長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三上智恵監督新作 『標的の島 風(かじ)かたか』 3月11日 沖縄、3月25日 東京公開



http://www.magazine9.jp/tips/thisweek/31913/
↑『標的の村』『戦場ぬ止み』に続く三上智恵監督が現在進行形の“沖縄”の姿を伝える新作『標的の島 風かたか』が完成。
試写会が始まり、公開は3月11日から沖縄・桜坂劇場、3月25日よりポレポレ東中野で、以後全国で劇場公開されるようです。

http://hyotekinoshima.com/
↑公式サイトからチラシがダウンロードでき、

“標的の島とは沖縄のことではない。それはあなたが今、暮らす日本列島のこと。”

とチラシのリードを読み

「県内でオスプレイ訓練 日米調整 3月に関山演習場」
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170118302651.html
↑オスプレイがついに新潟県内を飛ぶことを思うと、
昨年12月の沖縄での墜落は決して他人事ではないと言えるので、
沖縄だけの問題へと捉えてることへ三上監督は大きな危機感を募らせてると思います。

その危機感は『戦場ぬ止み』の中の国策に抵抗し弾圧される住民の姿に、
今は無関心に思ってる人たちがいづれこのような仕打ちを受けることへの危機感も含まれるハズです。

https://www.facebook.com/hyoteki.shima/
↑FACEBOOKではチラシ、ポスター配布の呼びかけを行っています。
ついでに3月11日の『戦場ぬ止み』『大地を受け継ぐ』長岡上映会のポスター、チラシの掲示、配布も快諾いただけるお店がありましたら、こちらにご連絡いただけましたら幸いです。
やはり、もうトシを実感し雪の中のポスター貼りもキツくなってきました。

あと長岡市・長岡市教育委員会より後援の承認が届きました。
前回の『標的の村』も随分と待たされたのですが、後援をいただいたことで長岡市は健全だとほっと胸を撫で下ろしました。
というのも某市は鎌仲ひとみ監督作上映会の後援申請を却下したと聞いて、おかしな方へ進んでるなぁと思ってました。

==============================

◎~沖縄・福島を観る知る3月11日~

会場 アオーレ長岡 市民交流ホールA

日時 2017年3月11日(土)

『大地を受け継ぐ』  公式HP https://daichiwo.wordpress.com/
 
*10時20分 ウィズコーション ライブ (長岡で活動する4人組バンド 上映前に福島への思いを歌います)
*10時35分 『大地を受け継ぐ』上映 (85分)
*12時~    井上淳一監督トーク(30分)

『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』 公式HP http://ikusaba.com/

*13時20分 『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』上映 (129分)
*15時30分~16時30分 講演「沖縄の現状と憲法」 
講師 馬場秀幸弁護士 (新潟県弁護士会)
*17時~ 『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』上映 (129分)

*入場料 1作品 前売 1000円、 
当日 1200円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生(学生証提示お願いします)以下 500円


主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1398-d6b37f4b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT