長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

食に関してこれほど深く考えたのははじめてで 『ある精肉店のはなし』お客様の感想 その二

昨日に続いて『ある精肉店のはなし』お客様の感想、今回は高校生の感想を抜粋して掲載します。ありがとうございました。



*命の大切さを学んだ。これからは意識を高め感謝を忘れずに行動していく!!!!

*本当に人の口に入るまで、さまざまな人の活躍があるんだなぁと思いました。

*誰かの命をもらっていることを改めて感じた。

*自分が生きていくためには命を食べないといけないことを気付かされた。
これからはもっと食べ物を大事にしようと思った。

*食べることは「命を頂く」ことなのは知っているけど、改めて本当に感謝をしなければならないことだと思いました。
作品的には、ありのままを出すことで本気度が伝わりました。
今日はありがとうございました。

*食に関してこれほど深く考えたのははじめてで、とても良い経験になりました。

*映画を見て、より食を大事にしようと思いました。

*改めて命の大切さ、食に関して深く考えることができた。
屠畜される方の「情」がよくわかった。

*食に関しての意識が上がった。

*「食べる」ということについて改めて考えることができた。

*改めて食について深く考えさせられた。

*食べることに関してかなり真剣に考えて見ることができました。
実際の映像だったのでリアルに感じました。

*命の大切さ、その命をさばいてくれる人がいるという事をまた改めて知りました。
自分は食べることしかできないですけど、この映画を見て命をもらってる、その生物の命をさばく人がいる。
このことを忘れないで食事したいです。

*命の大切さを分かりました。
今後、自分が命にたいしてどう向き合っていくかを考えていきたいです。

*命をいただくことの重要さを学んだ。

*自分は今まで何気なく食べていたのがもうしわけなく感じた。

*命、食物の大切さ。

*命の大切さを改めて知った。
長い歴史の中で幕を閉じることはとても辛いことだと思った。

*いのちの大切さが分かった。
食にたいして感謝しなければならない。

*命の大切さを感じた。

*命の大切、人が生きていることのつらさ、楽しさを作品を見て思った。
トークを聞いて想いがあれば行動にでると知った。
口先だけで言ってることは行動に絶対出ないんだと思った。

*差別や偏見はまだ世の中にあるかもしれないが、
それに立ち向かっている人は今も頑張っている中で、
自分達もどこかで偏見や差別をしているかもしれないと自覚して、
これからも周りの人間を大切にしたいと思った。

*映画を見て、自分が生きていることは一つの命が絶っているから、生きていれると思った。

*命の大切さを知りました。

*衝撃の連続でした。
このような過程で自分の元に届くと思いました。
命の大切さ、食の感謝をもう一度改めたいと思った。

*牛の命が絶たれる所が残酷だった。
しかし人間はその命をもらって生きていることを実感した。

*命をいただくというものの大切さを改めて実感しました。
牛に対するありがたさを、とじょうに働いてる人たちに感謝していただきたいです。

*映画監督さんの熱意が伝わった。
深く考えさせられる話だった。

*この映画を見てあらためて食への感謝の気持ちが分かりました。

*命についてあらためて知った。

*とてもためのある映画・トークでした。
心に残して行きたい。

*僕も食事をしている中で食べ物ができるまでの過程を考えたことがありませんでした。
この映画で初めてお肉ができるまでの過程を見ました
こんなことをしているのかと思いました。
食事を残すということがあらためてしてはいけないことだと思いました。
自分の命はつながれていることなので、これからの食事は大切にしていきたいです。

*食に関する物の大切さというものを感じました。
自分も話にあったように大切にしたい。
生き物の生命への感謝というものを学んだ。

*食の価値観など、たくさんの考え方が変わりました。
あやさんお勇気と挑戦する気持ちの感動しました。

*命の大切さを感じることができて、この作品で普段の食への感じが変わった。

*食は、命をいただく。
ために「食」に関して深く考えられました。

*とても内容が深かった。
食に対してありがたく思った。

*食に対する感覚が変わった。

*とても命の大切さや、食べ物の大切さを知った。

*監督のトークを聞いて、改めて「食」について考えさせられた。

*自分が今生きていられるのいのちを食べているからだと改めて思った。
普段できない貴重な経験ができて良かった。

*今まであまり意識してなかった部分を見ることができました。
色々考えさせられました。

*とても食に関して命の大切さを学びました。

*普段見られないような物が見ることができて、貴重な体験ができた。
これからは少し食べる時に気をつけて食べるようにしたいと強く思った。

*自分が今、生きられているのは特別な人が特別な作業をし
牛が命を提供してくれているからなんだと思いました。

*今まで何も考えずに食べていたものにもうしわけないと思った。
食に感謝していきたい。

*すこし残酷なシーンがあり、ショックを受けた。
これから食事をする際は、この食べ物を食べれているのは、
さまざまな方の努力があるから食べれるんだなと感じながら食べていきたいです。

*食べるうえで命をいただくことはとても大切。

*命に対してどれだけ多くの人が関わっていることを深く知りました。

*割るということに衝撃をうけた。
命を大切にしようと思った。

*とてもためになりよかったです。

*食についてとても大切なことがわかりました。

*あらためて食に対する意識がかわった。

*普段、出回っている牛のことについて深く知れた。
食について見直していきたい。
またいただきますという感謝を忘れないでいたい。

*命についてあらためて考えさせてもらいました。

*差別はまだ現実にあるのだとおもった。

*とじょうというものを初めて知って、食べるものには命があることを改めて知ることができました。

*これまで見てきた講座の中で最も深い話だった。

*考えさせられる話だと思いました。

*食に関して意識を高めることができる良い機会だった。

*いつも食べている牛肉豚肉がとじょうというやり方で自分たちに来ているとわかった。

*命をいただく重要性を学んだ。

*命、人権に対して考えを深められた。

*命に関してよく考えることができた。

*すばらしい講話でした。

*大変さがわかった。

*命だけでなく差別のことも考えることができました。

*誰の命をもらって生きていることを改めて感じました。

*ありのままがでてきて本気が伝わった。

*「自分が伝えるときに表すのが言葉」がとても印象に残りました。

*自分たちが生きるための仕事を差別したりするのはいけないと思った。

*とても良い経験ができました。感謝して食べたいです。

*ノッキングの場面があったりして驚いたけど、命をいただくという本当の意味が分かった気がします。

*命について深く表現されたいい映画でした。自分の生活を改めたいと思いました。

*映画に対する監督の気持ちを理解できた。
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1353-26d98852

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT