長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『選挙フェス!』 杉岡太樹監督



想田和弘監督のデビュー作が『選挙』
自民党から市議会議員の補欠選挙に立候補した学生時代の仲間を被写体にした観察映画でしたが、
選挙参謀からは政策を話すよりもひたすらドブ板選挙のロボットになることを強要され、
こんなんで大丈夫なんだろうかと見てたら、
そこは自民党の底力で当選してしまうという妙に後味の悪さが印象に残った作品でした。

その想田監督ツイッターから2013年の参院選での盛り上がりが伝わってきたのが
三宅洋平候補の『選挙フェス!』
そこに密着し映画化となった『選挙フェス!』上映会が亀田で開かれたので参加しました。

そしやら主催者の方々は『小さき声のカノン』本編ではカットされたとはいえ、
保養の活動の様子を鎌仲ひとみ監督が撮影に来た風フェスの人たちで、
長岡上映の保養ディスカッションでお話しいただく方もいたので挨拶することができました。

映画は吉祥寺で最初に始まった「選挙フェス!」が次第に大きなうねりになっていくさまの、
まさに台風の目の中で撮影していき、次第に三宅洋平氏も自ら撒いてく巨大なエネルギーの中で疲弊をよぎなくされる姿も映し出されてますが、キャメラの前で正直に独白するのも含めてかなり人間臭さをとらえてました。

中でも悪名高きワタミの会長と選挙戦で握手した際、
「手が暖かった」と述べると
「ひよるな!」と野次った相手に猛然と批判を告げに行くシーン。
その際、どんな相手でも話を聞くということを繰り返し述べていたのは、
一度苦手に映るとまったく口聞かなくなる自分は身につまされて観てました。

クライマックスはてっきり選挙最終日の伝説となった渋谷にて憲法9条の朗読なのかと予想してましたが、
そんな当たり前なことではなく小さなライブハウスでの熱唱シーンで、こんな形で捻るのも感心したりと。

実はまたチラシを配らせてもらおうとわりと早めに会場入りしたついでに、
役立たずとはいえ準備を手伝ってた際に、なんだか声のデカいアンちゃんの話し声が聞こえて
スタッフのお友達なんだろうかと思ってたら、
後でその方が監督として登場したのはちょっと驚きました。

上映後の杉岡太樹監督は両脇に政治に関心があるという学生からの質問に応える形でトークを敢行。
若者たちが目を開くことを肯定しながら映画の裏話を本当に楽しく話していただきました。

選挙戦の三宅陣営の舞台裏も映画の題材になったものの、
万が一、三宅洋平氏の身に何かあるのではないかと思うと、
片時も離れることはなかったそうです。
というよりも本当に三宅洋平氏は面白いと敬愛をこめて話してました。

『選挙フェス!』 http://senkyofes.com/

=====================================

鎌仲ひとみ監督の過去作、『ヒバクシャ』『六ヶ所村ラプソディー』『ミツバチの羽音と地球の回転』
僕にとっては、これらの作品を観た事が原発立地へ足を運ぶ切っ掛けになった。
311以前、鎌仲作品に目を覚まされて原発について考え始めた人は多いと思う。

そして起るべくして起ったかのような原発事故。作るべくして鎌仲さんは『小さき声のカノン』を作った。
こういう作品を作らなくてはならない未来を避けたくてこれまでの作品を作ってきたが、
事故が起きてしまった後の希望をいち早く見出せるのもこれまでの視点があったから。

大きな政治や経済の話の中で、福島で生活を営むお母さんたちの小さな声に耳を澄ましていきたい。
大切な事が聞こえてくる。
放射線への恐れから先の世界に生きる母と子たちの姿を描いたこのドキュメンタリーが、
国内はもとより、日本で今起きている現実として世界に伝わる事を願っています。

―三宅洋平(ミュージシャン)

http://kamanaka.com/canon/comments/

長岡アジア映画祭 プレイベント(仮)

3月6日(日)
・10時~ 『ヒバクシャ 世界の終りに』 鎌仲ひとみ監督デビュー作 116分
http://kamanaka.com/works/works-movie/works-theater/4/

・13時~  『小さき声のカノン -選択する人々』 鎌仲ひとみ監督最新作 119分 
*上映後に県内で保養の活動している方々のディスカッションを開きます。
http://kamanaka.com/canon/

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1015.html 
スポンサーサイト

| 未分類 | 15:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1055-cffcb0a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT