長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

寿屋旅館も消え去っていた。



永六輔さんがその昔、講演に来た際に長岡駅で降りてすぐの寿屋旅館を目にして
「長岡って面白いですね、街の顔というべき駅前にこんな旅館があるなんて」と
枕で褒め殺ししてから本題に入った、なんて話を聞いたことがある寿屋旅館が
奇しくも永六輔さんが亡くなった年に幕を閉じてしまうとは…

先ほど長岡駅前を通ったら、もはやそこにあって当たり前の佇まいとして駅前に君臨していた寿屋旅館が跡形もなくなっていました。
数日前からシートで覆われていたのでまさかリニューアルというわけではあるまいと覚悟をしていましたが、
シートが外されたらすでに更地となっていました。

同じく長岡駅前の老舗の酒小屋も今年はご主人が亡くなり廃業となってさびしい思いをしましたが、
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1300.html
駅前最後の砦として期待されていた寿屋旅館もあっという間に消えてしまうとは。
大手通り十字路の果物屋さんのふじさわも移転してしまい、
老舗が立ち行かなくなった現実をここで感じたりします。

寿屋旅館の凄いのは担当者の周りに誰も宿泊した人、ばかりかあそこに泊まったという人さえ聞いたことないこと、さらに玄関が開いたことさえ見たことなく幻想が勝手に広がっておりました。
確かに永さんの言うとおり、こんな旅館が長年、長岡駅前に鎮座していたことはある意味奇跡、それだけ無くなったというリアルは幻像も立ち行かなくなってしまったことかと。

第15回長岡アジア映画祭で上映作『あぜみちジャンピンッ!』の宣伝で長岡入りした西川文恵監督は好奇心旺盛で
酒小屋のモツ煮込みに舌鼓を打ち、
寿屋旅館の話を聞いて興味を抱き、すぐさま宿泊希望の電話をしたら満席で断られてしまったそうです。
それを聞いて「んなわけねーだろ」と突っ込みを入れてたのも思い出話に…
スポンサーサイト

| 未分類 | 13:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1365-0e107740

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT