長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

食と暮らしの映画祭

昨年の『千年の一滴』長岡上映会にて「千年の一滴 だし講座」の講師をしていただいた
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-931.html
キムラマサアキ先生のお話もある『食と暮らしの映画祭』がシネ・ウインドを中心に開催されるのでご紹介します。

プログラムを目にして担当者はこの中にアン・リー監督の『恋人たちの食卓』を入れてほしい、などと思いました。
今は無き長岡の伝説の南アジア料理のお店“GANESH”のご主人に『恋人たちの食卓』をビデオで薦めたら、
大絶賛し、特に主人公の老コックが自宅台所の包丁などの料理具の配置が完璧すぎて、
自身も早速真似をしたなどさすがプロの視点は違うなどと思い返しました
原題『飲食男女』の『恋人たちの食卓』今はどこが配給権を持ってるのか知りませんが、
キムラ先生も機会がありましたら観ていただきたい1本です。

あと今回上映される『めし』は35㎜フィルムでの上映なんだろうか、とも。



G7新潟農業大臣会合開催記念

食と暮らしの映画祭

4/10(日)13:30~

【イベント】 会場:新潟市総合福祉会館 408-409号室

映画祭開催記念トーク

「映画の中のG7参加国の食文化と暮らし」

登壇者:木村正晃(野菜ソムリエ)&井上経久(シネ・ウインド支配人)

入場無料・申込不要・先着40名



4/16(土)~4/22(金)

【上 映】 会場:シネ・ウインド

「めし」(10:00~11:50)

「ピクニック」(12:10~13:00)

「駅馬車」(13:20~15:10)

「イタリアは呼んでいる」(18:20~20:10)

【料 金】

一般1100円 シネ・ウインド会員800円 シネ・ウインド会員限定4回券3,000円(50組限定)

※特別企画のため、シネ・ウインド鑑賞券・各種無料鑑賞券は使用できません。

主催:食と暮らしの映画祭実行委員会 協力:新潟・市民映画館シネ・ウインド、コミュニティシネマにいがた

問合せ:食と暮らしの映画祭実行委員会(シネ・ウインド内) 025-243-5530 foodmovie_niigata@yahoo.co.jp

https://www.cinewind.com/news/4-7-4-16/
スポンサーサイト

| 未分類 | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1096-49edeb04

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT