長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長岡出身 近衛十四郎



「子どもの頃、長岡祭りのパレードでこの人がオープンカーに乗ってたんだよ
この人は誰だかわからないので不思議に思ってたら、側にいたおじさんが、
お父さんが長岡出身の映画スターなんだよ、と教えてくれた」

『栄光の黒豹』を紹介に回ってた中で、チラシを見せた人が出演者の目黒祐樹の姿を見て懐かしそうに話してくださいました。
昨日紹介した春日太一著「あかんやつら」の中で東映時代劇スターについて、
もっとも熱く字数を割いてるのが目黒祐樹の、そして松方弘樹のお父さんで長岡出身・近衛十四郎でした。

紹介してるのは『十七人の忍者』『片目の忍者』『十兵衛暗殺剣』『忍者狩り』…

片岡千恵蔵、市川右太衛門といった御大、中村錦之介、大川橋蔵の看板スターの主演作が段々と飽きられていく中、
『十七人の忍者』から始まるアクションの魅力を前面に押し出した集団時代劇にて存在感を大いに発揮、
これまでの様式美のお約束事だった東映のチャンバラ映画と一線を画す、
敵の攻めを受けまくって、攻勢に転じての荒々しい殺陣は本格派として台頭。

担当者はずっと前に確かシネ・ウインドで勝新太郎が亡くなった後の、
カツシンオールナイトで近衛十四郎が敵役として登場する『座頭市血煙り街道』を観賞したことがあり、
クライマックスの大立ち回りで座頭市を有無を言わせずに追いつめた凄みが強烈に印象に残ってました。

今回、「あかんやつら」を読んだ後に近衛十四郎の作品はないかとTSUTAYAに行ったら
観たかった『忍者狩り』はない代わりに『十兵衛暗殺剣』があったので借りて見たら、
これが湖の忍者(?)湖賊との対決や奇天烈な武器が登場しながらも、かなり滅滅とした仕上がりで
一番印象に残ったのは悪役でめっぽうかっこよい大友柳太朗とのラストの一騎打ちで攻められたあげくに悲鳴をあげる姿。
いちおう主役で剣豪であるにも関わらず、かなりみっともない姿だったので呆気にとられてしまいましたが、
そのぶん生きるか死ぬかという切迫した心情を表してるのが、
単純なヒーロー像と明確に違うといえやがて
機転を利かして一斬りで仕留める柳生十兵衛=近衛十四郎にようやく溜飲がさがる思いにさせられました。
確かに明朗な活劇のチャンバラ映画とは違った印象を持ちました。
(画像のポスターを見たらどっちが主役で悪役なのか迷うような気も)

ご年配の方が近衛十四郎についてノスタルジーとともに思い入れあって話す姿をよく耳にしますが、
思えば長岡出身の映画スターとして真っ先に名前があがり、
時代劇マニアにとって最強の剣豪として幻想が膨らむ存在でありながらも、
現在はやや忘れられてる存在かもしれません。

担当者も今回『栄光の黒豹』の目黒祐樹と長岡の関わりに思いを馳せる中で、
自然と剣豪・近衛十四郎の存在が強く浮かんできました。
ちなみに最初の芸名が“長岡秀樹”だったそうで、
そんなに長岡に強い思いがあるのならば、これからも近衛十四郎を探していきたいと思いました。
特に「あかんやつら」で“狂気”として紹介されてる『忍者狩り』はぜひ見たいと。

-----------------------------------------------------------

『栄光の黒豹』

監督:市村秦一 脚本:石森史郎
出演 森田健作/ 目黒祐樹 / 生田悦子/尾崎奈々/奈美悦子/江夏夕子/弘田三枝子/赤座美代子/財津一郎/笠智衆/南洲太郎/佐野周二

*ロケ地 長岡東中学校/旧中越高校グラウンド(現・長岡大学)/長岡観光会館 他

作品時間 86分、 カラー
配給:松竹、製作:松竹、 昭和44年公開

*日時 2016年6月11日(土)
①11時~     ②13:30分~

*会場 長岡市立劇場 (新潟県長岡市幸町2丁目1番2号)

*入場料 前売 1000円、 当日 1500円

*プレイガイド アオーレ長岡3階ながおか市民協働センター/長岡駅文信堂書店/長岡市立劇場/カーネーションプラザ(長岡市)シネ・ウインド(新潟市)

◎上映後 15時20分~ 35mm映写機に触れるワークショップを開きます。
ご希望の方は問い合わせ先までお申し込みください。(先着10名)

*実行委員(ボランティアスタッフ)随時募集中。

主催・問い合わせ・ワークショップ申込先
長岡アジア映画祭実行委員会! 
電話09045204222 
mail nagaokatsukurukai@gmail.com
HP http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/
スポンサーサイト

| 未分類 | 15:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1123-f51a73d3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT