長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

My Sweet Lord ~大崩にて17~



「農作業は辛い大変な仕事と思われてるけど、俺は楽しいんだよな」

毎年恒例の大崩のご主人の田んぼの田植え仕事の手伝いに今年も参加しました。
『風の波紋』の登場人物もご主人含めて4人が参加、
もちろん松之山から主人公の木暮さんも参加しましたが、
今年は東京の友達の息子さんが近所に住み始めたので、
連れてきて初めての田植えを体験させながら、
冒頭の言葉を話してましたが、木暮さんらしい言葉だと『風の波紋』で田植えをしながら、
「田んぼはね、はまるんですよ」という名台詞を思い出してました。

こちらも田植えを木暮さんの隣でしながら、
「悩み事を抱えて鬱々と過ごしてたある日に偶然、ご主人と道端で会って田植えを誘われて毎年来るようになったんですよ」と話しました。
しかし今回で4回目ですが、その割にはやはりあんまり役に立たなかったと自戒を込めて。

ただ今回は木暮さんに心開いて話せるようになったと思いましたが、
木暮さんも昼休みに

「あいつから2月に、沖縄と福島の映画の上映会のチラシが届いたので、
メールで届いたと送ったら、
“こちらはみぞれが痛いですがコンクリートに潰されるサンゴを思えばとポスター貼りに回ってます”と返事が来て大したもんだと思った」
などとこちらのことを話して、そういえばそんなことがあったと思い返し、そういう気持ちは忘れないようにしたいと自省しました。

この日はどんよりした曇天ながらも幸い雨は降らずに、いつもより少ない人数ながらも無事に予定の田んぼに手植えを終えましたが、例年ならわりとカラッとした晴天だったのが、今回は曇空で気温も低めのせいか今までに無かったほど蚊、それもベビー蚊と呼ばれる(?)蚊が情け容赦なく襲い、木暮さんはあちこち刺されて痒みに参っておりましたが、こちらはそれを横目にしながら、蚊に刺された感覚はなかったので自分は避けたのかと勝手に思いましたが、これを書いてる翌日に一日遅れで何十か所も腫れ上がり痒みに襲われ、自分はここでもズレてるなと無念に思いました。

田んぼ仕事を終えてご主人と麓の温泉に浸かった後に、大崩の家までの道中でカーラジオからジョージ・ハリスンの『マイ・スウィート・ロード』
まさにご主人にとってのROADがこの道なんだろうな、などとカッコよく締めようと思いましたが、
あれはROADでなくLOADでジョージが傾倒してたインドの神様への讃美歌なのかと今、書きながら調べて恥ずかしながら知った次第です。
やっぱりズレてるなと。

画像でペットボトルを飲んでるのが木暮さん。
もうお会いしてから7年くらいになるのか、最初は声をかけ辛い人だと正直思いましたが、今は気さくに接してくれて嬉しく思います。
しかし体型はで最初と変わりませんが、それにひきかえこちらは、、、、
スポンサーサイト

| 未分類 | 17:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1523-84768573

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT