FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

2018年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年04月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『人生フルーツ』長岡上映アンコール 1回目の回の前売券について、お知らせが



3月10日(土)のトモシア多目的ホールでの『人生フルーツ』上映会アンコールですが、
現在、1回目17時からの回の前売券が売れております。
アオーレ長岡ながおか市民協働センターの配布分はおかげさまで売り切れました。
小さい会場なので、今後は追加配布をせず、他のプレイガイドも売切れ次第に終了したいと思います。

ただし19時の回はながおか市民協働センター含め、どのプレイガイドも余裕がありますので、
これからお求めになる方は19時の回をお勧めいたします。

また当日券は一回目に関して一般の方は状況を見ながら販売するか検討いたします。
障害者、療育者手帳をお持ちの方、高校生の方は当日券を販売いたします。

お問い合わせは
電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.comまでお願いします。

『人生フルーツ』は現在発売中の月刊ウインドの2017年読者投票ベストテンで1位に輝いています。

また佐渡のcafeガシマシネマでは3月は毎週土曜日上映の他、平日でも事前に予約すればお好きな時間に『人生フルーツ』を上映してくれるそうです。
http://gashimacinema.info/

○『人生フルーツ』 長岡上映会 アンコール

*キネマ旬報2017年 文化映画ベストテン1位

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=Y5HwkS35_Go&feature=youtu.be

『人生フルーツ』公式HP
http://life-is-fruity.com/

日時 2018年3月10日(土) 
①17時00分~   ②19時00分~

会場 長岡市社会福祉センター トモシア 3階 多目的ホール
長岡市表町2丁目2−21

料金 前売券 800円  
当日 1000円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生(学生証をお願いします)以下500円

プレイガイド 長岡駅CoCoLo文信堂書店/アオーレ長岡三階ながおか市民協働センター

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
電話 09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
HP http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

| 未分類 | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『奪われた村』 河合弘之プロデューサー



『奪われた村』のプロデューサーとしてクレジットされてるのが『日本と原発』の河合弘之監督というか脱原発訴訟の先頭として活躍している河合弘之弁護士です。

すでに何度かこのブログに書いていますが『日本と原発』の中で原子力ムラの原発が必要だという言い分をホワイトボードとマジックで尽く論破していく姿は大変痛快に思いました。

バブル期の頃に潤った企業の敏腕弁護士として大活躍、絶頂を極めながらも自身の良心にかなってないと、環境問題から原発問題に取り組み、原子力ムラ相手に脱原発訴訟を起こしたものの20連敗、そこへ東日本大震災の福島原発事故を目の当たりにして、残りの人生を脱原発に捧げようと並々ならぬ決意で今も精力的に活動しています。

バブル期の弁護士の経験から原子力ムラの怖さを存分に知っていると思いますが、一歩も引かずに闘争心とともに立ち向かっていく姿は時折、ニュースで見かけて頼もしく思ったりします。

ただ映画を観ても相当アクの強さを感じるので嫌いな人は徹底的に嫌ってるだろうと。

昨今、下手したら福島原発事故は無かったかのようにしようと見えるほど原子力ムラが攻勢に転じてる印象を持ちますが、河合弁護士の闘いを応援する意味でも『奪われた村』を上映したいと思っています。

明後日のこちらの↓イベントでは『日本と原発 4年後』のダイジェスト版が上映されます。
http://nagaokashiminnet.blog.fc2.com/blog-entry-71.html

ついでに↑こちらの会場内で主催者様の承諾をいただき『奪われた村』の前売券を販売しています。

河合弘之公式HP http://lawyer-kawai.com/

○『奪われた村 避難5年目の飯舘村民』長岡上映会と豊田直巳監督講演会
日時 3月11日(日)
*18時00分~ ウィズコーションLIVE
*18時20分 『奪われた村 避難5年目の飯舘村民』上映 (作品時間64分)
*19時30分 豊田直巳監督講演 (約60分) 

前売  1000円  
当日  1300円  障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生(学生証をお願いします) 以下500円

プレイガイド 長岡駅CoCoLo文信堂書店/アオーレ長岡三階ながおか市民協働センター

会場 長岡市社会福祉センター トモシア 3階 多目的ホール長岡市表町2丁目2−21https://tomoshia.jp/

○『奪われた村 避難5年目の飯舘村民』公式HP http://ubawaretamura.strikingly.com/

予告編 https://www.youtube.com/watch?v=6okn268-dME

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
BLOG http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/
協力 3.11福島を忘れない!長岡実行委員会後援 長岡市/長岡市教育委員会

| 未分類 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キム・ギドク監督 『STOP』




「ヤクザ風情が何が愛だよ」
監禁した女子大生を売春小屋に叩き売るヤクザの話が詩情溢れる純愛映画に昇華する『悪い男』

「セックスをするとき男は子供みたいになるの」
女子高生の援助交際などという下世話でスキャンダラスなテーマを選びながら、切なく胸にしみいるラストシーンがいまだに脳裏から離れない『サマリア』

異常な状況を設定し狂おしく愛について悶え続ける
韓国の孤高の鬼才 キム・ギドクなら未だにこの二本が頂点として推します。
もちろん『受取人不明』『魚と寝る女』『春夏秋冬、そして春』も強烈に印象深いものの、正直最近作は『悪い男』や『サマリア』の足元に及ばないんでないか、キム・ギドクという異端を熱を込めて支持してるだけに不満もあったりします。

そんなキム・ギドクが福島原発事故という日本人が手を出してもタブーと畏れる題材を描いたと聞いて納得できるものがありました。
やはり怖いもの知らずだと。
予告編を見ると低予算ばかりのキム・ギドクの映画の中でもさらに低予算に映るのですが、
監督、脚本、撮影、照明、編集、録音まで全てキム・ギドク一人でやりのけたそうで、それだけに撮らなければという切実さを感じました。

キム・ギドクが東日本大震災をテーマにした『STOP』は3月10に~3月16日にシネ・ウインドで公開されます。
タイトルの『STOP』は何を意味するのでしょうか。

https://www.cinewind.com/

監督からのメッセージ
私は、日本に友達がすごく多いのですが、みなさんとても良い方で優秀です。でも、日本と韓国は、過去の不幸な歴史の為に、あまり仲が良くない状況です。そんな中で作った、今回の「STOP」ですが、これは韓国人だとか日本人だとか、そういったことは関係なくて、人類の安全の問題だと思っています。
そして、6年前の3月11日にはたくさんの方が亡くなりました。亡くなった方のご家族のことを考えると、非常に心が痛みます。
そして、原発の問題は、終わっていません。終わっていないどころか、これからも、どんどん深刻なことになっていくかもしれません。
世界中の技術者を集めてでも、早く自然な状態が戻ってくるようなことになればいいなと思っています。

STORY
2011年3月11日、東日本大震災。そして福島第一原発のメルトダウン。5km圏内に住んでいた若い夫婦は東京への移住を決意した。妊娠中の妻は放射能の赤ん坊への影響に不安を抱え、だんだん正気ではいられなくなる。そんな中、謎の政府の役人が現れ中絶を強引に促す。写真家である夫は、かつてのままの美しい自然や動物の写真を撮り、妻を安心させようと単身福島に戻ったのであったが、彼がそこで見たものは・・・。

『STOP』公式HP https://www.stop-movie.com/

3月10日(土) 『人生フルーツ』長岡アンコール
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1766.html

3月11日(日) 『奪われた村 避難5年目の飯舘村民』長岡上映と豊田直巳監督講演会
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1769.html

| 未分類 | 11:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |