長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

北村皆雄監督 「放浪と遊行芸人たち」

2014年の長岡アジア映画祭・プレイベントにて上映した『ほかいびと』
放浪の俳人・井上井月をテーマにした長岡ロケ映画『ほかいびと』で
北村皆雄監督もお越しいただきお話をされました。
その北村監督より「放浪と遊行芸人たち」三部作が
今夏、ポレポレ東中野にて上映されるとご案内のメールが届きましたのでご紹介します。
『ほかいびと』の上映はもちろん、トークゲストの顔ぶれも豪華です。



関係各位

皆々様にはお変わりなくお元気にお過ごしでしょうか。
小社はす向かいの新宿花園公園から初蝉の声が聞こえてきました。
梅雨明けは間近かのようです。 
さて、本日は、「放浪と遊行芸人たち」を特集するドキュメンタリー映画三部作
の上映と多彩なゲストをお招きしてのトークセッションのご案内です。この機会を
ご友人、知人に広く周知いただき、ぜひともお誘いあわせの上ご高覧くださいます
ようお願い申し上げます。



               監督:北村皆雄 制作:三浦庸子

                   ヴィジュアルフォークロア

160-0022 東京都新宿区新宿1-12-12 オスカカテリーナ3F

Tel:03-3352-2291 Fax:03-3352-2291 Email:info@vfo.co.jp HP: www.vfo.co.jp



●「見世物小屋」(1997)は封切以来再上映を重ねてきましたが、その度に今は消えてしまった不思議世界がますます懐かしく尊く思われる作品。
トークでは、いとうせいこう氏が、最後の名泣きタンカ師、春子さんから語りの諸芸を引き出しつつ、見世物小屋の世界に迫ります。

★「ほかいびと」(2011)は初上映されるや俳句界で井月ブームが巻き起こり、海外でも好評を博しました。
田中泯の異彩を放つ井月ぶりと相まって、伊那谷の四季折々の自然と風土、そこで繰り広げられる豊かな祭や行事の
貴重な記録が井月の句の世界を実感させるユニークな作品です。
トークゲストに俳人の石寒太氏を迎え、北村監督と井月に連なる「放浪の系譜」について語り合います。

▲「冥界婚」(2016)は撮影から17年が過ぎていましたが、韓国の客船セウォル号沈没事故の悲劇を受けて完成させることになりました。
韓国東海岸のムーダンが司祭した死者同士の結婚式で、受け入れ難い悲劇に直面した家族の心を救う儀礼と芸能者集団のパワー全開の貴重な記録となりました。
トークゲスト夢枕獏氏の質問に答えるのはムーダン研究の第一人者である崔吉城(チェ・キルソン)氏。

* 前売券は直接販売の他、上記メール、電話、ファクスからもお申し込みいただけます。
* 8月20日(土)、21日(日)、22日(月)は<上映+トークセッション>のセット券
* 8月23日(火)、24日(水)、25日(木)、26日(金)はタイトル指定の上映券です。

===================================
↓詳細はこちらを。
http://blog.livedoor.jp/vfos/archives/8515819.html
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1198-0ea7969e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT