FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アトラクション型映画王国 名古屋  映画祭巡礼記外伝

・S東京特派員の映画祭巡礼記。
今回は番外編ということで、新潟にいると4DXやD-BOXなんて言葉は全く聞きなれませんが、
実は今、映画の最先端は東京でなく名古屋にあるという楽しいレポートです!

1255176_530352983718348_2014599425_n.jpg
イオンシネマズ大高 ロビーでD-BOXが体験できます

今年の4月に名古屋にある中川コロナワールドが4DXを日本で初めて導入しました。
4DXというのは映画の内容に合わせて椅子が上下左右に動き、風や水しぶきが顔にかかったりするシミュレーション型の映画館です。
椅子が動く映画館としてはD-BOXというものもあります。
4DXよりもD-BOXのほうが先に導入されていて、D-BOXが初めて設置されたのは名古屋のワーナーマイカル大高(現イオンシネマズ大高)。
2010年のことで、今ではイオンシネマズ港北(神奈川県)、春日部(埼玉県)の3か所でD-BOXで見ることができますが、この2つの上映方式を同時に体験できるのは日本ではいまのところ名古屋だけ。
アトラクション型の映像が好きな土地柄なのでしょうか…

1176288_530353853718261_920429524_n.jpg
109シネマズ名古屋 入口にはIMAXのロゴが入ってます

まずはイオンシネマズ大高で「マン・オブ・スティール」でD-BOXを見ることに。
イオンシネマズ大高は名古屋から東海道本線で17分の南大高駅を降りるとすぐ目の前のイオンモールにあるシネコンです。ものすごく便利。
シネコン内はまだ午前9時だというのに映画の日の日曜とあってチケット売り場は長蛇の列でした。
ロビーにはD-BOXの体験席がありモニターの画面に合わせて座席が動く様子を見ることができます。
事前にチケットは買っておいたので発券機で待たずに発券して入場。
このシネコン最大の10番スクリーンでの上映なのですが、このスクリーンは「ULTIRA(ウルティラ)」という名称で画質と音響の良さと巨大スクリーンが売り物で他の通常スクリーンよりも1ランク上の扱いなのも特徴。
料金もプラス200円。このULTIRAも体験したかったものです。なおすべての席がD-BOXの席というわけではなく、やや後ろのほうの中央1列がD-BOX席となっています。
D-BOXの動き方は戦闘機が出てくるシーンを除き特にシミュレーター的な動きではなく、アクションやエモーショナルなシーンを盛りたてるような動き。
劇場の内装も豪華で画質と音質もよいULTIRAでの鑑賞は「マン・オブ・スティール」をさらにすばらしいものにしてくれた様に感じました。
関東にもD-BOXありますが、D-BOX+ULTIRAがオススメだと思います。

1238810_530353410384972_108007512_n.jpg
中川コロナワールド 4DXスクリーン入口前の通路に貞子が…

次は中川コロナワールド。
ここは名古屋から市営地下鉄とバスを乗り継いで行かなくてはならず、地元の人以外にはちょっと不便なところにあります。実はここの4DXを見るのは今回が3度目で、今まで「アイアンマン3」と「パシフィック・リム」の3D版を見ています。
今回見たのは「貞子3D2」。
日本映画初の4DXでホラー映画なのも初めてなのでどんな感じになるのかと思ったのですがこれが大変すばらしいものでした。館内はもう遊園地のお化け屋敷状態。客席のあちこちから悲鳴があがるというホラー映画としては最高の環境で楽しめました。
今までいろんなホラー映画見てきましたが観客の悲鳴を聞いたのははじめて。
いきなりおどかすシーンなんかホラー映画ではありがちで慣れてる人は全然驚かないと思いますが、4DXではそれに合わせてとつぜん座席がドン!と動いたりしますからこれは怖いです。
いきなり椅子が動くなんてまさに怪奇現象。
しかも4DXはD-BOXよりもメチャクチャ乱暴な動き(ほめてます)。さらに水しぶきはかかるは、雷鳴に合わせて場内のストロボが発光したり、風が吹き荒れたりと座席以外の要素も加わるので、まるで画面の中に入り込んだかのような気分になってもうほんとうに楽しい体験でした。
「貞子3D2」を見てつまらないという人には、それは4DXで見てないからだ、といいたいです。
4DXの「貞子3D2」、最高でした。

さらにこの後移動して名古屋駅ちかくの109シネマズ名古屋でIMAX版「スター・トレック イントゥ・ダークネス」を鑑賞。IMAXは椅子が動くわけでもないですが、IMAXの特徴である天井から横の壁まで張られたスクリーンに映された映像は視界全面を覆うことでまさに映画のなかにはいったような没入感で、これも体験型の映画館といえるかと思います(あと音響もものすごくて、この音響と大画面の相乗効果がIMAXを特別なものにしていると思います)。

以上、アトラクション型のやや特殊な映画鑑賞を書いてきました。
遠くで行けないよ、という意見もあると思いますが、ディズニーランドに行くために東京に行く、大阪のUSJに行く、というのと同じぐらいに4DXのために名古屋に行く、というのもぜんぜんありだと思います。そこまでいかなくても名古屋観光のついでに行ってみるというのはどうでしょうか?

D-BOXについてはこちらを http://www.aeoncinema.com/dbox/pc/

4DXについてはこちらを http://www.4dx.korona.co.jp/
スポンサーサイト



| 未分類 | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/140-e620c4d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT