長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

~沖縄・福島を観る知る3月11日~  in アオーレ長岡市民交流ホールA

繧オ繝・_convert_20170310110756(C)「大地を受け継ぐ」製作運動体

高畑 勲(アニメーション映画監督)
どんなにひどい仕打ちをされても、怒っても、常にユーモアと笑いを忘れない沖縄の人々のたくましい“人間力”が心に迫る。こんなにも生き生きと体を張っているのに、辺野古の新軍事基地作りは冷たく“粛々”と進む。見ているうちに、本土の私たちが連帯しないでよいのか、という思いがこみ上げる。

http://ikusaba.com/comments/
↑市民映画館をつくる会が1991年『おもいひでぽろぽろ』を上映会を開いた際、高畑勲監督が舞台挨拶に訪れ、つくる会の事務所でお話されてる姿を担当者は見てました。
その高畑監督が『戦場ぬ止み』に“連帯”という言葉を使って寄せています。
沖縄の基地問題をなぜ長岡で?
という問いの中にあの日の高畑監督の姿と人間の尊厳をかけて闘ってる沖縄への人たちへの連帯をここで表明したいという思いがあったりします。

おとといのニュース23で放映されていましたが『戦場ぬ止み』にも登場する反対派のリーダー山城博治さんは今も不当拘留が続いてます。
基地反対リーダー勾留5か月、国際人権団体が批判
http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3001686.htm
現在進行形でさまざまな問題が起きている沖縄の一旦を記録した作品を上映することで連帯とともに知ってほしいと強く思ったりしてます。
映画とともに馬場秀幸弁護士からは2014年の沖縄県知事選以降の動きをオスプレイ墜落、ヒロジさん不当拘留もあわせて解説いただくことになってます。

また6年目の3月11日ということで『大地を受け継ぐ』を上映するのは、あの日からの日々を忘れてはいないか、と自戒を込めて上映します。
今はあの日の前に戻ったような錯覚がありますが震災後の停電、テレビに写し出された津波の猛威に原発事故と決して忘れられない思いをこの日、この映画を上映することで再びあの日抱いた思いと被災者への思いをおこがましいですが映画を通して共有できたらと思います。
井上淳一監督は各地でこの映画が上映されますが、あえて長岡を選んでお越しくださりお話しいただきます。

沖縄も福島の声も届かない現状があるかもしれませんが、あえてこの日に耳を傾けるような上映ができたらと思ってます。
どうぞよろしくお願いいたします。

=============================

◎~沖縄・福島を観る知る3月11日~

会場 アオーレ長岡 市民交流ホールA

日時 2017年3月11日(土)

『大地を受け継ぐ』  公式HP https://daichiwo.wordpress.com/ 
*10時20分 ウィズコーション ライブ (長岡で活動する4人組バンド 上映前に福島への思いを歌います)
*10時35分 『大地を受け継ぐ』上映 (85分)
*12時~    井上淳一監督トーク(30分)

『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』 公式HP http://ikusaba.com/

*13時20分 『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』上映 (129分)
*15時30分~16時30分 講演「沖縄の現状と憲法」 
講師 馬場秀幸弁護士 (新潟県弁護士会)
*17時~ 『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』上映 (129分)

*入場料 1作品 前売 1000円、 
当日 1200円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生(学生証提示お願いします)以下 500円

予告編 https://www.youtube.com/watch?v=BHsYI1H78HM&feature=youtu.be

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/
スポンサーサイト

| 未分類 | 05:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1443-ad4ebc1e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT