長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

8月14日 『人生フルーツ』 長岡上映会と伏原健之監督トーク


(C)東海テレビ放送

映画『人生フルーツ』 長岡上映会と伏原健之監督トーク

日時 2017年8月14日(月) 
①10時30分~ ②13時30分~  
*13時30分の回の上映後に伏原健之監督トーク

会場 アオーレ長岡市民交流ホールA

料金 前売券 1000円  
当日 1300円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生(学生証)をお願いします)以下500円

プレイガイド アオーレ長岡西棟三階ながおか市民協働センター/文信堂書店/キャラメルママ/西時計眼鏡店/カーネーションプラザ(長岡市) みずすまし(三条市)

後援 長岡市・長岡市教育委員会

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
電話 09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
HP http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

*お手伝いいただける方 随時募集 ご希望の方はお問い合わせください。

『人生フルーツ』 監督 伏原健之 ナレーション 樹木希林 作品時間91分

愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうに変わります。刺繍や編み物から機織りまで、何でもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめましたーー。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。

本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。



監督 伏原健之(ふしはら・けんし)

1969年生まれ。立教大学法学部卒業、93年東海テレビ入社。営業局で営業マンを経た後、制作局で情報番組などのディレクターやプロデューサーを経験。報道部では県警キャップや編集長を歴任。主なドキュメンタリー作品は「とうちゃんはエジソン」(03・ギャラクシー大賞)、「福祉番長!」(04・ゆふいん文化・記録映画祭松川賞観客賞)、「オヤジ和尚」(05)、「森といのちの響き~お伊勢さんとモアイの島~」(08)。劇場公開作に『神宮希林 わたしの神様』(14)がある。

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=YkTQVlA2KJ4

『人生フルーツ』公式HP
http://life-is-fruity.com/

プロデューサー 阿武野勝彦 製作・配給 東海テレビ放送 配給協力 東風
2016年 日本映画
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

吉乃川 『栄光の黒豹』ロケ地を探す



このブログで“『栄光の黒豹』ロケ地を探す”は何度目の記事になるのか。
これまで訪れたスポットが数あるもののいまだ未踏の地、それも知名度がある場所、
観た人が最も強烈な印象を残すロケ地はもちろん吉乃川さんになるかと思います。

*会社の廊下の隅で当主役の笠智衆さんが跡継ぎにと期待を寄せる目黒祐樹さんに利き酒を教えるシーン。(実際は笠さんは下戸だそうですが)

*社屋の屋上で笠さんと森田健作さんが剣道に汗を流すシーン。
「俺は男だ!」の前に剣道のシーンが収められてること、そして笠さんの剣道シーンなんて結構レアなこと。

ほかにもありますが以上の二つが吉乃川さんで撮影されたシーンで特に印象に残ってます。
なんとかこの目で見たいものだと思い、それとなくお世話になってる関係者の方に直談判してみましたが、やはり難しいというお返事をいただきました。
そりゃ、そうだよなぁと。

摂田屋に君臨するかのごとくの吉乃川さんを前にし、たぶんあそこの屋上で撮影されたんだろうと、当時と今はやはり景色が違うんだろうかと思いをはせておりました。

吉乃川さんの敷地内にある瓢亭には長岡上映会に貸していただいた、撮影に訪れた笠智衆さんの貴重なサイン入り色紙が飾ってあるハズです。

ちなみに目黒祐樹さんは車で長岡入りする際、吉乃川の前を通る度に
「ここで撮影したんだよなぁ、あいさつに行ってもいいものだろうか」
などと思ったりしてるそうですが、目黒さんともあろう人が遠慮などしなくても、と話を聞いていました。

| 未分類 | 20:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長崎亭小夜曲 NAGASAKI-TEI SERENADE



殿町のちゃんぽんの名店「長崎亭」にはいつから通ったかは覚えていませんが、
当時はお腹の出たご主人と二人姉妹が厨房でちゃんぽんや水餃子と腕を振るってました。

名物のちゃんぽんは多少値が張るとはいえ野菜やあさりがふんだんに盛られた贅沢な一品で通っているうちに、
次第に上映会の映画ポスターの掲示をお願いしたら顔を覚えたられたせいか快く貼っていただくようになりました。

2011年夏に大林宣彦監督が長岡で『この空の花』を撮影した際、
大林組のスタッフがこのお店を訪れちゃんぽんを食べたところ「本場、長崎よりうまい」と大絶賛!
全国各地のうまいものに通じてる活動屋が賞賛するからには本物なんでしょう、
口コミでスタッフに伝わり、ついに大林監督も訪れ召し上がったそうです。

いつからかご主人は不在となり長崎から来た姉妹が切り盛りしており、
『この空の花』のことを尋ねたら、、
名台詞「この雨、痛いなぁー!」が撮影されたのは殿町で実は近所に住んでるそうで、
放水車が使われるシーンを感心しながら見学していたそうです。

現在は幸いなのかお店に入ったらお願いする前に「ポスターいいわよ、今度何するの?」と
言っていただくのはありがたく、
ついには店内の壁と外から見える窓の二枚も貼らせてもらってます。
ありがとうございます!

ちなみにこちらは大林監督をご案内する力などありませんが、
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1029.html
↑それでも『冬のアルパカ』を撮影した際、宇野祥平さんをご案内したほか、
原田組の人たちもこのちゃんぽんを絶賛しておりました。

そんなことを書いてて思い出したのは、
市民映画館をつくる会の頃に、このちゃんぽんが大好きという人騒がせなナースさんがいて、
一人で行くのはアレだからと一緒によく食べ、というかゴチになってましたが(情けない)
今やそのナースさんは消息不明で風の噂もなくなり、
今頃どこで何をしてるのか、時たまカウンター越しに姉妹と顔を合わせて話したりしてます。
まぁ、元気でいるといいのですが。

*映画『人生フルーツ』 長岡上映会

日時 2017年8月14日(月) 
①10時30分~ 
②13時30分~ 上映後 伏原健之監督トーク

会場 アオーレ長岡市民交流ホールA

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=YkTQVlA2KJ4

『人生フルーツ』公式HP
http://life-is-fruity.com/

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1532.html

| 未分類 | 20:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アフリカで23年、子ども達とともに―ケニアからの報告― 松下照美さん講演会



http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1536.html
↑7月17日にアオーレ長岡で開かれるアフリカンフェスタ!2017 in ながおかにあわせて
ケニアのモヨ・チルドレンセンター主宰者の松下照美さんが来県。

その前の7月15日に小千谷では講演会が開かれるそうなのでご紹介します。
ケニアのストリートチルドレンに尽くす松下さんの講演を担当者は何度か拝聴したことがありますが、
活動を聞いて真に尊敬できる人だと実感、何よりもそのお人柄に触れるだけでも大きな価値を得たように思いました。

7月17日のアフリカンフェスタでは小林茂監督が松下さんの活動を記録した『チョコラ!』を無料上映し、
もちろん松下さんの挨拶も予定されていますが、
より深く松下さんの活動を知るならこちらの講演会もお勧めいたします。

アフリカで23年、子ども達とともに―ケニアからの報告―
講師:松下照美さま(モヨ・チルドレンセンター主宰)

日時:2017年7月15日(土)午前10時~11時30分
会場:さつまいも農カフェきらら(小千谷市桜町)
参加費:一般500円、高校生以下無料
定員:30人
主催:良い映画を見る小千谷市民の会
共催:新潟県青年海外協力協会

定員: 30人(先着申込)
参加費:一般500円、高校生以下無料
お申込み:0258-82-2378(良い映画を見る小千谷市民の会事務局)またはメールでqym00600@nifty.com(渡辺)へ。

良い映画を見る小千谷市民の会
https://www.facebook.com/cinemaojiya/?fref=ts

| 未分類 | 20:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

♪うた&おはなしの午後



担当者も末席に名前を連ねてる「みらいの生活を考える会・三条」の次回のイベントが決まりましたのでご案内します。

福島原発事故後に阿賀野市へ避難し、2014年よりふくしまを伝えるための活動として
「おはなし&うた」をはじめた羽賀智美さんのうたの会です。
トークの内容は福島から避難して現在新潟にお住いの人々の“今”の思いを語り合うそうです。

*ふくしまに住んでる私たちのパワフルで元気になれる!
♪うた&おはなしの午後(とき)

日時 7月30日(日)
開演 13時30分~
会場 三条東公民館
入場料 前売 500円 当日 700円

13時30分~14時20分 トークセッション
14時20分~14時30分 休憩
14時30分~15時30分 歌

問 エコロジーショップ みずすまし 電話 0256-33-7793

共催 みらいの生活を考える会・三条 / おはなし&うた会実行委員会

みらいの生活を考える会・三条 FACEBOOK
https://www.facebook.com/未来の生活を考える会三条-363975377053980/

| 未分類 | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT