長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「世界が食べられなくなる日」in et cetera




“2009年、フランスである動物実験が極秘に開始された。それはラットのエサに遺伝子組み換えトウモロコシ、農薬(ラウンドアップ)を、いくつかの組み合わせで混ぜて与えた長期実験だった。実験期間は2年、ラットの寿命に相当する期間である。

現在、市場に流通している遺伝子組み換え食品の安全基準は、ラットに遺伝子組み換え作物を3ヵ月間与え続けても問題がないという実験結果をもとにしている。人間の寿命を80歳とすれば、ラットの3ヵ月は人間の10歳に相当する。分子生物学者、ジル=エリック・セラリーニ教授が行ったこの世界で初めての実験は、2012年9月に専門誌に発表され、フランスをはじめとしてヨーロッパ諸国、そして世界中に大きな波紋を投げかけた。”

「モンサントの不自然な食べもの」でもテーマとして大きな反響となった“遺伝子組み換え食品”
その是非を巡っての、また衝撃的なドキュメンタリー映画「世界が食べられなくなる日」が、
当会がお世話になってる柏崎のカフェ“et cetera エトセトラ”で上映されますのでご案内します。

日時 2013年10月20日(日)10:30~、13:30~
会場 et cetera

【入場料】1000円(茶菓付き)
【お問い合わせ先】
TEL:0257-21-8558
Mail:etceterasince2006@i.softbank.jp
【主催】
et cetera

「世界が食べられなくなる日」 HP http://www.uplink.co.jp/sekatabe/
スポンサーサイト

| 未分類 | 01:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/137-b2f5942c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT