FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

樹木希林さん&伏原健之監督 『人生フルーツ』『居酒屋ばぁば』『神宮希林 わたしの神様』長岡上映会

JnF-mains.jpg

◎3月8日(金) 会場 アオーレ長岡市民交流ホールA

・18時50分~ 『人生フルーツ』(91分)
日本語字幕付き上映 

*津端修一さん90歳、英子さん87歳 風と雑木林と建築家夫婦の物語

愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうに変わります。刺繍や編み物から機織りまで、何でもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。

かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめましたーー。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。

本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります

予告編 https://www.youtube.com/watch?v=FTn6R-JG94c&feature=youtu.be&fbclid=IwAR32Lnjq0tvI0FyMWwTwcsR9e-4uzMcLSWCgPRYTw8XDQAfX5FxCaMGeijw

監督 伏原健之  ナレーション 樹木希林   プロデューサー 阿武野勝彦
製作・配給 東海テレビ放送 配給協力 東風  2016年作品 91分
公式HP http://life-is-fruity.com/
*キネマ旬報文化映画部門第1位

*入場料 
前売 1000円、 『居酒屋ばぁば』との2作品セット 1500円 
当日 1300円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生以下(学生証を提示願います) 500円

izakayabaaba_2.jpg

◎3月8日(金) 会場 アオーレ長岡市民交流ホールA
・20時20分~ 『居酒屋ばぁば』(52分)

*その後の英子さん…。映画『人生フルーツ』の主人公がどんな暮らしをしているのか。
女優・樹木希林(74)が津端英子さん(89)と居酒屋で女子会をする。
映画に登場した英子さんは、なぜか「居酒屋へ行ってみたい」と言い出した…。
そんな話を聞いた希林さんが、名古屋の行きつけの居酒屋に英子さんをご招待。74歳と89歳がほろ酔い加減で語り合う。
その一か月後、「物件めぐり」が趣味という希林さんが、愛知県春日井市の英子さんのお宅を訪問。今度は英子さんお手製のお菓子をいただきながら、
再びばぁばの女子トーク!夫のこと、孫のこと、食べ物や病気のこと…。人生の大先輩、2人のばぁばが本音で語り合う。

出演 樹木希林 津端英子
ディレクター 伏原健之 ナレーション 本仮屋ユイカ プロデューサー 阿武野勝彦
制作著作 東海テレビ 2017年 52分

*入場料 
前売 800円、 『人生フルーツ』との2作品セット 1500円 
当日 1000円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生以下(学生証を提示願います) 500円

====================================

JK-B5-H1-4c.jpg

3月15日(金) 会場 アオーレ長岡市民交流ホールA
・上映時間 ①15時~ ②19時~ (作品時間96分)

『神宮希林 わたしの神様』長岡上映会

*いきることに つかれたら ねむりにきてください
樹木希林 はじめてのお伊勢参り どうぞごいっしょに、式年遷宮をめぐる旅へ

旅人は、樹木希林。
「自分の身を始末していく感覚で毎日を過ごしている」。
本作は、そう語る希林さんの人生はじめての「お伊勢参りドキュメント」です。

2013年、伊勢神宮は二十年にいちどの式年遷宮の年。遷宮とはいうなれば、神様のお引越し。神宮や伊勢志摩地方だけでなく、日本中がかかわる大きな「お祭り」でもあります。参宮街道を行き、お白石持行事などの祭事に参加、伊勢神宮の神域をめぐり、広大な神宮林の山に登り、俳句をひねる。女たちが祈る志摩の石神さまも訪ねます。

希林さんには会いたいひとがいました。歌人の岡野弘彦さんです。戦争と震災と神宮……。89歳のいまも未来に何かをつたえようとしている岡野さんのお話に、希林さんは何を感じたのでしょう。

ところで、神様ってホントにいるんでしょうか?
いるとしたら、どこに?

真新しい檜の香。淨闇につつまれた内宮の遷御。
夢とも現実ともつかぬまま深まってゆく、旅。
いのちについて、家族について。
それからやっぱり、愛について想いをはせる。そんなお伊勢参り。

あなたもどうか、ゆるりごいっしょください。

予告編 https://www.youtube.com/watch?v=Gh2ArNAvPRk&feature=youtu.be&fbclid=IwAR3WQdYRAoovdTmNaJDbVnabJnUZQyQuzHBFGhX6UTDdDbfGcJCTzTgvXuA

旅人 樹木希林  監督 伏原健之 プロデューサー 阿武野勝彦
製作・配給 東海テレビ放送 配給協力 東風  2014作品 97分

公式HP http://www.jingukirin.com/

*入場料 
前売 1000円、  
当日 1300円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生以下(学生証を提示願います) 500円

============================

プレイガイド アオーレ長岡西棟三階ながおか市民協働センター/長岡駅・文信堂書店/ら・なぷぅ/キャラメルママ/西時計眼鏡店/長岡市立劇場/リリックホール(長岡市)みずすまし(三条市)えとせとら(柏崎市)シネ・ウインド(新潟市)

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
問 09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
HP http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

(C)東海テレビ放送
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3月10日 『おだやかな革命』長岡上映会

映画「おだやかな革命」メインビジュアル

○『おだやかな革命』長岡上映会

日時 3月10日(日)

18時~ ウィズコーションLIVE

18時30分~ 『おだやかな革命』上映 (100分)

20時10分~ 橋本桂子氏(おらってにいがた市民エネルギー協議会理事)トーク 
おらっての『おだやかな革命』 (約30分)

*『おだやかな革命』 

前売  1000円  
当日  1300円  障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生(学生証をお願いします) 以下500円

会場 長岡市社会福祉センター トモシア 3階 多目的ホール
長岡市表町2丁目2−21
https://tomoshia.jp/

プレイガイド アオーレ長岡西棟三階ながおか市民協働センター/長岡駅・文信堂書店/ら・なおぷぅ/キャラメルママ/西時計眼鏡店/長岡市立劇場/リリックホール(長岡市)みずすまし(三条市)えとせとら(柏崎市)シネ・ウインド(新潟市)

映画「おだやかな革命」

【見どころ・解説】

自然と向き合い、人と向き合い、地域と向き合いながら、これからの暮らしを自らの手で作り、本当の豊かさを取り戻していく地域の姿を追ったのは、前作「よみがえりのレシピ」で、伝統野菜のタネをめぐる物語を描いた渡辺智史監督。「暮らしの選択」、その先にある、「幸せな社会」に向けての取り組みが各地で始まっている。ナレーションを女優の鶴田真由が務める。

【あらすじ】原発事故後に福島県の酒蔵の当主が立ち上げた会津電力。放射能汚染によって居住制限区域となった飯館村で畜産農家が立ち上げた飯館電力。岐阜県郡上市の石徹白、集落の存続のために100世帯全戸が出資をした小水力事業。さらに、首都圏の消費者と地方の農家、食品加工業者が連携して進めている秋田県のにかほ市の市民風車。自主自立を目指し、森林資源を生かしたビジネスを立ち上げる岡山県西粟倉村の取り組み。都市生活者、地方への移住者、被災者、それぞれの「暮らしの選択」の先には、お金やモノだけでない、生きがい、喜びに満ちた暮らしの風景が広がっていた。成長・拡大を求め続けてきた現代社会が見失った、これからの時代の「豊かさ」を静かに問いかける物語。

【スタッフ】
ナレーション:鶴田真由
企画・製作・監督・編集:渡辺智史
撮影:佐藤広一
音楽:鈴木治行
演奏:瀬川裕美子
MA:中野坂上スタジオ
アドザイザー:高橋真樹
製作会社:有限責任事業組合いでは堂

予告編 https://www.youtube.com/watch?v=7vXDboIJO0E&feature=youtu.be&fbclid=IwAR2faFI6q0xPlKI3TjauvSNrT2AvWMq4SiAWeMlzFrwxRKdnkR7jisTw7VQ

映画公式HP http://odayaka-kakumei.com/

キャスト 佐藤彌右衛門、小林稔、平野彰秀、平野馨生里、井筒耕平、牧大介、辻信一、枝廣淳子、広井良典 他

*ウィズコーション
1980年結成、10年ほど活動後休止。
2011.3.11を経て、2014年から活動再開。
メンバーギターMainvocal飯塚寿之
ギターchorusvocal星野淳
ベースchorus若井武美



主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
電話 09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmai.com
HP http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/
協力 おらってにいがた市民エネルギー協議会/3.11福島を忘れない!長岡実行委員会

(c)いでは堂

| 未分類 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Cherry blossom and Demons

神宮希林_sub5

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-2148.html
↑こちらで紹介した『一切なりゆき ~樹木希林のことば~』を文信堂書店で購入。

改めて噛みしめる樹木希林さんの言葉 頑なまでに本を出したくなかった理由とは|吉田豪
http://tablo.jp/serialization/yoshida/news004443.html
↑こちらを読むと生前、希林さんは本を残すことを快く思ってなかったものの、
掲載されたインタビューの歯に衣を着せぬ鋭い発言を抜粋しただけにすぐさま読み終えてしまいました。

印象的なのは物を貯めていく生活でなく、
物を使い込んで余計なものは一切買わないという生活を貫いたこと、
その流れでロッケンローラー内田裕也との不思議な結婚生活に
自身が癌にかかったうえでの死生観などが突き刺さってきました。

また自身の代表作についても語っており、
『人生フルーツ』『神宮希林 わたしの神様』についても出演しての感想を明け透けに語っていました。

巻末はこれまでの代表作のフィルモグラフィーが綴られていく中、
これまで遺作は実録犯罪映画の趣きがある『エリカ38』かとおもっていたら
ドイツ人監督ドリス・デリエの『Cherry blossom and Demons』とあって驚きました。

以前にも書きましたがドリス・デリエ監督は大の日本びいきの女性監督で
2004年に長岡を拠点にして小千谷、山古志、柏崎で撮影した『漁師と妻』のスタッフとして担当者は潜り込んで、
行く先々で映画撮影の只中を体験し得難い思いをしました。
http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-89.html

この時にドリス監督の『米百俵』の英語版を進呈したらすぐさま読んで大変喜んでもらいました。

その後に桃井かおり主演で『フクシマ・モナムール』を震災後の福島で撮影しベルリン国際映画祭ハイナー・カーロウ賞受賞。
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1052.html

今回、樹木希林さんの遺作を撮影したと知り、相変わらず日本びいきなのはとても嬉しいものの、
『漁師と妻』を観てわかるのですが、映画祭で上映されてもなかなか日本公開までたどり着けないのが
ドリス監督の難といえば難。
『桜の花と悪魔』とは何を指すのか気になりますが、はたして公開されるでしょうか。

樹木希林さん、来年3月に世界デビュー…7月撮影の遺作ドイツ映画
https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180929-OHT1T50232.html

画像は『神宮希林 わたしの神様』より、貴重な希林さんの自宅での様子も垣間見れるかと。

(c)東海テレビ放送

樹木希林さん&伏原健之監督 『人生フルーツ』『居酒屋ばぁば』『神宮希林 わたしの神様』長岡上映会
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-2131.html

3月10日 『おだやかな革命』長岡上映会
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-2135.html

| 未分類 | 13:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛称トモシア



トモシアの由来

すべての人たちが「ともにしあわせ」になる場所、長岡市の福祉のシンボルである「ともしび」、希望の光を「ともす」という意味が込められています。

======================

3月10日 『おだやかな革命』長岡上映会
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-2135.html

長岡市社会福祉センター トモシア三階 多目的ホールを会場にて開きますが、
要約してトモシアで開きますと宣伝にまわっています。

しかし次号の市政だよりの校正依頼が届き、
みんなのひろばに上映会の告知掲載していただけるのはありがたいものの、
会場が「社会福祉センター」と明記されており、
トモシアは掲載されないのですか?と尋ねたところ
トモシアは愛称なので正式名称の「社会福祉センター」と記載することを
皆様にご理解いただいてるとお返事が届きました。

トモシアという愛称が浸透しているかはともかくとして
社会福祉センターと言われても読者の市民の方々はピンとくるもんだろうか、と思いましたが。

公式HPを開くと長岡市社会福祉センター トモシアとあり、
https://tomoshia.jp/
冒頭にトモシアの由来もなかなか素敵なのでトモシアを認知させることも重要ではなかろうかと。

ちなみにトモシアも夜22時まで開いてるので先日、ちょっと打ち合わせと作業に訪れたら、
昨年までアオーレ長岡の職員さんで何度か上映会を担当していただいた方が、
こちらの職員さんに転任していたので驚きました。
まぁ、映画上映会をやるんで話が通じやすく思いましたが、別の意味でちと緊張しました。

画像はらーめん勘四郎さん。いつも上映会ポスターを貼っていただいてます。
ありがとうございます。

| 未分類 | 17:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分は、これで幸せか という問いが ちゃんと真ん中にある これは革命と言っていい。でも、今まで多くの人が 想像してきた革命とは 全然違うものなのではないか



朝にながおか市民協働センターで作業開始といきたいものの、眠くてぼーっとしながら準備にとりかかる。
9時になるとアオーレ隣の某事務所の職員さん宅へ伺い前売券を買っていただく。
近所の人たちが欲しがっていたそうなんで有難く思いました。

その後にウィルながおかへ直接顔を出すのは気まずいことがあったので、
そーっとチラシを手に取りに行った後、またながおか市民協働センターで本格的に作業を開始。

レターパックの宛名書きをしてポスター、チラシを入れてからポストへ。
長岡各支所へポスター、チラシを封書に分け入れて庶務課を通して各支所に送っていただくようお願い。
あわせて『神宮希林』上映会のアオーレ担当者から次号のイベントカレンダーの校正を頼まれ無事に掲載されることを確認。

午後はポスター貼りとともにチラシ設置依頼に行くためにチラシをまた300枚印刷。
お昼少し前にようやく終わって忘れ物はないかと確認してからアオーレを出発。

長岡駅東口の100円ショップでカラーコピーを印刷してから勤労青少年ホーム、坂之上コミセンをまわって美容室のR’sへ『神宮希林』の前売券を預かっていただく。

そこから勘四郎へ餃子ライスを食べてポスター掲示依頼をし、幸町コミセン、さいわいプラザとまわってコレクター長谷川さん宅へ紹介と上映会当日のお手伝いのお願い。

続けてぐんぐん、花テラスに速報社で上映会の掲載依頼を直接。
その後は平潟神社へ赴き、なんとなく神社というのは伊勢神宮に関係があるんじゃないかと『神宮希林』の紹介をしたものの、この神社は諏訪大社の方と言われそこで話が終わる。
長岡は伊勢神宮系列(というのか)の神社はないのだろうか?

そして大手大橋を渡って戸田書店にポスター依頼。
こちらでも樹木希林さんの本は売れてるそう。

ビデオ1喜多町店、良食生活とまわってフェニックス大橋で宮内へ。
コメリでコピー用紙を購入後、お世話になってるみづよし、小林茂監督宅をまわるが監督は不在。
川重精肉店、べルグ、GARNETとまわって『人生フルーツ』のポスターが余ったのでまたR’sに渡しに行って、喉が渇いて山屋さんで一杯と思ったら予約で満席。
サスガ華金と思い店主にポスターを託してショートメールを見たら文信堂書店の店長から
「預かってる『神宮希林』の前売券売り切れ」とのうれしい連絡が。
慌てて追加に行って希林さんの本も購入いたしました。

以上、本日お仕事お休み、天気も上々、風邪でダウンしていたのでここぞと挽回とチャリンコで回っていましたが、いくつかコミセンを取りこぼし、ビデオ1要町店を忘れたのは痛手ながらも、予定の8分くらいがちょうどいいんじゃないだろうかと。

画像は文進堂書店の売り場が『あん』とともに希林さんフェア状態に!

樹木希林さん&伏原健之監督 『人生フルーツ』『居酒屋ばぁば』『神宮希林 わたしの神様』長岡上映会
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-2131.html

3月10日 『おだやかな革命』長岡上映会
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-2135.html

| 未分類 | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT