長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT



http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1306.html
↑こちらの新潟県内ロケ映画『田吾作どんのいる村』長岡上映会に足を運びました。

新潟市出身の猪浦直樹監督は上映後のトークの中で十日町や津南などの妻有地区の風景が大好きで、
ずっとロケハンをしていたいほどだと話してたのが印象的、
それだけに『田吾作どんのいる村』はこの地域の美しさがめいいっぱい描かれ、
時に溺れてるけらいも感じたりしたほどでした。

ただ担当者が驚いて観ていたのが併映の2012年作の短編『彼』でした。
同じく十日町を中心に撮影されてる本作は有り触れた青春映画として幕開けしながら、
奇想天外な展開が突如沸き起こったのに、
主人公はそんなことを忘れたかのような平穏な日常を生きていくという結末となり、
猪浦監督は自らこの日、受付をしていたのですが、
知らないで観たらまるで初めてキャメラを廻した20代の若者が撮ったような初々しい魅力がありました。
監督の子ども世代の話を語る様が持ち味ではないかと思いました。

『彼』は三谷幸喜監督、それに東條政利監督の撮影を務めた高間賢治撮影監督が、
『田吾作どんのいる村』は最近の周防正行監督の撮影を務め本作の完成前に亡くなった寺田緑郎撮影監督が手がけるなど、
一級のキャメラマンと組んでるのも自主映画界で際立ってると思いました。

ただ質疑応答の中で『田吾作どんのいる村』の制作費を聞かれ、
返答した額を聞いてやはり映画つくりって大変だなぁ、と思っておりました。

猪浦監督と長岡ロケなびの方のご好意で、この夜のお客様に『ある精肉店のはなし』のチラシを渡していただきました。
ありがとうございます。

『彼』『田吾作どんのいる村』の上映会は今後、

11月12日 クロスパルにいがた映像ホール
14時~、16時~、18時~、20時~

11月26日 高田世界館
19時~

いづれも当日券のみ800円

お問い合わせは 電話09018107925(猪浦)
スポンサーサイト

| 未分類 | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1318-757be7a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT