長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長岡ロケなびの大きな功労者



長岡ロケなびで長岡市の職員として行政と市民とのパイプを繋げながら
フィルムコミッション活動に長年大きく貢献された戸田さんが異動で別の部署に移ることになったので
長岡ロケなびとしてひとまずの送別会が開かれ参加しました。

在任中はなんといっても『この空の花 長岡花火物語』の徹底したサポートを通して、
大林監督から多大な信頼を得て「長岡の息子」と呼ばれてるなんて話も聞き、
2月に開かれた大林監督をお招きしての長岡古里映画学校の開催も戸田さんの成果だと思います。
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1037.html

こちらは市民映画館をつくる会の時から無茶な依頼を聞いていただいたりと大変お世話になりました。
中でも2012年に企画した「長岡市民 映像の学校」では講師として
『この空の花』の映画つくりのエピソードを中心に貴重なお話をしていただきました。
http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-1815.html

また長岡アジア映画祭’14では『花蓮』の上映に際し
五藤利弘監督と渡辺千雅長岡ロケなび会長の対談の進行を引き受けてくださいました。
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-571.html

他にも多々協力いただいたので今回の異動は残念でならないのですが、
新天地は錦鯉のプロモーションという部署と聞き、
それならば長岡を拠点に小千谷、山古志、柏崎などで撮影されたドイツ映画で錦鯉がテーマと言っていい
『漁師と妻』を長岡市が上映権を買って役立てればいいのではないか、
http://tsukurukai.blog103.fc2.com/blog-entry-89.html
などとやはり無茶なことを言ってしまいました。

宴の締めとして新潟県フィルムコミッション協議会で県内のロケ誘致活動に邁進してる方が、
戸田さんの功績と労をねぎらいながら最後に
「また二年ぐらいしたら戻ってくるんじゃないか」と話して爆笑となってしまいましたが、
いづれにしても戸田さん、お疲れ様でしたとありがとうございました。
どこかでまたお力添えをお願いするかもしれないので、その時はどうぞよろしくお願いします。

長岡ロケなび
http://locanavi.jp/
スポンサーサイト

| 未分類 | 10:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1108-7aea5615

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT