長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

両方の手に持っている宝物



担当者は長岡ロケなびの正会員でもあるので
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1356.html
↑こちらの長岡ロケなび映画祭2017のお手伝いに参加し、
『戦場ぬ止み』長岡上映会の仮チラシをお客様に配布させていただきました。
ありがとうございます。

この日のメインゲストは長岡ロケなびが支援し栃尾でも撮影された『ベトナムの風に吹かれて』の上映とともに、
痴呆老人を演じた草村礼子さんのトーク。
大寒波の中、お越しいただきました。

もちろん『Shall We ダンス?』のたまこ先生でありましたが、
このたまこ先生とともに『ベトナムの風に吹かれて』で演じたシズエさんが
「両方の手に持ってる宝物」と語るように、自身の代表作と認識しているようでした。

トークで印象に残ったのは見える範囲で会場のお客さんの顔を見つめながら話してたことで
「私は映画の上映の後のこんなライブでうんうんと頷いてるお客さんを見るのが大好き」と
話し終始楽しいトークで参加してよかったと思いました。

トークでは撮影地のベトナムの思い出話を中心に話されてましたが、
ハノイではどこの家庭も家族で車座になってお年寄りを敬ってる姿を見てて、
懐かしい風景思い、
ベトナムのスタッフからは親戚のような扱いを受けたことを嬉しそうに話しておりました。

あちお相手を務めた制作会社代表取締役の岡田裕氏は大変博識ある方の印象を受け、
トークを聞いているうちにこの人はなかなかの人だと思い、
映画に出てくるベトナムの俳優たちは隅に映ってる人まで、
ベトナムでは高い地位に位置する俳優であることを教えてくださいました。

ちなみに劇中、ハノイの日本風居酒屋として登場するお店は実は、
新潟駅近くの赤たぬきとも教えてもらったので、
入ったことはないけど場所は知ってるので今度飲みに行こうかと思ったりと。

草村さんのお父様は松之山出身。
新潟米を人に勧めるときは「私が作ったお米」と呼ぶくらい新潟にとても思い入れがあるそうで、
長岡に来る前は「Shall we ダンス?」の出演がきっかけとなった、
ダンスのボランティア活動で新潟へ、
その後は従妹が住んでる糸魚川へと赴きお見舞いをしてきたそうです。
そんな新潟に縁のある方だとは知らなかったので、
これからも映画に登場したときは一層注目していこうと思いました。

=================================

3月11日(土) アオーレ長岡市民交流ホールA
『戦場ぬ止む』『大地を受けつぐ』上映会開催
スポンサーサイト

| 未分類 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1387-60d1f40b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT