FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

12/22 『主戦場』『乱世備忘 僕らの雨傘運動』 長岡上映会

syusen.jpg20191103193152c85.jpg

*『主戦場』長岡上映会

会場 アオーレ長岡市民交流ホールA

日時 12月22日(日) ①10時30分~ ②14時~
英語・日本語字幕付き
   
入場料 
前売 1000円、 
当日 1300円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生以下(学生証を提示願います) 500円

プレイガイド アオーレ長岡3階ながおか市民協働センター/文信堂書店/ら・なぷぅ/でくのぼう/R's/ハーブ談話室/キャラメルママ/西時計眼鏡店/長岡市立劇場/リリックホール(長岡市) みずすまし(三条市) えとせとら(柏崎市) シネ・ウインド(新潟市) 

驚くほどスリリング!!!!!
今、最も挑戦的なドキュメンタリー

あなたが「ネトウヨ」でもない限り、彼らをひどく憤らせた日系アメリカ人YouTuberのミキ・デザキを、おそらくご存知ないだろう。ネトウヨからの度重なる脅迫にも臆せず、彼らの主張にむしろ好奇心を掻き立てられたデザキは、日本人の多くが「もう蒸し返して欲しくない」と感じている慰安婦問題の渦中に自ら飛び込んでいった。

慰安婦たちは「性奴隷」だったのか?「強制連行」は本当にあったのか? なぜ元慰安婦たちの証言はブレるのか? そして、日本政府の謝罪と法的責任とは……?

次々と浮上する疑問を胸にデザキは、櫻井よしこ(ジャーナリスト)、ケント・ギルバート(弁護士/タレント)、渡辺美奈(「女たちの戦争と平和資料館」事務局長)、吉見義明(歴史学者)など、日・米・韓のこの論争の中心人物たちを訪ね回った。さらに、おびただしい量のニュース映像と記事の検証と分析を織り込み、イデオロギー的にも対立する主張の数々を小気味よく反証させ合いながら、精緻かつスタイリッシュに一本のドキュメンタリーに凝縮していく。そうして完成したのが、映画監督ミキ・デザキのこの驚くべきデビュー作、『主戦場』だ。

映画はこれまで信じられてきたいくつかの「物語」にメスを入れ、いまだ燻り続ける論争の裏に隠された“あるカラクリ”を明らかにしていくのだが——それは、本作が必見である理由のごくごく一部に過ぎない。

さて、主戦場へようこそ。

『主戦場』公式HP http://shusenjo.jp/
映画『主戦場』劇場予告編
https://www.youtube.com/watch?v=QqPYmfJpdXA

監督・脚本・編集・ナレーション ミキ・デザキ
2018年 アメリカ合衆国 122分  配給 東風 
原題 ”Shusenjo The Main Battleground of the Comfort Women Issue”
(C)NO MAN PRODUCTIONS LLC


*『乱世備忘 僕らの雨傘運動』 長岡上映会

会場 アオーレ長岡市民交流ホールA

日時 12月22日(日) 17時~

入場料 
当日券のみ 1000円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生以下(学生証を提示願います) 500円

『乱世備忘 僕らの雨傘運動』(2016年)

僕が生まれる前、1984年に香港が1997年に中国に返還される事が決まった。
2014年、香港にはいまだに民主主義はない。自分たちで香港の代表を選ぶ「真の普通選挙」を求めて若者が街を占拠した、雨傘運動。
同じ「香港人」であるはずの警官たちからの浴びせられる催涙弾に皆が雨傘を手に抵抗し、僕はカメラを手にデモに向かった。
そこで映画の主人公となる仲間たち、大学生のレイチェル、ラッキー、仕事が終わってからデモに駆けつけてくる建築業のユウ、授業のあと1人でデモに来た中学生のレイチェルたちに出会った。
香港の街が占拠され、路上にはテント村ができ、自習室ではラッキーの英語無料教室が開かれた。
テントをたて、水を運び、そして夜は一緒にマットを敷いて路上に寝る日々。
討議がまとまらず言い争いになると「これが民主主義」だと、皆で笑いあう。
こんな香港を見るのははじめてだった。
香港に暮らす「普通」の僕たちが、「香港人」として「香港の未来」を探した79日間の記録――。
当時27歳だったチャン・ジーウン監督が仲間たちと過ごした、未来のための備忘録。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「僕たちは何かを変えたか——」

2014年は香港・雨傘運動のほか、台湾・ひまわり運動では学生たちが立法院を占拠し、日本ではSEALDsの前身となる学生団体SASPLが結成された。明確な結果が見えず運動が終わった時、彼らは自分たちがどう闘い続けていくかという問題に直面する。若者たちの軌跡を紐解く事で、私たちアジアの未来が見えてくる。

未来を変えるには時間がかかる。2014年はすべてのはじまりであった。

香港の新世代による、香港、そしてアジアの未来を見つめる社会派青春群像劇ドキュメンタリー。

■雨傘運動とは

1997年、中国に返還された香港は「特別行政区」となった。「香港特別行政区基本法」には将来、「普通選挙」で行政長官を選ぶ事ができるとされたが、2014年北京は、共産党が支持しない候補を選挙から排除する仕組みを導入する「8.31決定」を下し、民主主義的な普通選挙の道は閉ざされた。「8.31決定」の撤回、「真の普通選挙」の実施を求め、香港の金融街・中環(セントラル)を占拠する「オキュパイ・セントラル」が計画された。大学では授業ボイコットが行われ、黄之(ジョシュア)鋒(・ウォン)ら若者による組織「学民思潮」は、政府本庁舎前で抗議活動を開いた。催涙弾で鎮圧しようする警察に、数万人におよぶ学生、市民たちが雨傘で抵抗した事により「雨傘運動」と呼ばれるようになった。しかし成果を得ないまま占拠を続ける運動に対して徐々に市民からの反発も強まり、79日間に及ぶ「雨傘運動」は終了した。金(アドミ)鐘(ラルティ)に残ったバリケードには、「It’s just the beginning /まだこれからだ」というメッセージが残されていた。

その後、黄之鋒は「民主の女神」こと周庭(アグネス・チョウ)と共に、香港の自決権を掲げる政党「香港衆志(デモシスト)」を創設。2018年、周庭が立法会議員補欠選挙出馬の届け出を行うも認められず、香港の「高度な自治」が脅かされているとの懸念が高まっている。

山形国際ドキュメンタリー映画祭 2017にて小川紳介賞受賞作品

予告編 https://www.youtube.com/watch?v=un1DZA1idj8

公式HP https://amagasa2018.com/

監督チャン・ジーウン 2016年製作/128分/香港 原題:乱世備忘 Yellowing 配給:太秦

(C)2016 Ying E Chi All Rights Reserved.

*実行委員(ボランティアスタッフ)随時募集中。

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
Blog http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

後援 長岡市・長岡市教育委員会
スポンサーサイト



| 未分類 | 01:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

森達也監督 『i 新聞記者ドキュメント』



『共犯者たち』
森 達也(映画監督/作家)
メディアは危険だ。でも僕たちはメディアを手放せない。
ならば対抗策は一つ。メディアを以てメディアを制す。
これができるかどうかに、国の存亡がかかっている。

『沖縄スパイ戦史』
森 達也映画監督/作家
記録と記憶は閉じた存在。でも本作における記録と記憶はまだ激しく動いている。呻いている。訴えている。沖縄の強い日差しに照らされながら、過去と地続きの現在を僕たちに意識させる。 これは決して昔話ではない。

『愛と法』
法は言葉。つまり論理。そして愛は感情。相反する二つがスクリーンで衝突する。そして気がついた。この二つは相反しない。法は愛が基本になければいけないのだと。

―  森 達也
映画監督/作家

『主戦場』
森 達也
映画監督/作家
映画は論文ではない。あなたは主張する主体の表情をスクリーンで見る。
声を聴いて目の動きを確認し、一瞬の笑みや吐息に気づくこともできる。
言葉だけではない。そこに本質が現れている。

↑今年、当会で上映の4本の作品に森達也監督がコメントを寄せているので並べてみました。
何か一貫性のようなものが感じられましたが、無論ほかの作品に多数寄せているので現在、最もコメントを求められる映画監督のように思います。

担当者は『A』をビデオ屋さんで借りて見て以来、森達也監督に注目。
映画もテレビ番組もなかなか撮れない頃に次々と刊行した著作を片っ端から読んで、
そのものの見方に結構大きな影響を受けたと言っても過言ではりません。
著作の中のひとつ『オカルト』では今は亡き高崎映画祭実行委員長とのエピソードは担当者もこの方を存じてたので一際脳裏に残ったりしてます。

そのせいで何度か講演会に足を運びながらも残念ながら監督作の上映会を手がけたことはなく、
久しぶりの『FAKE』は大変面白かったにも関わらず上映の機会を逃したことはとても悔やんだりしてます。

その『FAKE』が大ヒットしたせいなのか割と早く森達也監督の新作が発表されました。
東京新聞社会部の望月衣塑子記者を題材にした『i 新聞記者ドキュメント』です。
望月記者といえば菅官房長官の記者会見で孤高の一人だけ容赦ない質問を浴びせて脚光を浴びましたが、
あれをネットで記者クラブの他社の記者はまるで他人事のようにタイプを打つ音が鳴り響くさまを見ると、
この国の終わった感が余計に身に染みながらも最近、望月記者を追うように鋭く「桜を見る会」について切り込む記者が出てきて、僅かとはいえ希望を感じたりします。

それはともかくディレクター自らカメラを持ち対象の懐へと潜り込んで、そこから世界を見回した『A』の前と後では日本のドキュメンタリー映画が大きく変わってるかと思っています。
いわば革命者とも言える森監督の作品はテレビ作品も含め観賞者はいつも多大な刺激を受けるハズです。
異例の全国拡大公開となる『i 新聞記者ドキュメント』がこれまでにない規模で刺激を受ける観賞者が続出することを期待しています。

『i 新聞記者ドキュメント』は新潟県では12月14日よりシネ・ウインドと高田世界館で公開されます。

『i 新聞記者ドキュメント』公式HP https://i-shimbunkisha.jp/  

望月衣塑子記者の名前を、あなたはいつ知っただろうか。官房長官の記者会見で質問を重ねる女性記者。同じ質問を何度もするなと官邸スタッフに咎められたとき、「納得できる答えをいただいていないので繰り返しています」と彼女は即答した。とても当たり前のこと。でもその当り前の言葉が、ずっと僕の頭から離れない。
この国のメディアはおかしい。ジャーナリズムが機能していない。そんな言葉を日常的に見聞きするようになってから、もう何年が過ぎただろう。僕のこれまでの人生は、常にメディアと共にあった。そのうえで断言する。
あなたが右だろうが左だろうが関係ない。保守とリベラルも分けるつもりはない。メディアとジャーナリズムは、誰にとっても大切な存在であるはずだ。だから撮る。撮りながら考える。望月記者はなぜこれほどに目立つのか。周囲と違うのか。言葉が残るのか。特異点になってしまうのか。
撮りながら悩む。考える。だから観ながらあなたにも考えてほしい。悩んでほしい。きっと最後には、あるべきメディアとジャーナリズムの姿が見えてくるはずだ。

── 森達也

予告編 https://www.youtube.com/watch?v=g4FBg_dvuNw

==================================

◎ 『主戦場』長岡上映会

日時 12月22日(日) ①10時30分~ ②14時~
   
会場 アオーレ長岡市民交流ホールA

*『乱世備忘 僕らの雨傘運動』長岡上映会 
日時 12月22日(日)17時~
  
会場 アオーレ長岡市民交流ホールA

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
電話 09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmai.com
HP http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

| 未分類 | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ストップ詐欺被害! 私はだまされない



NHKの朝のニュースを見てると毎日「ストップ詐欺被害! 私はだまされない」
というコーナーがあって実際にあった振り込め詐欺の手口を紹介し、
主にお年寄りの視聴者を相手に引っかからないよう啓蒙しているのですが、
連日見てて思わず関心してしまうのは騙す側が手を変え品を変え突拍子もない方法を考え実践し、
どう見てもおかしいだろうと思うのに被害者の中にはコロッと騙されてしまうことでした。
もちろん騙す方が悪いのですが毎日やってるということは、
それだけネタが豊富にあるんだろうと、なんというかそのアイデア溢れる頭脳を
世の中を良くする方へ活かせないものかと。

「12月22日の上映会の件ですが映画音楽に使われる使用料をお支払い願います」

著名な某団体より主に日本映画でなく外国映画を上映すると、
どこで知ったかこんな電話がくるというのは知っていましたが
担当者が立ち上げてからは初めてなんで、確かに大切なことだと思い
「お幾らくらいなんでしょうか?」と尋ねると
「500席以下の場合だと○○円くらいになります」

金額を聞いてまぁ、払えない額ではないけど、気になったので
「『主戦場』や『乱世備忘』の使用料を送る先のリストを教えてください」

先方の言い分はこちらが払ったお金は音楽の権利者に送金するとういうことなので、
だったら使用されてる曲のリストと権利者ぐらい把握してるだろうと。

しかしその後にすぐきた電話は
「映画で使用されてる曲はこちらが管理してるか確認できなかった」
というもので
「えっ?それでは払わなくていいのですか?」
と尋ねると、払わなくていいとのこと。
もっとしつこいかと想像してたので正直拍子抜けした気が。

他にも明らかに嘘をついてることがわかったのですが、
あんまり追い詰めるとよろしくいないかと思い

「だったら曲と権利者を調べてからこちらに電話するのが筋でしょう」
とのみ話して電話を切ってふと思ったのは、
それじゃぁ、もし言われるがままに払った場合は、そのお金はどこに行くのだろうか?と。

「ストップ詐欺被害! 私はだまされない」

画像は創業65周年だというスズラン通りの“おがわ”で日頃は餃子ライスだけどこの日は中国そば。
いつもポスター貼らせていただきありがとうございます!

*某団体が詐欺だと言ってるわけではありません。
念のため。

==================================

◎ 『主戦場』長岡上映会

日時 12月22日(日) ①10時30分~ ②14時~
   
会場 アオーレ長岡市民交流ホールA

*『乱世備忘 僕らの雨傘運動』長岡上映会 
日時 12月22日(日)17時~
  
会場 アオーレ長岡市民交流ホールA

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
電話 09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmai.com
HP http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

| 未分類 | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

III大陸・共感セッション 対談 松下照美さん×小林茂監督

77260774_2463612247101735_2603593030053134336_n.jpg


小林茂監督よりBCCメールが届きましたので転載いたします。
『アフリカンフェスタinながおか』に合わせ毎年、長岡入りし
ケニアの子どもたちのために尽くす松下照美さんが社会貢献賞を受賞。
この度、一時帰国して小林監督との対談が催されるそうです。
松下さん、おめでとうございます!
ただ日本の冬はご無沙汰かと思うのでどうぞご自愛ください。

また小林監督作で松下さんのケニアでの活動を記録した『チョコラ!』は
12月10日(火)18時より東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウス・ホールでじ上映されます。
小林監督のトークもあって入場無料です。
https://twitter.com/kobacamera/status/1200955120227213312

皆様

師走の忙しい時期に情報をお知らせしますことお許しください。
ドキュメンタリー映画の小林茂です。
アフリカ・ケニアのストリートチルドレンの思春期を描いた拙作『チョコラ!』
の発起人の松下照美さん(ケニアNGOモヨ・チルドレン・センター主宰)が社会貢
献賞を受賞しました。一時帰国に合わせ、高校時代からの友人青木一由君がアフ
リカ・アジア・南米の三大陸の「辺境」で活躍する女性たちに焦点をあてて表記
のイベントを企画しました。今回はアフリカに魅せられた松下照美さんの生き方
を学びます。対談は小林茂。映像をまじえた楽しい会にしたいと思います。また、
映画の中で子どもたちが食べている料理を再現して懇親会もあります。
(添付のチラシ参照。)よろしかったらのぞいてみてください。まだ余裕があります。

III大陸・共感セッション No.1
海外で活躍する女性の生き方にSDGsの源流を探る! アフリカ大陸・ケニア編
◆日時:2019年12月8日(日)13:00〜17:00
◆場所:目白ファッション&アートカレッジ駅前校舎
 東京都豊島区目白3-1-26

・登壇者:松下照美 氏
 1945年徳島県生まれ、ケニア在住。玉川大学文学部芸術学科卒業。子どもたち
の生活・教育支援を行う国際NGO「モヨ・チルドレン・センター」代表。
 2006年から始まった小林茂監督『チョコラ!』の撮影に参加・協力。

・対談者:小林茂(和光大学総合文化学科 教授)
 映画『チョコラ!』監督。
 1954年、新潟県南蒲原郡下田村生。大学卒業後、佐藤真監督の『阿賀に生きる』
や『阿賀の記憶』で撮影担当。2015年、監督作品『風の波紋』が山形国際ドキュ
メンタリー映画祭で上映される。現在、性虐待をテーマに『魂のきせき』製作中。

◆定員:110名
◆参加費:2,000円 ※申込み方法は、上記チラシでご確認ください。

【プログラム】
12:30 開場
12:45 開会挨拶 アフリカ・ケニアの紹介
13:00〜15:00 セッション1 対談
 松下照美氏と小林茂氏
 「僕たちは生きているのだ」ケニアの子供達からの伝言
15:00〜15:10 休憩
15:10〜16:50 セッション2 シンポジウム
 「ケニアとアマゾンを結ぶもの」
 スピーカー 松下照美 氏、小林茂 氏
 ゲスト 南研子 氏
 コーディネーター 実行委員会 吉田和夫 氏(玉川大学客員教授)
16:50〜17:00 閉会挨拶・次回セッションの紹介
17:10〜18:45 セッション3
 懇親会・交流会
 ★登壇者を囲んで 『チョコラ!』で子供達が作って食べていた料理を再現
 ※懇親会・交流会は別会場(先着定員30名)。別料金(3,500円)。

| 未分類 | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寒いね。



「○○という映画を観てとても良かったので上映会を開きたいから協力いただけないか」

「○○というセミナーがあるからそこで映画上映会を開くのはどうか」

「○○という映画を上映して団体と地域を盛り上げたいから協力してくれないか」

以前から映画上映会の協力依頼をいただき、喜んで参加してきましたが、
この秋は上記の三つも話を短期間でいただきました。
それに加えて12月22日の『主戦場』『乱世備忘』上映会もとはといえば、
この日、市民交流ホールAを譲るからととある人から言われて決めたものでした。

ありがたいというのか、これもチョコマカと上映会を開き、
観に来ていただいた人やもしくはその紹介があってこちらに話が来るようです。
その結果、どうも話を聞くと専門家みたいに思われてるような気がしているのですが、
そんなことはなくて、ただたんに上映会が好きなだけでやってるだけで、
金銭的な損得勘定すれば間違いなく損をしております。
でもまぁ、アンケートの感想も含め
来ていただいたお客さまが観て良かったと感想を話してプラスになったとわかると、
ウレシくて続けております。

上記のいただいた三つのお話も協力依頼については、
上映会当日の映写だけでなく
多少は経験があるので、お節介にいかないくらいのさじ加減で
アドバイスをして実現にこぎ着けたらと思い、
セミナー云々はこれはこちらみたいなとこにくるのは望外のヨロコビでもあるので、
これも実現できたらなぁ、と。

画像はいつもポスターを貼らさせてもらってるスズラン通りのたか橋の日替わり居酒屋ランチ。
真ん中の煮物が絶品でありました。

==================================

◎ 『主戦場』長岡上映会

日時 12月22日(日) ①10時30分~ ②14時~
   
会場 アオーレ長岡市民交流ホールA

*『乱世備忘 僕らの雨傘運動』長岡上映会 
日時 12月22日(日)17時~
  
会場 アオーレ長岡市民交流ホールA

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
電話 09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmai.com
HP http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

| 未分類 | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT