長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

被写体が大切にしてきたもの、大切にしたいものを撮りたい



『ある精肉店のはなし』を上映するにあたって配給会社から資料を送られてきたと、
以前に書きましたが、その半分は新聞などに掲載された纐纈あや監督のインタビューでした。
改めて映画監督は新作が公開されるたびに膨大な取材を受けるんだなぁ、
宣伝とはいえ大変に思いましたが、その取材のどれも纐纈監督は笑顔で応えています。
やはり自作が観客に観てもらえるのは格別なものがあるんだろうと思いました。
ネットでも検索したら何件かヒットしたのでURLを貼ってご紹介します。

*「食べる」ことは、人が「生きる」こと 映画『ある精肉店のはなし』
TOKYO人権 第61号
http://www.tokyo-jinken.or.jp/jyoho/61/jyoho61_interview.htm

 "屠畜の仕事をしていると話すと、「かわいそうで、よう見れんわ」「残酷ちゃうん」とよく言われるそうです。仮に“残酷”と言うならそれを食べている自分に対して“残酷”と言っているのと同じはずです。”

*映画「ある精肉店のはなし」の監督、纐纈あやさんに聞く屠場「いのちを食べて人は生きる」【Woman's Story】
The Huffington Post
http://www.huffingtonpost.jp/2013/12/04/hanabusa-aya-eomans-story_n_4388338.html

"私の場合は、大きな牛を相手に命がけで働く彼らを目の前にした時、素直に『ありがとうございます!』という思いがこみ上げました。だって、私たちが食べるお肉です。本来ならば自分ですべきことを、ずっとやって下さっていた方たちがいたんだ……と感じたんです”

*命のリレーの尊さ感じて 「ある精肉店のはなし」 監督・纐纈あやさんに聞く
NIKKEI STYLE
http://style.nikkei.com/article/DGXNASDJ2700J_X21C13A1000000?channel=DF260120166507&style=1

"日本映画監督協会の崔洋一理事長は「厳しくも神々しい命のリレーの尊さを教えてくれた」と評価する。”

●『祝の島』に続いて纐纈監督のキャメラを担当し、これを機にテレビ局社員からフリーとなった大久保千津奈撮影監督のしいインタビュー。
テレビとドキュメンタリー映画の違いなど興味深いです。
*そこにあるのは生きて暮らしている日常の景色~「ある精肉店のはなし」
大久保 千津奈さん(カメラマン)
http://www.mammo.tv/interview/archives/no330.html

"女性たちが牛がノッキングされるまで後ろで見守っていて、そのときのみんなの緊張の面持ちがすごかった。それはわずかな時間だったけれど、その表情が撮れたことで緊張感が伝わるシーンになったのではないかと思っています。”

●纐纈監督が自身のブログで紹介してた上村崇氏の映画評。
『阿賀に生きる』の佐藤真監督の言葉を引用して批評してます。

映画評『ある精肉店のはなし』
「おはなし」を喚起する力
http://yashihofilms.com/diary/3743.html

"「ドキュメンタリーもフィクションである」
こう喝破したのは映画『阿賀に生きる』(1992年作品)で生活者の視点から新潟水俣病を描き出したドキュメンタリー作家、佐藤真である。”

====================================

『ある精肉店のはなし』上映と纐纈あや監督トーク

*日時 2016年11月26日(土)
①10時30分~ 『ある精肉店のはなし』上映 (108分) 日本語字幕付き  
  12時20分~ 纐纈あや監督トーク(30分) 手話通訳あり

②13時30分~ 纐纈あや監督トーク(30分) 手話通訳あり         
  14時~ 『ある精肉店のはなし』上映 (108分) 日本語字幕付き 

*会場 アオーレ長岡市民交流ホールA  

*入場料 前売 1000円、 当日 1200円 高校生以下 500円

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!/ 長岡市男女平等推進センター
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
Blog http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/
『ある精肉店のはなし』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=y7Rl-dyh_U0
『ある精肉店のはなし』公式HP
http://www.seinikuten-eiga.com/ 
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1335-23d7ff5f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT