長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長岡観光会館 夢のあと



http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1113.html
↑こちらの『栄光の黒豹』ポスターの下側に”日本海側随一の一大レジャーランド”のコピーとともに
長岡観光会館 長岡温泉センターの文字が。
そして、その上にはおそらく映画の一場面で温泉センターで寛ぐ浴衣姿の若い男女が。

柴田観光とも呼ばれてたハズですが、
担当者はいわゆるよその者でも、この柴田観光にあった劇場に何度か足を運んだ記憶がありましす。
確か公開当時の『ダイ・ハード』をここで観ましたが、
当時はパチンコ屋も同居してた記憶が。

この柴田観光がいわゆる50年代、60年代の長岡ロケ映画を誘致し、
エキストラ集めや撮影隊の面倒も見てフィルムコミッション的なこともやってたのは、
昭和36年作『故郷は緑なりき』の柏崎ロケは柴田観光の系列の映画館で働いてた大橋さんの証言で裏づけされたと思います。
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-671.html

『第12回長岡アジア映画祭』で上映した長谷部安春監督の長岡を舞台にしたハードボイルド『爆弾男と呼ばれたあいつ』では、
この長岡観光会館の温泉センターで寛ぐ小林旭と東京ぼん太のシーンがあって往時の賑わいが伺えました。

その柴田観光は昭和の終焉とともに当時の感触ではレンタルビデオ家さんに押されて閉館となった印象があります。
その後、長岡に映画館建設をと“市民映画館をつくる会”が発足、
担当者も参加しましたが、そのおかげでたくさんの魅力的な方々と出会うことになった反面、
人生が狂ったとか、酷い思いをしたことも多々あったりと…
ただこうしてこんな活動をしてるのも柴田観光の閉館があったからだろうと、
画像の現在は北越銀行駐車場となってかつての柴田観光の跡地に立って思ったりしました。

『栄光の黒豹』も柴田観光が誘致し、ポスターに広告があるということは
おそらく出資もしてるハズだと思います。

『栄光の黒豹』上映会宣伝は柴田観光跡地のここに立ってからスタートを切ろうと。
早速上映会当日に柴田観光で働いてた長岡コレクター長谷川さんに会いに行き、
当時の資料を改めてこの日のために整理してくれると約束いただきました。
スポンサーサイト

| 未分類 | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1119-edf71e4d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT