fc2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3/25 劇場版 『荒野に希望の灯をともす』 長岡上映会



◎『劇場版 荒野に希望の灯をともす』長岡上映会

日時  2023年3月25日(土)10時30分~
会場 アオーレ長岡市民交流ホールA

●コロナ感染症対策にご協力願います。
〇当日、体調の悪い方、体温が37,5度以上ある方はご参加いだけません。
〇参加される方はマスクの着用をお願いします。
〇当日は受付時に手指の消毒、検温にご協力ください。
*今後の状況により、上映会が中止・延期になる場合があります。

*入場料 
前売 一般 1200円 
当日 一般 1500円
障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生以下 500円 
(購入の際、手帳・学生証の提示をお願いします)

*実行委員(ボランティアスタッフ)随時募集中。

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
Blog http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/
共催 シンクタンク・ザ・リバーバンク 
後援 長岡市

スタッフ 監督/撮影:谷津 賢二 編集:櫻木まゆみ 構成/プロデューサー:上田未生
企画:ペシャワール会 朗読:石橋蓮司 語り:中里雅子 取材:柿木喜久男/大月啓介/アミン・ウラー・ベーグ CG:平野雄一音効:渡辺真衣/大島亮 演奏:中村幸 宣伝美術:鈴木響 宣伝・配給統括:島田陽磨 助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業) 製作・配給:日本電波ニュース社 配給:シネマとうほく 2022年/日本/カラー/90分 ©日本電波ニュース社

公式HP http://kouya.ndn-news.co.jp/
予告編 https://www.youtube.com/watch?v=rgc3pSFiZ8s

これは「生きるための」戦いだ。

アフガニスタンとパキスタンで35年に渡り、病や貧困に苦しむ人々に寄り添い続けた、
医師・中村哲。
戦火の中で病を治し、井戸を掘り、用水路を建設した。
なぜ医者が井戸を掘り、用水路を建設したのか?
そして中村は何を考え、何を目指したのか?

「彼らは殺すために空を飛び、
我々は生きるために地面を掘る。」
-中村哲

中村の誠実な人柄が信頼され、医療支援が順調に進んでいた2000年。
思いもよらぬ事態に直面し、中村の運命は大きく変わる。
それが“大干ばつ”だ。
渇きと飢えで人々は命を落とし、農業は壊滅。
医療で人々を支えるのは限界だった。
その時、中村は誰も想像しなかった決断をする。用水路の建設だ。
大河クナールから水を引き、乾いた大地を甦らせるというのだ。
しかし、医師にそんな大工事などできるのか?
戦闘ヘリが飛び交う戦火の中で、無謀とも言われた挑戦が始まった―。

「ここには、天の恵みの実感、誰もが共有できる希望、
そして飾りのないむきだしの生死がある。」
-中村哲

専門家がいないまま始まった前代未聞の大工事は、苦難の連続だった。
数々の技術トラブル、アフガン空爆、息子の死・・・。
中村はそれらの困難を一つ一つ乗り越え、
7年の歳月をかけ用水路を造りあげた。
用水路が運ぶ水で、荒野は広大な緑の大地へと変貌し、
いま65万人の命が支えられている。
そして―。

2019年12月。さらなる用水路建設に邁進する最中、
中村は何者かの凶弾で命を奪われた。
その報にアフガニスタンは悲しみに沈み、
ニューヨークタイムズ、BBCなどが悲報を世界に伝えた。
あれから2年半。
日本ではその生き方が中学や高校の教科書で取り上げられ、
評伝などの出版も続いている。
中村の生きた軌跡は、これから長く人々に語り続けられるだろう。
そして彼がアフガンに遺した用水路は人々の命を支え続けるだろう。
スポンサーサイト



| 未分類 | 16:32 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3/12 『空に聞く』 長岡上映会 



◎ 『空に聞く』 長岡上映会  

*毎年3月に開催してる東日本大震災関連作品の上映会。
今年は東日本大震災後、約3年半にわたり「陸前高田災害FM」のパーソナリティを務めた阿部裕美さんを追ったドキュメンタリー映画『空に聞く』を上映とともに震災後のボランティアをきっかけに東北に移住し記録をした小森はるか監督をお招きします。
併せて昨年好評だった高校生平和大使・曽根俊太郎さんの講演と恒例となった福島への思いを歌うおじさんバンド、ウィズコーションのライブも開催します。

日時 3月12日(日)

17:40~ ウィズコーション ライブ

18:00~ 曽根 俊太郎さん(第24代高校生平和大使新潟県代表)講演
      演題 「分岐点〜大人になった今考えること〜」
       *第25代 高校生平和大使の活動報告も開催
      
18:40~ 映画『空に聞く』上映(作品時間73分)と小森はるか監督トーク

20:30~ 終了予定

会場 長岡市社会福祉センター トモシア3階 多目的ホール
    長岡市表町2丁目2−21
https://tomoshia.jp/

●コロナ感染症対策にご協力願います。
〇当日、体調の悪い方、体温が37,5度以上ある方はご参加いだけません。
〇参加される方はマスクの着用をお願いします。
〇当日は受付時に手指の消毒、検温にご協力ください。
*今後の状況により、上映会が中止・延期になる場合があります。

客席数 50席

*入場料 
前売 一般 1200円 
当日 一般 1500円
障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生以下 500円 
(購入の際、手帳・学生証の提示をお願いします)

*実行委員(ボランティアスタッフ)随時募集中。

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
Blog http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

後援 長岡市/3.11福島を忘れない!長岡実行委員会

*映画『空に聞く』上映

監督・撮影・編集:小森はるか 撮影・編集・録音・整音:福原悠介 特別協力:瀬尾夏美
企画:愛知芸術文化センター制作:愛知県美術館
エグゼクティブ・プロデューサー:越後谷卓司 配給:東風
2018年/日本/73分/ブルーレイ
©KOMORI HARUKA

空から見たら私たち、 どんなふうに見えているのかな?

東日本大震災の後、約三年半にわたり「陸前高田災害FM」のパーソナリティを務めた阿部裕美さん。
地域の人びとの記憶や思いに寄り添い、いくつもの声をラジオを通じて届ける日々を、キャメラは親密な距離で記録した。
津波で流された町の再建は着々と進み、嵩上げされた台地に新しい町が造成されていく光景が幾重にも折り重なっていく。
失われていく何かと、これから出会う何か。
時間が流れ、阿部さんは言う——忘れたとかじゃなくて、ちょっと前を見るようになった。

監督は、震災後のボランティアをきっかけに東北に移り住み、刻一刻と変化する町の風景と出会った人びとの営みを記録してきた映像作家の小森はるか。傑作『息の跡』と並行して撮影が行われた本作は、映像表現の新たな可能性を切り拓くことを目的としたプロジェクト「愛知芸術文化センター・愛知県美術館オリジナル映像作品」として完成。あいちトリエンナーレ、山形国際ドキュメンタリー映画祭、恵比寿映像祭と立て続けに上映され、先鋭的なプログラムの中でもひときわ大きな反響を呼んだ。

公式HP https://www.soranikiku.com/
予告編 https://www.youtube.com/watch?v=X1o_eJnKYJc

*ライブ演奏 ウィズコーション

325451605_705594041008097_621580710401880232_n.jpg

With Caution プロフィール

□吉岡佳代 キーボード
飯塚寿之 ボーカル、ギター、ブルースハープ
星野 淳 ギター、ボーカル、コーラス         
坂詰 浩 ベース  
若井武美 パーカッション、コーラス

1980年結成、およそ10年間、長岡を中心に活動。
しばらく休止したが東日本大震災と「福島第一原発事故」後、活動を再開。
当初のメンバーに一人が加わり、しばらく活動、2021年にベース、そして2022年にキーボードが加わり、現在の活動は5人。
曲はオリジナル、「命と大地(地球)にLoveSong」をポリシーに、「どこでも1曲でも」をモットーとして県内中心でLive活動展開中。

*講演 曽根俊太郎さん 
演題 「分岐点〜大人になった今考えること〜」

received_443138661088333_2.jpeg

プロフィール

曽根 俊太郎 Sone Shuntaro

2004年6月4日生まれ 現在18歳

福島県に生まれ
2011年3月11日の東日本大震災による原発事故で新潟県に家族で自主避難

六日町高等学校3年
第24代高校生平和大使新潟県代表

*トークゲスト 『空に聞く』 小森はるか監督

Komori_Haruka_convert_20230120212020.jpg

Director’s statement
『空に聞く』というタイトルには二つの空の意味を込めました。一つは、亡くなられた方たちのいる空(sky)に耳を澄まし、想い続ける人としての阿部裕美さんの姿を思ってつけました。弔う時に向く方向は人それぞれで、家の跡地に立つ人も、お墓にいく人も、海に向かう人もいます。阿部さんは月命日によく空を見上げていらして、その姿が印象的でした。陸前高田の空は、本当に広くてきれいです。風景を撮り続けながらいつも驚いていました。復興工事によって全く違う顔の街になっていっても、この街の空の美しさは変わらないのだと思いました。もう一つの空は、陸前高田の人たちがマイクに向かって話す時に、少し頭の上を見上げながら、震災前の街を思い浮かべて記憶を辿る様子から、その記憶が立ち上がっている空(air)です。そこに耳を傾けたいという思いでつけました。カメラには写すことのできないものたちが、人々の懐かしみながら語る声や、それを聞く阿部さんの表情から、見えないけれど伝わってくるのです。それを映像で表現したいと思いました。
津波で失われた街の上に土が盛られ、新しい街がつくられていく移行期の数年間を、断片的に記憶が思い出されては遠ざかっていくように、かさ上げする前の地面を訪ねていくように、阿部さんの声をつたって映画に定着させたいと思い『空に聞く』ができました。この映画をつくりながら、地面から空へと街の人々の視線が移っていくのを感じ、わたし自身が次にカメラを向ける先を教えてもらいました。新しい街の風景が映画を通してどんな風に見えるのか。映画を見てくださる方それぞれに感じてくだされば幸いです。

小森はるか
… … … … …

小森はるか(こもり・はるか)

1989年静岡県生まれ、新潟市在住。映像作家。 瀬尾夏美(画家・作家)とのアートユニットやNOOK(のおく)のメンバーとしても活動。2011年以降、岩手県陸前高田市や東北各地で、人々の語りと風景の記録から作品制作を続ける。代表作に『息の跡』(2016年)、『空に聞く』(2018年)。小森はるか+瀬尾夏美として2014年に『波のした、土のうえ』を制作、2019年に発表した『二重のまち/交代地のうたを編む』は、シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭コンペティション部門特別賞、令和3年度文化庁映画賞文化記録映画優秀賞を受賞。

… … … … …

| 未分類 | 21:54 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第14回 座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル 特集“教育”について



北のともしび ノイエンガンメ強制収容所とブレンフーザー・ダムの子どもたち
監督:東志津 2022年|108分|カラー

第二次世界大戦末期、ドイツ・ハンブルク郊外にある強制収容所で、20人のユダヤ人の子どもたちがナチスの人体実験に供され犠牲となった。この事実をどう受け止め、語り継ぐことができるのか。殺された少年少女ひとりひとりの肖像や、記念館となった現在行われている継承への取り組みを、カメラは静かにみつめてゆく。

http://zkdf.net/program/program-1233/

今年2月8日から2月12日に開催される「第14回 座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル」のチラシが届きました。
今回のプログラムをめくって、真っ先に視線を注いだのが『北のともしび ノイエンガンメ強制収容所とブレンフーザー・ダムの子どもたち』、邦題はイメージしにくく副題は長いので、どんな映画なのかいまひとつピンと来ないのが正直なのですが、これが解説にある通りナチスによって人体実験された子どもたちをテーマにしたかなりヘヴィに思われる作品。
監督した東志津監督は「第13回長岡アジア映画祭」で上映した『花の夢-ある中国残留婦人-』がデビュー作。
中国残留孤児でなく中国残留婦人というあまり脚光を浴びないおばあちゃんとの出会いから彼女の半生を記録し、
戦時中の満州について若い女性監督が映画制作とともに学んでいく作品でした。

http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-1563.html
↑東監督について調べていたら、こんな記事を見つけました。
映画祭での上映がきっかけに1冊の本が出版されてたこと。
書いてたこちらはすっかり忘れていたのが恥ずかしい限りですが、
東監督はこの後にパリへ映画留学を果たし『北のともじび』が3作目の作品のようで、
やはり戦争をテーマにし、より深く掘り下げていってるようでなんだか頼もしい存在に思いました。
ちなみに担当者がとても印象に残っているのが映画祭で『花の夢』を上映後、懇親会まで時間があるので
その間に上映作品のイ・チャンドン監督『シークレット・サンシャイン』を観てもらったら、
「どんな映画なのかも知らず予備知識なく観たら、本当に凄い映画だった」と大きな衝撃を受けて呆然としていたことでした。
東監督のご活躍、嬉しく思います。

今年の高円寺は「“教育”について」をテーマに『北のともしび』の他に『スープとイデオロギー』『愛国と教育』といった話題作の上映に「ゲストセレクション」として是枝裕和監督が伝説的な自作『NONFIXもうひとつの教育〜伊那小学校春組の記録〜』、森達也監督が『Blue Island 憂鬱之島』、安田菜津紀氏が『東京クルド』、俳優・柄本佑氏が佐藤真監督の『まひるのほし』、そして大島新監督が原一男監督『極私的エロス・恋歌1974』を選び原監督とトークをするなど、なかなか刺激的なゲストによって豪華なラインナップだと思いました。

第14回 座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル
公式HP http://zkdf.net/

| 未分類 | 16:16 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『THE LEGEND & BUTTERFLY』の撮影監督は、



まさかこのブログでキムタク主演作(しかも東映70周年記念映画)を紹介するとは思ってなかったし、
そもそも積極的に観ようなどと考えてもいませんでしたが、
あの方が撮影監督と知り、これはぜひとも足を運ばねばと。

1月27日公開『THE LEGEND & BUTTERFLY』の撮影監督とは芦澤明子撮影監督、
五藤利弘監督作『モノクロームの少女』『ゆめのかよいじ』と栃尾の風景を美しく切り取り、
撮影で物語に品格を添えていた方。

黒沢清監督作の多くを手掛け、大友啓史監督は前作『影裏』で息があったのか続けて組んだようです。
たぶんカンヌをはじめ世界三大国際映画祭では多大なリスペクトで迎えられるような映画人だと思うんですが、
そんな超一流の撮影監督の名前が公式HPに載ってないのはなんというか、
https://legend-butterfly.com/
それでいいんだろうか、と。

画像はツイッターのメイキングから“本能寺の変”撮影前を拝借させていただきましたが、
https://legend-butterfly.com/magazine/magazine_extra.html
このメイキングに大友監督はしょっちゅう登場するのに芦澤キャメラマンがまるで出てこず、
ようやく探して右側のカメラのファインダーを覗いてるのが芦澤キャメラマンだと思います。
そりゃあ大友啓史監督は『るろうに剣心』で日本の時代劇を変えてしまったスター監督だけども、、、
しかしこの場面少なくとも三台のカメラを廻してるようですが、
仕切っているのは芦澤キャメラマンだと思うと改めて畏敬の念が。

もっともそんなことを気にするような方ではないと思い、
前回、このブログに芦澤キャメラマンのことを書いたのはインドネシア映画『復讐は神にまかせて』だったりするので、
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-3152.html
軽快なフットワークで栃尾からキムタク映画まで縦横無尽に活躍を期待してます。
栃尾から、と書いたのはぜひ五藤監督には栃尾三部作を作っていただき、
全作、芦澤撮影監督が手掛けてほしいと思ってます。

芦澤明子撮影監督のこと
http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-1131.html

↑五藤監督作『ゆめのかよいじ』で垣間見た、撮影の手伝いに来た長岡造形大生と芦澤撮影監督の交流の様子です。

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小林三四郎のGoinにMY Way



先日、シネ・ウインドにて柏崎・上越ロケ映画『天上の花』公開初日に小林三四郎プロデューサーが舞台挨拶に来ました。

挨拶の中で文化庁の助成金が決まったものの、すぐに撮影・納品しなければならず、
一昨年の東京オリンピックの夏、コロナ禍で撮影隊を受け入れる地方はないので、
それならばとご実家の柏崎のお寺でスタッフが合宿、併せて柏崎・上越近辺で撮影を慣行、
結果的にとても映画で効果が遺憾なく発揮されて見応えのあるものになってました。

主人公の三好達治が書いてた「戦争詩」に関して関心を抱いてきたと話し、
詩人はやむおえず書かされていたのか、それとも自ら進んで書いてたのか、
後者ではないか、しかしそれは責められるものなのかと問題提起をし、
100年前の空気が今と重なってることでこの映画を作った意義を感じました。

三四郎さんは「長岡アジア映画祭」でトークイベントの司会を何度もお願いし、
その中で特に韓国映画『クロッシング』を上映した際にキム・テギュン監督を東京から車に乗っけて、
自ら運転してリリックホールまで来てくださり、
初めて海外からの監督の舞台挨拶を実現させてくださるなど感謝しきれないものの、
こちらはヘマばかりして随分怒られてきた思い出があり、
それでも昨年上映会を開いた 『デニス・ホービカミング・ザ・ソング』は、
自身が代表を務める太秦の配給作品であり、上映の承諾をいただくなど、
今も懲りずに協力をいただけるのはありがたいです。

恐る恐るといった形で舞台挨拶後にこちらは挨拶をしましたが、
お会いするのは10年位になるのか、
『天上の花』に加えて今年まぎれもなく問題作となるであろう森達也監督の『福田村事件』も
プロデュースをしてる他、かの『REVOLUTION+1』の配給も手掛け、
敢えて火中の栗を拾うことを続けてきて随分と貫禄を感じたりしました。

ついでに舞台挨拶の中で日本ではミニシアターが60館、
韓国はそんなになく香港はゼロとなり、アジアのインディーズ映画は
自国で上映されなくても日本で公開されることを目指してると話し、
なるほどすでにそれだけでミニシアターは日本の立派な文化なんだなと。

件名は担当者が三四郎さんの名前を初めて知ったラジオ番組。
今でいえばスーパーササダンゴマシンの「チェ・ジバラ」のような
新潟ローカルの人気深夜番組だった記憶があり、
たまたま聴いてた中で堀敏彦氏がゲストで登場、
なんでも三四郎さんをキャバクラに連れていき豪遊した話をしてましたが、
これが「夕方ワイドにいがた一番」のイメージから極北にかけ離れ、
三四郎さんのトークを寄せ付けずまくし喋り通してたのは、
さすが欽ちゃんファミリーだと凄みを覚えたほどで、
以来どんな爽やかな顔でテレビに出ても警戒するようになりました。

しかし「GoinにMY Way」って三四郎さんの生きざまを表してる秀逸なネーミングだと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

『天上の花』は2月3日までシネ・ウインドで公開されてます。

『天上の花』公式HP http://tenjyonohana.com/

| 未分類 | 04:33 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT