長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

オスプレイ訓練 県民への説明が足りない

無題HYOTEKI(C)琉球朝日放送

オスプレイ訓練 県民への説明が足りない

県民への説明が不十分と言わざるを得ない。日米両政府には、いっそうの情報公開を求めたい。
陸上自衛隊と米海兵隊が今月、本県の関山演習場(上越市中郷区、妙高市)などで行う共同訓練に、新型輸送機MV22オスプレイが6機程度参加する。
オスプレイが昨年12月、沖縄県で不時着、大破する事故を起こして以来、日本国内の共同訓練に参加するのは初めてだ。しかも、国内の共同訓練では、過去最多の機数である。
県民のオスプレイに対する不安は依然として根強い。日米両政府には安全を最優先に訓練を行ってもらいたい。
共同訓練は「フォレスト・ライト」と呼ばれ、6~17日の12日間にわたり、関山演習場と群馬県の相馬原演習場で行われる。
新発田駐屯地の隊員を中心とした陸自部隊約300人と、米海兵隊部隊約450人が参加する。実弾を使った射撃や第一線での救護の訓練をする。
オスプレイは9、10日と13~15日、前線に兵士を輸送する訓練に参加する。
1日当たり2、3機をローテーションで運用する。夜間訓練も予定されている。
沖縄県での事故につながった空中給油訓練は実施しないという。
だが、事故原因は最終的には特定されていない。空中給油を行わないからといって、安全だと断言することはできないだろう。
また、防衛省はオスプレイの飛行ルートについて、米軍がこれまで公開していないので、公開は難しいという。
オスプレイがいつ、どんなルートを、何機で飛ぶのかが、周辺住民にとって重大な関心事であることは間違いない。
日本政府は住民の懸念を米国に伝え、これに対応するよう促すべきである。
日米両政府は昨年9月、沖縄県の基地負担軽減を目指し、オスプレイなどの訓練の県外移転を推進することで一致した。
合意に基づいて米領グアムで訓練が行われてきたが、国内での訓練は今回の関山演習場などが初めてとなる。
本県などの住民の不安を解消することができなければ、県外移転を継続していくのが難しくなるのではないか。
 陸上自衛隊は佐賀空港へのオスプレイ配備を計画しているが、佐賀県側では受け入れの議論は進んでいない。
山口祥義(よしのり)知事が沖縄での事故原因について、防衛省が米軍から聴取し、県民に公表することが大事だとの認識を示しているからだ。
 県民の生命と財産を守る知事の立場からすれば、当然の主張であると言えよう。
本県や上越、妙高の両市もこれまで安全の確保や住民への情報提供に努めるよう、防衛省に要請してきた。今後も粘り強く続けてもらいたい。
訓練が住民の日常生活や、観光業を中心とする産業に影響を及ぼさないかどうか、監視することも重要だろう。

【社説】 2017/03/01

http://www.niigata-nippo.co.jp/opinion/editorial/20170301310214.html

↑昨日の新潟日報社説は迫ってきた日米合同訓練において上越市・妙高市にまたがる関川演習場で開かれる
県内初のオスプレイ飛行訓練への説明不足について述べていました。
確かに飛行ルートが公になってないのは軍事機密を隠れ蓑に、沖縄での墜落事故の報道を受けて不安に感じる地域住民への説明がないがしろにされてると言っても過言でありません。
3月11日の『戦場ぬ止み』上映会にて「沖縄の現状と憲法」を演題にお話しいただく馬場秀幸弁護士は上越市・高田在住であるため、さまざまな思いが去来していると思います。
ぜひ映画を観て馬場先生の講演にも耳を澄ましてほしいと思います。

また昨日の新潟日報一面は「柏崎原発審査 再提出を」の見出しで、
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170228310171.html
確か泉田知事が中越沖地震で出火した際に柏崎刈羽原発に建設を命じた免責重要等の耐震性が不足してることを東電は例によって穏便し、さらに経過について二転三転した末に公になり首長や原子力規制委員会から、例によってあれだけの大事故を起こしながらもこんなお粗末なことをやらかしあきれられてしまってる記事が他の重要な記事を差し置いてもっとも紙面を割いてました。

『大地を受け継ぐ』の中に原発事故で被災した家族に向けて東電のこの対応はおかしいだろうということが多々あり、切実な農家の声を耳にして理不尽な現実を知った若者たちはどのように変貌していくのか、たった一日の体験でも感じることができると思います。

昨日の日報を手にしてそんなことを思ったりしていました。

=============================

◎~沖縄・福島を観る知る3月11日~

会場 アオーレ長岡 市民交流ホールA

日時 2017年3月11日(土)

『大地を受け継ぐ』  公式HP https://daichiwo.wordpress.com/ 
*10時20分 ウィズコーション ライブ (長岡で活動する4人組バンド 上映前に福島への思いを歌います)
*10時35分 『大地を受け継ぐ』上映 (85分)
*12時~    井上淳一監督トーク(30分)

『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』 公式HP http://ikusaba.com/

*13時20分 『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』上映 (129分)
*15時30分~16時30分 講演「沖縄の現状と憲法」 
講師 馬場秀幸弁護士 (新潟県弁護士会)
*17時~ 『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』上映 (129分)

*入場料 1作品 前売 1000円、 
当日 1200円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生(学生証提示お願いします)以下 500円

予告編 https://www.youtube.com/watch?v=BHsYI1H78HM&feature=youtu.be

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

| 未分類 | 17:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11人の子どもたちが福島へ向かった。



『戦場ぬ止み』『大地を受け継ぐ』の上映会、3月11日に向けてラストスパートをかけてます。
新潟日報は幸い沈黙せずに長岡欄に告知記事を掲載いただきました。ありがとうございます。
また毎日新聞からも先日、『大地を受け継ぐ』上映前にバンド演奏するウィズコーションについて取材があったそうです。
こちらも記事になっていただけたら助かります。

あと関心がありそうな団体に紹介をしチラシの配布を依頼していますが
ありがたいことに会報などに挟み込むからチラシを送ってとか、
さらにこっちでチラシ刷るから版下送ってとかまで協力してくださる方々が多々あり、
どこの馬の骨とも知らないこちらにそこまでしていただくことが本当にありがたく思いました。
もちろん紹介していただいた方の人徳なのでしょうが。

その反面、まさにアオーレでチラシを印刷している時に、
以前、こちらを見捨てた方が偶然見かけたのか声をかけてきて
そのご都合主義に思うこと多々でした。

しかし今回A3のコピー用紙を印刷しているのですが、
重いはかさばるはで、もう寄る年波を感じたりしてます。

=============================

◎~沖縄・福島を観る知る3月11日~

会場 アオーレ長岡 市民交流ホールA

日時 2017年3月11日(土)

『大地を受け継ぐ』  公式HP https://daichiwo.wordpress.com/ 
*10時20分 ウィズコーション ライブ (長岡で活動する4人組バンド 上映前に福島への思いを歌います)
*10時35分 『大地を受け継ぐ』上映 (85分)
*12時~    井上淳一監督トーク(30分)

『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』 公式HP http://ikusaba.com/

*13時20分 『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』上映 (129分)
*15時30分~16時30分 講演「沖縄の現状と憲法」 
講師 馬場秀幸弁護士 (新潟県弁護士会)
*17時~ 『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』上映 (129分)

*入場料 1作品 前売 1000円、 
当日 1200円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生(学生証提示お願いします)以下 500円

予告編 https://www.youtube.com/watch?v=BHsYI1H78HM&feature=youtu.be

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

| 未分類 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |