長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

心情の敵対者としての精神 ~大崩にて15~



「こんな大変な稲刈りは初めてだ」

小林茂監督『風の波紋』の主人公・木暮さんがぼそりと刈った稲をはざがけしながら呟いてました。
大崩のご主人宅の稲刈りに今年も参加。
というかついこの前に田植えをしたばかりだと思ってましたが、
もう実りの秋ということで山の上の集落にある大崩は平地よりも少しズレて稲刈り
この日は曇天だったとはいえ、数日間台風の影響による大雨の影響で田んぼはぬかるみ、
さらに風のせいか稲は倒れており、
コンバインを使わず手で刈ることにこだわるご主人を手伝いに仲間が10人ほど集まりましたが、
ぬかるんだ田んぼに皆さん悪戦苦闘、田んぼのプロフェッショナルである木暮さんでさえ、
冒頭の言葉を吐くぐらいだから余程のものと想像できるかと思います。

担当者はご主人宅の稲刈りはいつも晴天なので今回は普通の長靴でいいかと持参したら、
全く役に立たず結局またもはだしで皆さんが刈った稲を運んではざがけ作業に終始してましたが、
いやはやぬかるみを一歩一歩進むのはホントに気力と体力がいるものだと思いました。

いつもなら一日ですべての田んぼの稲刈りが終わるのが、
この日は四分の一しか捗らず、残りはご主人が今日も明日も稲を刈るそうです。

木暮さんの顔は全国区となりながらも、そんなことは少しも気にかけず、
そんな性格だから小林監督が被写体に選んだと思いますが、
雑談の中で沖縄の問題に大きな関心を寄せているようでした。
世俗と離れた里山暮らしかと思いましたが、
かつては報道カメラマンとして世界をまわったジャーナリストでもあるので、
常にアンテナを張っているようでした。

また木暮さんの住み『風の波紋』の舞台となってる松之山・中立山集落では
今年移住した若夫婦(手伝いに来てました)が近々出産を控えて、
この集落では50年ぶりの赤ちゃん誕生に沸いてるようでした。
産まれたら花火でも打ち上げるのではないかと。

今年の稲が倒れた理由に稲穂が実りすぎて重みに耐えきれなかった
ということは今年の田んぼは豊作のようで、
泥だらけになりながらも「いい勉強になった」とご主人は話してたのはらしいなと。

作業を終え、温泉に浸かって一晩泊まらせてもらいましたが、
全く歯ごたえはなかったでしょうが、
お酒の相手をしながらご主人の声に耳を傾けておる頃、
夜空には巨大なヘラクレス座が覆うように大崩を照らしておりました。

ちなみにこの日に手伝いに来た人に『ある精肉店のはなし』上映会チラシを渡したら、
ご主人、小暮さんも含めて半数が『祝の島』を観たそうで、
担当者の紹介先はやたらと『祝の島』を観た確率が高くずいぶんと偏ってると思いました。

件名はご主人が今読んでいる哲学書のタイトルです。

=====================================

『ある精肉店のはなし』上映と纐纈あや監督トーク

*日時 2016年11月26日(土)
①10時30分~ 『ある精肉店のはなし』上映 (108分)  
  12時20分~ 纐纈あや監督トーク(30分)

②13時30分~ 纐纈あや監督トーク(30分)         
  14時~ 『ある精肉店のはなし』上映 (108分)

*会場 アオーレ長岡市民交流ホールA  

*入場料 前売 1000円、 当日 1200円 高校生以下 500円

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!/ 長岡市男女平等推進センター
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
Blog http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

『ある精肉店のはなし』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=y7Rl-dyh_U0
『ある精肉店のはなし』公式HP
http://www.seinikuten-eiga.com/ 
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1275-3a28b0d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT