長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

是枝裕和監督 『いしぶみ』



配給会社・東風より『標的の村』上映会を開いた各団体へ、
ということで映画『いしぶみ』の紹介の周知依頼と自主上映会のご案内のDMが届きました。
正直、上映会を開きませんか、というお誘いはこちらへはほとんど来ないので嬉しく思い、
紹介するなら8月15日という特別なこの日だろうと思い紹介します。

是枝監督はドキュメンタリー畑の出身ですが、Coccoをテーマにした『大丈夫であるように』に続いて
ドキュメンタリーとして二作目の劇場公開作だと思います。
語り部を務める綾瀬はるかが広島出身と知り、意義深く思いました。

=================================

碑いしぶみに刻まれた旧制・広島二中の一年生321人
幼くしてこの世を去った彼らが最期に残した言葉とは―

昭和 20 年 8 月 6 日は、朝から暑い夏の日でした。この日、広島二中の一年生は、建物解体作業のため、朝早くから本川の土手に集まっていました。端から、1、2、3、4・・・と点呼を終えたその時でした。500 メートル先の上空で爆発した原子爆弾が彼らの未来を一瞬にして奪ったのです。少年たちは、元気だった最後の瞬間、落ちてくる原子爆弾を見つめていました。 あの日、少年たちに何が起こったのでしょうか…。


『いしぶみ』公式HP
http://ishibumi.jp

=================================

映画『いしぶみ』は8月18日までシネ・ウインドで公開されてます。
スポンサーサイト

| 未分類 | 10:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1232-4ce624ef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT