FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

11/17 纐纈あや監督特集 『土と育つ子どもたち』『ある精肉店のはなし』上映と監督トーク

“長岡市男女平等推進センターウィルながおか 「第32回ウィルながおかフォーラムイベント」”

tutitosodatu_mini.png

◎ 纐纈(はなぶさ)あや監督特集 『土と育つ子どもたち』『ある精肉店のはなし』上映と監督トーク

予告編   
https://www.youtube.com/watch?v=DaBSy3Mo4PY&feature=youtu.be

*『土と育つ子どもたち〜自由学園初等部 日々の生活と学びの記録〜 』

構成・編集:纐纈あや/撮影:石井和彦/MA:石川雄三
製作:株式会社やしほ映画社/協力:自由学園
(2018年/日本/Color/42分)

http://yashihofilms.com/news/4060.html

https://vimeo.com/267066877

*『ある精肉店のはなし』

監督:纐纈あや プロデューサー:本橋成一  撮影:大久保千津奈
作品時間 108分
製作:やしほ映画社、ポレポレタイムス社
(2013年/日本/108分)

『ある精肉店のはなし』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=y7Rl-dyh_U0
『ある精肉店のはなし』公式HP
http://www.seinikuten-eiga.com/ 

*日時 2018年11月17日(土)
①10時30分~ 『土と育つ子どもたち』(42分) 上映後 纐纈あや監督トーク
②13時20分~ 『ある精肉店のはなし』(108分) 上映後 纐纈あや監督トーク
  
*会場 アオーレ長岡市民交流ホールA  

*入場料 
前売 1作品 1000円、 2作品 1500円
当日 1作品 1200円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生以下(学生証を提示願います) 500円

プレイガイド アオーレ長岡3階ながおか市民協働センター/長岡駅CoColo文進堂書店/ら・なぷぅ/キャラメルママ/西時計眼鏡店/ハーブ談話室/長岡市立劇場/リリックホール(長岡市)みずすまし(三条市)えとせとら(柏崎市)シネ・ウインド(新潟市)

*実行委員(ボランティアスタッフ)随時募集中。

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!/ 長岡市男女平等推進センター
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
Blog http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

第32回ウィルながおかフォーラム
https://www.city.nagaoka.niigata.jp/kurashi/cate14/will/will-foram10.html


hanabusaaya_convert_20160916192731s.png

—————————————————————————

纐纈あや・はなぶさあや(映画監督)
東京生まれ。自由学園卒業。2001年ポレポレタイムス社に入社。本橋成一監督の『アレクセイと泉』('02年)『ナミイと唄えば』('06年)の映画製作に携わる。'10年に上関原子力発電所に反対し続ける島民の暮らしを映し撮った映画『祝の島』を初監督。シチリア環境映像祭で最優秀賞受賞。大阪貝塚市の北出精肉店の家族の暮らしを描いた二作目『ある精肉店のはなし』(2013年)は釜山国際映画祭、山形国際映画祭招待作品。ニッポンコネクション(フランクフルト)ニッポン・ヴィジョンズ観客賞、第5回辻静雄食文化賞。平成26年度文化庁映画賞文化記録映画部門大賞。

————————————————————————
*『土と育つ子どもたち』

土にふれ、種をまき、いのちを育む子どもたちが、なんて生き生きとしていることでしょう。なんて喜びにあふれていることでしょう。日々変化し成長する畑のいのちにふれることを通じて、子どもたち自身のいのちも成長していることが伝わってきます。映像に切り取られた子どもたちの姿から、日々の生活の中に大きな学びの可能性があることを、そしてそれらを生きる上での知恵や知識に結びつけていくことを目指している自由学園の教育の取り組みを、多くの方に知っていただけたらと思います。

自由学園 学園長 高橋和也


*『ある精肉店のはなし』

牛の飼育から屠畜解体まで、 いのちが輝いている、 前代未聞の優しいドキュメンタリー。 ーーー鎌田慧(ルポライター)

大阪貝塚市での屠畜見学会。
牛のいのちと全身全霊で向き合う
ある精肉店との出会いから、この映画は始まった。
家族4人の息の合った手わざで牛が捌かれていく。
牛と人の体温が混ざり合う屠場は、熱気に満ちていた。

店に持ち帰られた枝肉は、
丁寧に切り分けられ、店頭に並ぶ。
皮は丹念になめされ、
立派なだんじり太鼓へと姿を変えていく。

家では、家族4世代が食卓に集い、いつもにぎやかだ。
家業を継ぎ7代目となる兄弟の心にあるのは
被差別部落ゆえのいわれなき差別を受けてきた父の姿。
差別のない社会にしたいと、地域の仲間とともに部落解放運動に参加するなかで
いつしか自分たちの意識も変化し、地域や家族も変わっていった。

2012年3月。
代々使用してきた屠畜場が、102年の歴史に幕を下ろした。
最後の屠畜を終え、北出精肉店も新たな日々を重ねていく。

いのちを食べて人は生きる。
「生」の本質を見続けてきた家族の記録。


スポンサーサイト

| 未分類 | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自由学園



オノ・ヨーコ、羽田澄子、岸田今日子、山本直純、羽仁進、坂本龍一、本橋誠一、蜷川実花、纐纈あや、、、
意外なとこではジュンスカことJUN SKY WALKER(S)の主要メンバーもそうだったのかと。
Wikiで自由学園を開き主な出身者という項目を眺めてて、わりと校風がわかるような気がしました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E6%B3%95%E4%BA%BA%E8%87%AA%E7%94%B1%E5%AD%A6%E5%9C%92

自由学園の名前を担当者は初めて知ったのは映画「祝の島」上映実行委員会が主催した『祝の島』長岡上映会の打ち上げて纐纈あや監督の臨席にいた日本経済新聞の当時の長岡支局長もともに自由学園の卒業生ということで話され、ちょっと既存の学校と違う学校という認識を持ちました。

横道にズレますが、この日経の長岡支局長はどうも原発の取材をライフワークにしてたようで、長岡に赴任したからには当然のように柏崎・刈羽原発の取材に日参、併せて東京出張したおりには原発に関する映画が公開されてたら、すべて観ていたというツワモノ。
当然、『祝の島』も観てて監督が長岡に来るのならと取材もかねて打ち上げにも参加していたようでした。
3,11前に長岡を異動で離れましたが、あれから随分忙しかっただろう、今も元気で取材をしてるんだろうかと書いてて気になりました。

新聞記者はのっぺらぼうでない個性的な記者はとことん個性的だなぁ、というのが持論ですが、この日経の支局長もその一人でした。
最も反原発運動を記録した監督と原発をずっと取材している新聞記者を生み出した学校というのも、なんというかあの時、話を聞きながらうっすらと校風を感じたりしました。

あと先の出身者の中に自由学園の創始者・羽仁もと子の孫の羽仁進監督の名前を見て思い出したのが、娘の羽仁未央さんです。
羽仁監督はATGの頃は観てないものの、動物ドキュメンタリーのテレビでよく名前をみてましたが、その娘さんの未央さんは80年代後半からの香港映画ブームの頃に水先案内人として香港から当時の映画雑誌などにレポートを寄稿、よく読んでいたものでした。
ついに香港映画人から気に入られて『妖獣大戦』なんていう香港映画を監督したときはヤリ過ぎのように思いましたが、返還前後も香港からレポートを届けたりと活躍していたなぁ、しかしあんまり聞かなくなった頃、4年前に亡くなったと知った時は驚きました。
いづれにせよ著作『香港は路の上』は当時の香港の現状を魅力的に語ってて勉強になりました。

自由学園とは関係なくなりましたが、今回上映する『土と育つ子どもたち』は纐纈あや
監督が母校の子どもたちにキャメラを向けて記録した作品。
自由学園の校風が伺えるかと思います。

この記事書きながら何十年ぶりにジュンスカを聴いてますが『歩いて行こう』にほろりときたじゃありませんか。

*『土と育つ子どもたち〜自由学園初等部 日々の生活と学びの記録〜 』

構成・編集:纐纈あや/撮影:石井和彦/MA:石川雄三
製作:株式会社やしほ映画社/協力:自由学園
(2018年/日本/Color/42分)

http://yashihofilms.com/news/4060.html
https://vimeo.com/267066877

土にふれ、種をまき、いのちを育む子どもたちが、なんて生き生きとしていることでしょう。なんて喜びにあふれていることでしょう。日々変化し成長する畑のいのちにふれることを通じて、子どもたち自身のいのちも成長していることが伝わってきます。映像に切り取られた子どもたちの姿から、日々の生活の中に大きな学びの可能性があることを、そしてそれらを生きる上での知恵や知識に結びつけていくことを目指している自由学園の教育の取り組みを、多くの方に知っていただけたらと思います。

自由学園 学園長 高橋和也

●11/17 纐纈あや監督特集 『土と育つ子どもたち』『ある精肉店のはなし』上映と監督トーク

“長岡市男女平等推進センターウィルながおか 「第32回ウィルながおかフォーラムイベント」”

*日時 2018年11月17日(土)
①10時30分~ 『土と育つ子どもたち』(42分) 上映後 纐纈あや監督トーク
②13時20分~ 『ある精肉店のはなし』(108分) 上映後 纐纈あや監督トーク

予告編   
https://www.youtube.com/watch?v=DaBSy3Mo4PY&feature=youtu.be

*入場料 
前売 1作品 1000円、 2作品 1500円
当日 1作品 1200円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生以下(学生証を提示願います) 500円

プレイガイド アオーレ長岡3階ながおか市民協働センター/文信堂書店長岡店/西時計眼鏡店 ほか

*実行委員(ボランティアスタッフ)随時募集中。

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!/ 長岡市男女平等推進センター
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
Blog http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

| 未分類 | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エネルギー民主主義の可能性



http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-2011.html
↑こちらの講演会「エネルギーの民主化と脱原発社会 ~市民が拓くエネルギー民主化の可能性~」のお客様にチラシ配布をお願いし聴講しました。

その中で佐々木寛先生が講師の佐藤大介氏が事務局長を務める団体「ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン」を活動する中で巻原発反対運動の表に立ってた金子貞男さんを紹介し韓国の反原発運動に巻原発での住民投票のノウハウを伝えたと語りハッとしました。

またノーニュークス・アジア・フォーラム・ジャパンは台湾と祝島での反原発運動の連携を繋げたそうなので、思えば纐纈あや監督のデビュー作で祝島をテーマにした『祝の島』を長岡で上映したいと金子さんが持ってきて、その上映会を担当者が手伝ったのが纐纈監督を知ることとなったので、もしかしたら何かどこかで繋がっていたのかと。

ちなみに先回の『ある精肉店のはなし』準備中に大崩のご主人から金子さんが亡くなったことを知らされて記事にしていました。

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1279.html

また纐纈監督作上映会を前に思わぬ形で金子さんの名前を耳にして揺さぶられました。

佐々木先生が力を込めて話していたのが脱原発社会でなく脱原発型社会。
原発的なものからの各々が自立して脱却していこう趣旨で受け取りました。
そうなると大崩のご主人が実践してるライフスタイルが真っ先に思い浮かんだりしました。

画像は講演会のスタッフから佐々木先生への質問まで八面六臂で活躍してた大崩のご主人から田んぼ仕事のお礼としていただいたお米です。
ありがとうございました。

●11/17 纐纈あや監督特集 『土と育つ子どもたち』『ある精肉店のはなし』上映と監督トーク

“長岡市男女平等推進センターウィルながおか 「第32回ウィルながおかフォーラムイベント」”

*日時 2018年11月17日(土)
①10時30分~ 『土と育つ子どもたち』(42分) 上映後 纐纈あや監督トーク
②13時20分~ 『ある精肉店のはなし』(108分) 上映後 纐纈あや監督トーク

予告編   
https://www.youtube.com/watch?v=DaBSy3Mo4PY&feature=youtu.be

*入場料 
前売 1作品 1000円、 2作品 1500円
当日 1作品 1200円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生以下(学生証を提示願います) 500円

プレイガイド アオーレ長岡3階ながおか市民協働センター/文信堂書店長岡店/西時計眼鏡店 ほか

*実行委員(ボランティアスタッフ)随時募集中。

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!/ 長岡市男女平等推進センター
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
Blog http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

| 未分類 | 17:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

安福亭 ネギのサービスやめるってよ



ラーメン激戦区とも呼ばれる長岡、担当者もあちこちのお店に出没し、
いつしかお気に入りのお店に通ううちに店内の様子を見て話がわかりそうな店主と判断したら、
上映会ポスターの掲示を合わせてお願いするようになりました。
だから上映会のたびにあちこちのラーメン店をまわってしまうので、そりゃ太るよと。

千手にある安福亭本店もそのひとつで約30年前に当時の会社の上司に連れてってもらい、
背油太麺煮干し出汁のいわゆる燕三条系のラーメンが長岡にあることに驚きましたが、
もっとも驚いたのが卓上のカップに入れてあるネギがそのまんまサービスとして盛り放題できることでした。

その後の約20年前にポスター掲示をお願いした記憶がありますが、
人気店の只中、お客さんの視線を浴びながら依頼するのは結構恥ずかしさもあって、
ポスター依頼はいくぶん途切れてしまいましたが、
今の店舗に移転したら掲示板ができていたので、
以降、多少は遠慮しながらも人気店なので絶対外せないポイントとして、
こちらにポスター掲示をお願いしています。
お店のご主人と奥様はいつもどうぞどうぞと言って掲示させたもらうのがありがたい、
というか余り新規開拓をしなくなったので、どこいくお店も協力的なのはホントに嬉しいです。

その安福亭の売りだったネギのサービスが今月で終了と知って大きな喪失感を抱えました。
これまで何年か一度はニュースでネギの高騰と流れると
まず安福亭のネギのサービスは大丈夫かと思ってましたが、
そのたびに乗り越え、例えば他店でネギのトッピングにお金を取るとなると
安福亭の尋常でない太っ腹に感謝の念を抱いたほどでした。

今年の猛暑の影響でネギの高騰がまた伝えられ、
はたして大丈夫かと危惧していたらついにサービス終了という苦渋の決断となり、
それもいたしかたないか、これまでのサービスが尋常でなかっただけに。
ただサービス終了がネギの高騰が原因なのかは確認してないので理由は他にあるともいえるかと。

ラーメン激戦区と言いながらも生姜醤油系が幅を利かす長岡で、
本家本元で今は無き燕の福来亭で修業を積んだというバリバリの燕三条系は
最初は長岡で受け入れられることに苦労したのではと思いますが、
今やお昼時には行列となる長岡でも老舗の人気店に。
そういえばご主人ずいぶんと白髪が増えてたことに自分もこのラーメンを食べてた月日を重ねてしまいましたが、
ネギのサービスはなくなるとはいえ、これからも長岡で愛されるラーメン屋さんとして君臨し続けると思います。
これからもよろしくお願いします。

画像は掲示板の『ある精肉店のはなし』ポスター隣にネギサービス終了が告げられていたのでぱちりと一枚。

https://twitter.com/hayashimasahide/status/1053228473269944320
↑たぶんこれが最後かと慈しむようにラーメンにネギをバカ入れしていただいてきました。

●11/17 纐纈あや監督特集 『土と育つ子どもたち』『ある精肉店のはなし』上映と監督トーク

“長岡市男女平等推進センターウィルながおか 「第32回ウィルながおかフォーラムイベント」”

*日時 2018年11月17日(土)
①10時30分~ 『土と育つ子どもたち』(42分) 上映後 纐纈あや監督トーク
②13時20分~ 『ある精肉店のはなし』(108分) 上映後 纐纈あや監督トーク

予告編   
https://www.youtube.com/watch?v=DaBSy3Mo4PY&feature=youtu.be

*入場料 
前売 1作品 1000円、 2作品 1500円
当日 1作品 1200円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生以下(学生証を提示願います) 500円

プレイガイド アオーレ長岡3階ながおか市民協働センター/文信堂書店長岡店/西時計眼鏡店 ほか

*実行委員(ボランティアスタッフ)随時募集中。

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!/ 長岡市男女平等推進センター
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
Blog http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

| 未分類 | 20:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悠久山栄養調理専門学校



『ある精肉店のはなし』『土と育つ子どもたち』ともに“食”をテーマにしており、
特に『ある精肉店のはなし』は食材となるお肉がどのような職業の人がお肉にするのか、
その職業の方はどのような思いでお肉にするのか、
これまで映像ではタブー視されてきたものを正面から記録した作品であり、
あわせて牛を解体していく職人技が超一級なので
自然とこれから調理師となる人たちに観ていただきたい思いが高じて、
長岡の調理師専門学校である悠久山栄養調理専門学校へ飛び込みで紹介に行きました。

実は先回の上映前も紹介に行きましたが、
これといった反響がなかった、というかこういう場合は先生方が関心を持っていただくことが一番なので、
半ば諦めてかけていましたが、
先回の上映時、高校生が観賞し大変感銘を受けた姿を見たので、
やはり老婆心ながらこれから調理師になるたまごの方たちにぜひ観ていただきたいと、
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1353.html
↑こちらのアンケートをまとめて受付の職員さんに学生一人一人にチラシを配布いただけないかと依頼、
数日たってお返事を伺ったら了解いただいたので、
喜び勇んで学生さんぶんのチラシを印刷して持参し再度お願いをいたしました。

あとは配布しチラシを手にした学生がどう受け取るのか、
自身が学んでいくうえで役に立つかどうか判断するのか
むろん全員が来ることなど期待しませんが、
数人でも来てもらえば御の字、この映画に関心を持った学生さんがいづれ調理師となって、
厨房に立ったらぜひお料理をいただきたいと思ってます。
『ある精肉店のはなし』を観ると観ないとでは調理人になった際の心構えが全く違うだろうし、
せっかくの長岡で上映される機会をムダにしてほしくないのですが、、、、

悠久山栄養調理専門学校
http://www.nagaoka-sogogakuen.jp/eiyo/

●11/17 纐纈あや監督特集 『土と育つ子どもたち』『ある精肉店のはなし』上映と監督トーク

“長岡市男女平等推進センターウィルながおか 「第32回ウィルながおかフォーラムイベント」”

*日時 2018年11月17日(土)
①10時30分~ 『土と育つ子どもたち』(42分) 上映後 纐纈あや監督トーク
②13時20分~ 『ある精肉店のはなし』(108分) 上映後 纐纈あや監督トーク

予告編   
https://www.youtube.com/watch?v=DaBSy3Mo4PY&feature=youtu.be

*入場料 
前売 1作品 1000円、 2作品 1500円
当日 1作品 1200円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生以下(学生証を提示願います) 500円

プレイガイド アオーレ長岡3階ながおか市民協働センター/文信堂書店長岡店/西時計眼鏡店 ほか

*実行委員(ボランティアスタッフ)随時募集中。

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!/ 長岡市男女平等推進センター
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
Blog http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

| 未分類 | 20:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT