長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やがて風は吹くだろう



五藤利弘監督の新作『レミングスの夏』について製作会社のオムロ代表の方に電話をしました。
用件を終えてあわせて「第2回長岡アジア映画祭」で上映した映画『HOBOS』を貸していただいたお礼を今更ながらしました。
当時はシネ・ウインドを通して上映依頼をしたので代表の方とは初めて会話をしました。

それで『HOBOS』は長岡出身のミュージシャンTSUNTAさん主演作。
共演にあがた森魚、ブレイク前の片岡礼子が顔を揃える野心作なのですが、
後に『虹の女神』『君に届け』などの青春映画を大ヒットさせた熊沢尚人監督のデビュー作。
ストリートミュージシャン役というTSUNTAさんがそのままの姿で
トーキョーのアンダーグラウンドを足掻きながら闊歩する人々の人間模様を描いており、
いまだにラスト、ストリートで名曲「やがて風は吹くだろう」を熱唱するTSUNTAさんの姿が忘れることができずにいます。

「第2回長岡アジア映画祭」では上映とともにTSUNTAさんのライブも決行し、
熊沢尚人監督も自腹でお越しくださいました。

五藤監督とTSUNTAさんの共通点は二人は長岡向陵高校の先輩後輩。
それが五藤監督作『レミングスの夏』、TSUNTAさん主演『HOBOS』と二人が大きく関わっている映画を製作したのが
このオムロというのは、あんまりない偶然のようで面白い話だと思ってます。

『レミングスの夏』の音楽は同じく長岡出身スネオヘアーさんでもちろん楽しみなのですが、
いつの日か機が熟した時に五藤監督作にTSUNTAさんの音楽が流れることも望んだりしてます。

長岡ではビデオ1要町店に以前『HOBOS』のVHSがレンタルされてましたが、
今はどうなのかわかりません、見つけたら手に取ることをお勧めします。

オムロ http://www.omuro.co.jp/

TSUNTA公式HP http://www1.odn.ne.jp/tsunta/framepage2.html
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1272-6ecf2e67

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT