長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長岡ロケ映画 瀬々敬久監督 『64 -ロクヨン-』



横山秀夫原作でオールスターキャストで話題の映画『64』の舞台となる警察署が
長岡の旧柳原市庁舎を借り切って内装をほどこし撮影されたそうです。

担当者はちょうど去年の今頃に入会してる長岡ロケなびから届くエキストラ募集で
刑事役のエキストラ募集がメールで届いたものの、
当時は長髪で刑事より犯人役が似合う容姿、
何よりも自前のスーツがもう太って着れない有様なので申し込まなかったのですが、
後で豪華キャストが結集した映画だったと知り悔やんでおりました。

瀬々敬久監督は大作『感染列島』でも新潟市の旧病院をまるごと借り切って内装をほどこし、
撮影をしてましたが、この主要な舞台をスタジオでなくまるまる建物ごと借り切って撮影というのは
今回の『64』も同じチームなんだろうかと思いました。

ちなみに『感染列島』では担当者は医者役のエキストラとして参加し、
自分でしか気づかない場面ながらも映ってて喜んでいました。
ただし『感染列島』は瀬々監督のどんより後味の悪い暗さに痺れてた『雷魚』が好きなこちらとしては
大味すぎて少々不満が残る作品だったので、
こんなオールスターを結集した『64』でどのような手腕を発揮するのか注目したいです。

現在、シネコンで映画を観るとこの『64』の予告編が流れており、
警察署という設定の旧柳原市庁舎が頻繁に登場しており、
後援申請や中国語教室に中国映画の上映で宣伝に足を運んだりした場所なので、
多少面影を感じて懐かしく思ったりしてます。
懐かしく、というのはこの旧市庁舎はすでに役目を終えて近々取り壊されると聞きました。

『64-ロクヨン』 前篇 5月7日 後編6月11日 公開
http://64-movie.jp/

ちなみに瀬々監督の代表作『ヘヴンズ・ストーリー』も一部、長岡で撮影されてるようです。
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1093-83cc835a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT