長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『「知事抹殺」の真実』 長岡上映会



http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1428.html
↑こちらで新潟上映会を紹介しましたドキュメンタリー映画『「知事抹殺」の真実」の長岡上映会が開かれるのでご案内します。

『「知事抹殺」の真実』長岡上映会

日時 4月29日(土) 上映開始 14時35分~

会場 長岡市立中央図書館二階講堂

*プログラム*
< 上映会+対話の時間>
14:00 開場
14:30 開会
14:35 上映 (80分間)
16:10 対話の時間
17:00 閉会

■チケット料金
前売1,000円 / 当日1,300円

■前売チケット取扱店 ●フェアトレードショップ ら・なぷぅ(長岡) ●たつまき堂(長岡) ●アオーレ長岡 市民協働センター(長岡) ●八百屋の土田(上越)

■主催 おむすびの会 ■共催 平和と緑の会 ■協力 長岡アジア映画祭実行委員会!

■お問い合わせ 090-8610-7017(大橋) yasutakaoohashi@yahoo.co.jp

「    ひとりの知事が
 政治生命を絶たれた不可解な過程を、
   一次資料にもとづき映像化   」

安孫子亘監督のドキュメンタリー映画
『「知事抹殺」の真実 』(2016年 80分) を、
どうしても新潟県でたくさんの皆さんと一緒に観たくて
自主上映会をさせていただくことにしました。

また、上映終了後には、会場に残れるみなさんと映画の感想や
日々感じることなど対話の時間を持たせていただきますので
お一人でも多くの方と時間を共有出来れば幸いです。

「3.11で起きた福島第一原発事故の後、原発立地県の知事としてただひとり原発や放射線に対して厳しい姿勢を貫いてきた泉田前知事を、私たちは様々な力がはたらく中で守ることができませんでした。それはいろいろな意味で、福島県で起きていたことともリンクしていると思うのです…。 福島県で起きていたこと…その「真実」が語られぬまま抹殺されてしまわないように、そして同じようなことを新潟県で起こさないように、その大きな力に、私たちが目を向ける必要があると感じ、ここに上映会を企画しました。」
おむすびの会より

https://www.facebook.com/events/179409999233121/

=================================

真実を追うドキュメンタリー

ひとりの知事が
政治生命を絶たれた
不可解な過程を、
一次資料にもとづき映像化

前代未聞の空虚な有罪判決

2006年9月、5期18年に渡り、県民とともにに福島県を築いてきた佐藤栄佐久知事は、何者かが作り上げた「謎の収賄事件」により突然辞任を強いられる。
裁判の過程で明らかになっていく事実、調書の矛盾。 裁判所は、知事に利益を得る認識が無く収賄額は0円、という前代未聞の有罪判決を出す。検察の主張の前提は全て崩れ、一体何の罪で有罪になったのか。報道は操作され、ゆがんだ情報に国民が惑わされていた。
どうしても、佐藤栄佐久を政界から抹殺したかったわけとは。なぜ、原発に近づくものが消えていくのか。

国策に異議を唱えた代償か

佐藤栄佐久は、中央政界での経験をもとに、独自の政治スタイルを確立。国に頼らない、地方色を生かした国づくりを進めてきた。そして原発立地県として、その安全神話が空っぽであると気づいた時から、巨大な力との果てしない戦いは避けられなかった。
市町村合併、道州制そして原発問題、押し寄せる国策に問題提起することの代償。闘う知事と呼ばれた佐藤栄佐久は、自身の身を持って証明することとなる。
突然の辞任から逮捕、関係者への事情聴取、裁判に至るまでの検察側によるマスコミ報道の信用性。報道されなかった真実が、佐藤栄佐久の証言でいま明らかにされる

『「知事抹殺」の真実』公式HP http://eisaku-movie.jp/
スポンサーサイト

| 未分類 | 14:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1464-62a28843

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT