる方ばかりだと見渡して思ったりと。

と、同時にこの映画に関心を持つ人たちが『風の波紋』に登場してることで
政治的な意味のあるシーンはカットしていったとはいえ、
それがぬぐい切れない気配を感じとることは間違いではないと思ったりしました。

中でも『風の波紋』にトキのコスプレで登場した劇団ハイロの座長は
県内の脱原発運動のリーダー的存在で、今回の上映会も観に来て、
久しぶりに話した中でへぇ~、と関心したのは映画にも登場する坂田雅子監督のご主人は報道カメラマンとして活躍、
それが『風の波紋』の主人公でかつては同じく報道カメラマンだった木暮さんと、一緒に仕事をしていたそうです。
そんな繋がりがあったとは。
木暮さんも上映会に来たがってたものの、あいにくお仕事で来れなかったそうですが、
そもそも木暮さんの佇まいから先のぬぐい切れない気配が『風の波紋』に濃厚に立ち込めてるように思いました。

映画の上映後に主催者からのご厚意でPRタイムが設けられ。
こちらは反核の映画に集まった人たちに大いにアピールできると思い、
五藤利弘監督『被爆ピアノ』のご協賛のお願いについて皆さんにお伝えし、
関心を持って聞いていただいたように思います。
お時間いただきありがとうございました。

『わたしの、終わらない旅』

公式HP http://www.cine.co.jp/owaranai_tabi/

| 未分類 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT