長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

A DAY IN THE LIFE



アオーレ長岡3階で諸々の準備を終えて、市民協働センターにチケットを依頼してから
『ある精肉店のはなし』のチケット配布とポスター張りに出発。

近隣の震災アーカイブセンターに立ち寄ってポスター、チラシを依頼。
ここで山古志にある牛舎について職員の方に尋ねることが。
山古志の闘牛はてっきり、いづれ肉牛となるのではと思ってたら、
そうではなく闘牛は闘牛として生涯を全うし、
食肉用の牛はきちんと飼育されていると。
それで牛絡みでもあるので肉牛は山古志で屠畜されるのかと聞いたら、
どうもその辺はよくわからないようなので、
これは久しぶりに紹介がてらに山古志に行くような予感が。

その後にカーネーションサークルにチケットとポスターを依頼して
アオーレにいちばん近い精肉店に映画の紹介。
ご主人はとても感心を持ってくれたようで、
ポスター掲示をお願い。

続いて大手大橋を渡ってハイブ長岡へ。
ここでもポスター掲示を依頼したものの、
本命はこの時間にちょうどイベントでRYUTistのライブがあるのでヲタ活。
意外と新潟からのヲタさんはあんまりいないなと思い、
ののこさんは相変わらずお美しくて満足。

今度は長岡造形大学に行ったものの日曜なので職員も先生もおらず、
ビューラ先生の研究室の扉のレターボックスにチラシを何部か置いて後に。
映像を学んでる学生の皆さんに、ぜひ纐纈あや監督のお話を聞いてほしいと思うけど、どうなんだろかと。

途中、ポスターを原信でカラーコピーしてリリックホールへ。
ここでもチケットを依頼しようと事務所の扉を開けたら目の前に長岡市立劇場の館長が。
現在、市立劇場は休館中なのでこちらで働いてるそうだけどちょっと驚く。

夕飯はお世話になってる尾道ラーメン七鐘屋へ行って豚飯を食す。
食べ終えたらご主人が来て「近況どうなの?」と尋ねられたので、
こちらのご主人はギター弾きでもあると思い昨晩ビートルズの映画『EIGHT DAYS A WEEK』を観たことを話してからロック談義に。
こちらは弾くこともできないので演奏できるだけで尊敬してしまう。

その後はまた大手大橋を渡って(チャリです)長岡市立中央図書館へポスターの依頼と次回上映会の日時をチェック。
随分と渋い映画をやるんだなと思って長岡駅の文信堂書店へ。

ここの店長はビートルズファンを超えてもはや研究者と言っていいくらい精通してるので、
『ある精肉店のはなし』を一通り終えて『EIGHT DAYS A WEEK』の話へ。
店長はもちろん観たそうで細かい点を注視していろいろと教えてもらう。
当時のジョン・レノンがライブでキーボードを弾くのを初めて見て驚いたと話したら、
そんな珍しい話ではないそうで、日本武道館でのライブでも結局弾かなかったけどピアノはセッティングされてたそう。
その日の気分で弾いたりしてたなんて話は中でも面白かったです。
たぶんずっとビートルズについて話せただろうけど、
サスガに店長相手にそこまではできず、
チケットの売り上げを左右する場所にぜひポスターの掲示をしてくださいとお願いをしました。

最後にアオーレでまたちょっとした作業の後にキャラメルママに赴いたらシャッターが閉まってたので、
チケット配布はまたこの次にと思って帰宅。

そういえば『A DAY IN THE LIFE』も『EIGHT DAYS A WEEK』で流れてたと思いながら帰路に。
これがこの日の『一日の生活』でした。

画像は七鐘屋の豚めしとサスガに尾道ラーメンのお店なので『時をかける少女』の公開当時のパンフレットが!
大林監督は当たり前だけど若かった。
スポンサーサイト

| 未分類 | 14:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1282-ec828031

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT