長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長岡産“アイドルを探せ!” もしくはビストロの想い出に…

RINACHI AORE

昨年『故郷は緑なりき』上映会顛末について長岡のフリーペーパー「My Skip」に寄稿した際
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-811.html
長岡生まれのアイドルがたくさんいるので特集組んでみたらいかがですか、
などと編集者の方に提案したら、実現できる運びとなったばかりか、
今度は取材も兼ねて原稿を書いた結果、無事に新年号に掲載されました。

長岡産“アイドルを探せ!” として特集が組まれ金澤里奈さん、がぁがぁがぁるず、それにメンバーのわっかーが長岡生まれのRYUTistが登場し、レギュラーコーナーの異彩世代空間では編集の方が聞き手となって長岡の大学に通うAngel Generationのはるかさんを大きく取り上げて執筆されています。

いづれも写真はカラーで新潟のアイドルについて貴重な証言が散りばめられてるのでヲタさんが求めに長岡をまわったなんてツイッターも目にしました。

担当者は何度かこのブログに書いてますがモーニング娘。をはじめとするハロプロのファン=ハロヲタで
そもそものきっかけがもう約20年前の長岡アジア映画祭立ち上げ当初に準備を終えて、
帰宅が夜中なんてことがザラにある中で、
こちらでは深夜に放映されてた「ASAYAN」を何気なく見ていたら、
日々の困難に立ち向かい成長していく波乱万丈なモー娘。に気が付いたらすっかり嵌ってしまいました。
以降、何度もスランプやらスキャンダルにまみれたハロプロを心のよりどころにしていた中で、
自身が躓いてしまったところ、映画祭でご協力いただいたバックスクリーンのお二人と新潟よしもとの方が、
アイドル育成居酒屋OHANAで激励会を開いてくださり、
そこで接客しながらステージをこなすAngel Generationを知って、
以降、そのOHANAの二号店のビストロで推しメンを見つけて
新潟のロコドル、いわゆる潟ドルの深い世界を知っていく…という経緯があります。

それで先のMy Skipのために漏れはないかと取材期間中にNegicco、RYUTist、Angel Generation、ケミカル⇄リアクション、principal!、乙女座長☆銀河団 、プチふるーる。、アフタースクール、越後姉妹Geeks、金澤里奈、Palette2、がぁがぁがぁるずと数多ある現場へと足を運んで確認したところAngel Generationのはるかさんが長岡の女子大生と知って驚いた次第です。

さらにこの期間にハロプロのANGERME、こぶしファクトリーのライブが新潟であったので、
勿論、足を運んでしまったのでいったい幾つの現場を回ったのか、
これらの取材期間が『千年の一滴 だし しょうゆ』上映会の準備、宣伝期間と重なり、
だしとアイドルで日々、頭の切り替えがままならなかった中で柴田昌平監督と摂田屋に向かうために
長岡駅にいたところ、取材を終えてた金澤里奈さん(愛称りなち)とばったり出くわし、
まったく接点のないと思ってた自分の活動の『千年の一滴』上映会とアイドルさんがこんな形で交差してしまうことに、
不思議な思いを抱きながら
↓こちらの写真を撮影してました。
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-991.html

ちなみにモー娘。も所属するアップフロントの二人組ユニットのBitter & Sweetには長岡出身の長谷川萌美さんがいます。
東京で活動しているので今回の紙面に紹介できませんでしたが、
杉田愉監督によれば杉田ワールドと意外な縁があると教えていただきました。
声の出ないつんくPに代わってハロプロの仮歌も歌ってるそうなんで、それを知っていっそう注目したいと思ってます。

画像は昨年末のアオーレでの大晦日カウントダウンライブの身長138センチの金澤里奈さん。
実は先に書いたOHANAの二号店ビストロでAngel Generationのメンバーではないけどホール係として
人見知りするこちらによく絡んでいただいたのですが、
それから数年してアイドルと取材者という立場で向き合ってたのも不思議な思いでした。

この夜のアオーレでのライブは長岡界隈のオタさん達がりなちさんを盛り上げるために集結。
たまたま見ていた一般人も巻き込んで沸きに沸いたライブとなって、
身体は小さいけどライブの迫力は見劣りすることないとビストロの頃を思い出して感慨深くなっておりました。

この現在は閉店したビストロ出身者で現在活躍しているのはAngel Generationのあいかさん、ケミカル⇄リアクションの曽我沙也加さん、そして金澤里奈さん等々。
そのビストロの頃のいい思い出を浮かべながら原稿をせっせと書いておりました。

マイスキップ好評発行中ですのでみかけましたらぜひ手に取っていただけましたら。
素敵な紙面に仕上げていただいた編集の方々に感謝いたします。
自分の好きなものがこんな形で紙面になったのはとても嬉しいものでした。
そしてわっかーさんが自らアオーレに赴きマイスキップを入手したとブログに書いて感激しておりました。
http://ameblo.jp/ryutist/entry-12111583006.html

以上、今回は全くの趣味の記事になってしまい失礼しました。
スポンサーサイト

| 未分類 | 10:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1008-c1ad5c6e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT