長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

♪ Chan Chan

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

昨日に続いてカストロ絡みでキューバのはなしなんですが、
2000年7月15日に市民映画館をつくる会主催で長岡市立劇場にて上映会を開いたのが『ブエナビスタソシアルクラブ』。

すでに忘れ去られたキューバの老ミュージシャン達とのセッションをしていた
ライ・クーダーとともにキューバを訪れ記録したヴィム・ベンダース監督の大ヒット作。
カストロもゲバラも闊歩したハバナを中心に撮影されてます。

とはいえいくらシネマライズ渋谷でロングラン大ヒットしたといっても、
ここ長岡ではどう宣伝展開していいかわからず、
それ以前に担当者はまだ音楽ドキュメンタリーの熱心な観賞者ではなかったためか、
この作品の魅力を伝える力を持ち合わせてなかったのが正直なところでした。
事前に大ヒットしたアルバムを購入し、大変気に入りリピートを繰り返し聴いていたにも関わらずです。

今ならばライブシーンだけでなくカストロ政権下の庶民の姿や街並みにも括目したり、
ミュージシャン各々の人生模様にも大変興味を覚えたことでしょうが、
本当に勿体ない話でした。

上映後に覚えてるのは当時、長岡にあった伝説の東南アジア料理のお店"GANESH"の店主とその奥様が観にきて下さり、
作品を大絶賛していたことでした。
音楽に造詣深く、ご主人は実際にミュージシャンでもあったので、
なるほどなぁ、やはり音楽好きの方々にもっとアピールしておけば良かったと。
きっと今ならもうちょっとうまくできるように思いましたが、やはり勿体ない上映会でした。

しかしその後、『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』とか『ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム』『ザ・フー:アメイジング・ジャーニー 』『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』等々、今年も『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK 』が公開されればいそいそと観に行ったりと、ロック方面のドキュメンタリーに関心が高くなり、ミュージシャンだけでなく、その背景にも興味深く観たりするのは『ブエナビスタソシアルクラブ』がいまひとつの上映会だったことの反動があるかもしれません。
そんな意味で今、見直したら当時と全く違う映画として観たりするんだろうなと思ってます。

Buena Vista Social Club 'Chan Chan' at Carnegie Hall
https://www.youtube.com/watch?v=UXwLBS3yUkA
↑久しぶりに聴きましたが、やはりステキな曲です。
スポンサーサイト

| 未分類 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1348-8eae65c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT