長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

≫ EDIT

手話通訳用意しています。



『ある精肉店のはなし』長岡上映会は日本語字幕付きのブルーレイで上映しました。
耳の不自由な方も映画を観賞できる機会を作ろうという目的だったのですが、
上映してみて気づいたのが、映画の中の牛を屠畜し解体する場面で
「ボキッ!」と音がするのですが、これが字幕がなければ聞き流してたかもしれませんが、
字幕には「関節を折る音」とついてあって、なるほど映画の擬音の解説をしてくれてるのかと思いました。
人によっては良かれ悪しかれかと思いましたが、
担当者は字幕に「関節を折る音」とつくことや他にも何シーンかそんな字幕がついてたので、
一層作品に入れ込むことができたと思いました。

それで耳の不自由な方がせっかく足を運んでも監督トークに手話がなければ意味がないのでは、と思い
長岡市福祉課に相談して手話通訳の方をお二人斡旋いただきました。
監督の隣で30分ほど手話通訳をしたら交代という取り決めだから二人組のようで、
実際に手話を必要とする方が何人お越しいただいたのか心許ありませんでしたが、
映画を観る機会を増やすということで、こういった取り組みは必要だと思った次第です。

今後は障がい者手帳をお持ちの方は割引するとか、そういったこともやるべきだったと思います。
何しろ宣伝活動をはじめてから福祉課に相談に行った行き当たりばったりな有様でした。

ただ福祉課の手話担当の方はこちらの相談をくみ取っていただき、
手話通訳者の斡旋のための手続きなど親切に教えていただいたほか、
チラシを長岡に何団体かある手話サークルに送っていただいたりとご協力をいただきました。

しかし驚いたことがあって福祉課でまず手話担当者を呼んでいただけないかと対応した男性職員さんの言葉遣いが、
どうみてもこちらより年下なのに上から目線のタメ口をきき、
最初はなんなのかよくわかりませんでしたが、
どうもタメ口で応対してると気づき、
こちらはあなたより年上だし、会ったばかりで友達でも何でもないし、
その口のきき方はなんなのかとムッとしながら呆れてました。
確かにこちらの身なりは貧相で上から目線になるのも百歩譲ってわかりますが、
一応、公務員なんだろうから、そんな口のきき方で今までこの福祉という職場で生きてきたこと、
他の職員さんが親切に応対してるのが、そちらのおかげで台無しなことがわからないのかと
こんなお役人様様が今頃いるのかとかえってアッパレ!に思いました。
すごいぞ!長岡市役所(ほめ殺し)
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

褒めてつかわす。



今回の『ある精肉店のはなし』上映会はウィルながおかの登録団体のイベントに参加してのもので、
そのお力で長岡市内の全コミニティセンターにポスター、チラシなどをウィルながおかの方から通していただきました。
これだけで宣伝展開が本当に助かりました。

またウィルながおかの活動のひとつに心の悩み相談があり、
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kurashi/cate14/will/
担当者も以前に心が壊れかけた時に相談に行き悩みを吐いたこともあるのですが、、
その相談員の方は映画好きで実は『ある精肉店のはなし』を企画したいとこちらがウィルに伝えたところ、
他の映画も検討したらどうかと言われましたが、
この相談員の方が後押ししてくれて実現できたところもありました。

ただ「私は予約が取れない女」と自称するほど多忙な毎日を日々、悩める人たちの相談に費やしているのですが、
『ある精肉店のはなし』上映はきちんと時間をとり観賞に来てくださいました。
それで先日、お会いしたら「最近観た映画で一番良かった」と絶賛し、
話の流れで仕事柄、人権問題も扱っており、今回被差別部落の問題も提起していることに注目をし、
いろいろとお話しをして下さいました。
もちろん牛が解体されるシーンを見て「こんなふうなのか」と強い関心を持ち
観て良かったと、お話くださり、
最後にこの映画を選んだことに「褒めてつかわす」
こちらは「ははーっ」と。
もちろんお互い冗談で言ってますが、こんなふうに言っていただきとても嬉しく思いました。

| 未分類 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TOKYO FILMeX 2016 ~映画祭巡礼記~

S東京特派員の映画祭巡礼記。
今年も東京国際映画祭に続いての『第17回東京フィルメックス』です。
http://filmex.net/2016/

今回は″香港のクロサワ”と呼ばれてたことも懐かしい中華圏最大の巨匠キン・フー最高傑作『俠女』がスクリーンに甦り、当然S特派員は足を運んでおりました。
などと書いてたら『残酷ドラゴン・血斗!竜門の宿』『迎春閣之風波』『忠烈図』『山中傳奇』等々、血沸き肉躍ったキン・フーの名作の数々が脳裏に浮かんできました。
特にサモ・ハン・キンポーが倭寇の海賊として大暴れする『忠烈図』の凄まじさは特筆でしたが、
晩年は途中降板した『スウォーズマン/剣士列伝』(それでも面白い)や遺作としては邦題があれな『ジョイ・ウォンの魔界伝説』などなど不遇だったかもしれませんが、これを機にまた再評価の機運が高まってほしいです。



私の今年のフィルメックスは「アジア映画のシンポジウム」と題されたトーク・イベントが最初。
こうしたイベントは映画の上映と同時に行われたりしたので映画の上映と重ならないのはありがたかったです。
私がこの中の発言で印象に残ったのは、
(1)日本は政府による映画に対する支援が乏しい
(2)プロデューサーの重要性
(3)国際的な共同制作はもっとさかんにすべき。アジアはヨーロッパにくらべ国内で完結しすぎてる
(4)批評家の発信力が弱い。うろおぼえですがこんな感じ。映画の将来をみんな真剣に考えてるんだなと感じました。聞けてよかったです。

以下今回見た映画の感想。
「エグジール」は「消えた画」のリディ・パン監督によるポルポト政権下のカンボジアで両親や親族を殺された体験に基づく映画。
ドラマ仕立てではなく、当時少年だった監督が暮していたであろう小屋とその周囲だけが舞台という簡潔さで、しかしそこにさまざまなものがミニチュアやセットで現れる。
過去の体験の再現ではなく、その時間に考えてきたことの再現、人は虐殺をどんな風に記憶しているかについての映画のように感じました。詩の様な映画でした。

「苦い銭」は「収容病棟」のワン・ビンの最新作。
今回も中小規模の縫製工場で劣悪な環境の中低賃金で働く人々を追っていて中国の労働問題を告発する内容かと思いきや、そういう要素もありますが、開始1時間ぐらいでそういう視点を突き抜けてしまい、最終的にはなんてことはないはずの工場の町の中になんともいえない生命の輝きの美しさみたいなものを見出すことになります。
毎回驚かされるワン・ビンマジックは今回も健在。

「私たち」のユン・ガウン監督(中央)「私たち」のユン・ガウン監督(中央)。

「私たち」は韓国の女性監督ユン・ガウン監督のデビュー作。
小学校4年生の女の子が主人公。子供の世界がどんなものだったのか、ああ、自分もそんなだったな、と思わせる説得力。
ユン監督新人とは思えない力量だと思いました。
その世界はすごく狭い。でも周りには少女はまだよく分らないがまたちがう世界がある。
ちょっとしたことでふいにそのことに気づいていく。
子供が主人公ですが大人が見るべき映画。主人公を演じた子役もすばらしかった。

「恋物語」のイ・ヒョンジュ監督(左)。 「恋物語」のイ・ヒョンジュ監督(左)

「恋物語」イ・ヒョンジュ監督。
レズビアンのカップルを描いた映画ですが監督によれば恋愛について興味があるということで、なるほど主人公たち以外にもこの映画にはさまざまな恋愛模様が描かれます。
韓国では同性愛でもとりわけ女性の同性愛に対して不寛容らしく、恋愛の中でももっとも困難が多い恋愛として取り上げたのかもしれません。恋愛は苦しいことだらけだけど希望もある…という監督の期待も感じられた作品でした。

「ティクン~世界の修復」イスラエルのアヴィシャイ・シヴァン監督作品。
ユダヤ教の神学生がまじめ一辺倒だった性格が臨死体験を経てしだいに今の自分に悩みはじめ…と書くとシリアスな話みたいですが実際の映画はかなりブラックな笑えるところもチョイチョイありたぶんユダヤ教に基づく映画なんでしょうがまったく無知な私にも楽しめる映画でした。イスラエル映画要注目です。

以上は新作ですがフィルメックスは過去の名作の発掘も毎回取り組んでいて今年は台湾映画から1971年のキン・フー監督「俠女 デジタル修復版」と1985年のエドワード・ヤン監督「タイペイ・ストーリー」。どちらもデジタル・リマスター版での上映でした。

「タイペイ・ストーリー」は80年代らしい暗さ。
エドワード・ヤン監督の作品は後半の温かみのある作品のほうが好きですが寒々とした都会の描写の初期の作品もまた独自のよさがあります。
アメリカと並んで日本が台湾に住む人にとってあこがれだったというのが時代を感じさせます。

「俠女」は武俠アクション映画に分類されると思いますが「聊斎志異」が原作なのに原作の怪奇要素をなくし、政治闘争劇にしたもので、さらにクライマックスは人間の闘争の果てに神秘的な力が現れるというキン・フー独特な世界感で後年の香港製の武俠映画とは一線を画す堂々たる大作でした(3時間もあります)。
大スクリーン向けに映画が作られていた時代の映画。
こうした過去の作品を改めてみることも映画の多様さを感じるいい機会だと思います。去年のピエール・エテックスなんか実によかった。

今年はあまりコンペ作品を見れなかったのが残念。
フィルメックスの上映がきっかけになり日本で公開されることを期待したいと思います。
もちろん来年のフィルメックスも見に行きたいとます。

| 未分類 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

♪ Chan Chan

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

昨日に続いてカストロ絡みでキューバのはなしなんですが、
2000年7月15日に市民映画館をつくる会主催で長岡市立劇場にて上映会を開いたのが『ブエナビスタソシアルクラブ』。

すでに忘れ去られたキューバの老ミュージシャン達とのセッションをしていた
ライ・クーダーとともにキューバを訪れ記録したヴィム・ベンダース監督の大ヒット作。
カストロもゲバラも闊歩したハバナを中心に撮影されてます。

とはいえいくらシネマライズ渋谷でロングラン大ヒットしたといっても、
ここ長岡ではどう宣伝展開していいかわからず、
それ以前に担当者はまだ音楽ドキュメンタリーの熱心な観賞者ではなかったためか、
この作品の魅力を伝える力を持ち合わせてなかったのが正直なところでした。
事前に大ヒットしたアルバムを購入し、大変気に入りリピートを繰り返し聴いていたにも関わらずです。

今ならばライブシーンだけでなくカストロ政権下の庶民の姿や街並みにも括目したり、
ミュージシャン各々の人生模様にも大変興味を覚えたことでしょうが、
本当に勿体ない話でした。

上映後に覚えてるのは当時、長岡にあった伝説の東南アジア料理のお店"GANESH"の店主とその奥様が観にきて下さり、
作品を大絶賛していたことでした。
音楽に造詣深く、ご主人は実際にミュージシャンでもあったので、
なるほどなぁ、やはり音楽好きの方々にもっとアピールしておけば良かったと。
きっと今ならもうちょっとうまくできるように思いましたが、やはり勿体ない上映会でした。

しかしその後、『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』とか『ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム』『ザ・フー:アメイジング・ジャーニー 』『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』等々、今年も『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK 』が公開されればいそいそと観に行ったりと、ロック方面のドキュメンタリーに関心が高くなり、ミュージシャンだけでなく、その背景にも興味深く観たりするのは『ブエナビスタソシアルクラブ』がいまひとつの上映会だったことの反動があるかもしれません。
そんな意味で今、見直したら当時と全く違う映画として観たりするんだろうなと思ってます。

Buena Vista Social Club 'Chan Chan' at Carnegie Hall
https://www.youtube.com/watch?v=UXwLBS3yUkA
↑久しぶりに聴きましたが、やはりステキな曲です。

| 未分類 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

遠い空の下、僕は世界が目覚める音を聞いた。



キューバ革命の英雄フィデル・カストロの訃報を耳にし真っ先に思い浮かんだのが『モーターサイクルダイアリーズ』でした。

2005年5月22日に市民映画館をつくる会主催で長岡市立劇場にて上映会を開きました。
青年時代のチェ・ゲバラが当時の年上の親友とともにバイクに跨り南米縦断の旅に出た姿を描いたロードムービー。
この旅を通して南米の歴史を知り、抑圧された人々、差別されてる人々の姿を見て
いわば社会の不平等を目の当たりにし、この世界を変えようと立ち上がるまでのゲバラの青春を描いてます。

当然、カストロと出会って革命を成し遂げるのは少し先の話になるので一人の青年がなぜゲバラになったのか?
を焦点にした結果、青春映画とロードムービーの傑作として多くの人が共感できる名作となってます。
いわば旅を通してその後の人生が変わった若者の物語として。

とはいえ当時、宣伝にまわっていたらゲバラの名前を聞いただけで顔をしかめた人や異議申し立てをしてくる人がいて、
顔をしかめるのは仕方ないけど、異議申し立てをするならば観てからにしてほしいと、そういう人に限って観ないのはなんだろうと思ったりしました。
未だに根に持っています。

上映会は正直、集客に苦戦しましたが35㎜のフィルムでスクリーンに映し出された南米の地の美しさと険しさの中で
世界に対して目覚めていく青年のドラマはもちろん観た方から多大な好評をいただきました。
上映できて良かったです。

革命を成功させ駆け引きして歩みながらも初志を貫き大往生となったカストロと、
ラテンアメリカ解放という大きな理想を追い求めた結果、若くして客死したゲバラと、
結果対照的となった二人が交差した時間は短いながらも、
今回の訃報で二人のツーショット写真をまた多く目にする機会があり、
その姿は本当に眩しい真の友情として目に入りました。
世界を変えたことに、たとえ功とともに罪があっても二人の姿は眩しいです。

| 未分類 | 20:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダスティン・ホフマンになれなかったよ



未来と生活の会・三条の田中代表とは確か何年か前に大崩のご主人の田んぼの稲刈りが初対面だったような。
楽しい方なのでその後、こちらが未来と生活の会・三条の映画上映会を手伝ったり、
田中代表にはこちらの上映会を手伝っていただいたりと、
互いが行き来をし、
今回もお手伝いをできないか電話をしたら
「Cさんは来ますかね?この前の上映会にCさんに歌を歌うことを約束したのでギターを持っていきますよ」

何を言ってるのかわかりませんでしたが、
要は先の上映会の合間にスタッフのCさんと雑談していたら、
Cさんが知らない曲があったので、それじゃぁ自分がギターで弾き語りをすると約束したようでした。

それで11月26日の『ある精肉店のはなし』上映会当日、
田中代表は夜勤明けで遅れると連絡があったことも忘れ、
午前からドタバタし、少し落ち着いてスタッフの楽屋に入ったらギターの音色と田中代表の歌声が。
確かにCさんの目の前で熱唱しており、スタッフも訳も分からずやんやの喝采を浴びせているのを見て、
それならば二回目の上映前の纐纈監督トークの前に、
入場しているお客様の前で歌ってもらおうとなりました。
もちろんお客様には一言添えて。

担当者は去年の鎌仲ひとみ監督『小さき声のカノン』三条上映会で、
同じく上映前にお客様の前で確か『天空の城のラピュタ』の主題歌を歌ってるのを見たので、
その曲をリクエストしましたが、いきなり言われても出来ないと歌いだしたのは大塚博堂の曲を三曲ほど。

この時代に大塚博堂とは随分と渋いよなぁ、と。
お客様はこのステージで突然出てきて弾き語りをしてるのは何者なのかと怪訝に思ったでしょうが、
何もBGMもない館内よりはマシだろうと思ったのか熱心に耳を傾けていました。

特に最後の名曲「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」は田中代表の苦い思い出も重なったようで、
切実哀切な歌声が館内に響き渡り、歌い終わったら呆れるくらい客席から拍手喝采が湧きあがりました。
それを見てて今後もまた歌ってもらおうかと…
しかし途中から入ったお客様は本当にワケわからなかったと思います。

あとステージは纐纈監督トークのために組んでましたが、
謙虚な纐纈監督はステージに上がらずマイク片手にお話しをし、
結局、田中代表のためにこのステージは組まれたのかと…

| 未分類 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

太陽はひとりぼっち



11月26日『ある精肉店のはなし』上映会。
この日は土曜日で纐纈あや監督にどこかのお店でランチをと思いましたが、
スケジュールがキチキチなので、それならばお弁当を、
しかし土曜日でランチをやりお弁当を作ってるお店、それも融通の利くお店となると限られた中で、
浮かんだのは長岡駅前の〝居酒屋・太陽”
ここは以前、毎日新聞長岡支局長が贔屓にしていたお店で大将と奥さんが二人で切り盛りしている居酒屋。
しかも自分のような懐の寂しい者にとって大変贅沢な日替わりランチを作ってくれるお店です。
毎回上映会の度にポスターを貼らせてもらうこともあり、
監督のお弁当をご夫妻に頼んだら快諾してくださいました。

それで当日、長岡駅まで監督をお出迎えした後に太陽にお弁当を受け取りに行く途中すぐ近所にある長岡戦災資料館へ。
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kurashi/cate12/sensai/siryoukan.html
ここは長岡駅近辺だと最も長岡を知っていただくことにふさわしい場所ではないかと思い、
県外からのお客様でお時間があればいつもご案内しています。
纐纈監督にもお弁当を入手するまでにご案内したら、大変関心を持っていただきました。
特に長岡空襲を日米、双方の視点から記録した30分ほどの映像はメモを取りながら熱心に観賞。
会場入りの時間を気にしていたりしましたが、そんなことよりもやはり想像通り、好奇心旺盛な方でした。

お弁当は無事に入手できて、お時間あるときに食べていただき喜んでおりました。
しかし今度お越しくださるときは時間をとってもらい、もっと長岡をご案内できたらと。

| 未分類 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT