長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Here Comes the Sun ~大崩にて18~



http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1523.html
↑こちらの続きで大崩のご主人宅での田植えの手伝いを終えて、
その夜は久しぶりにお泊りとなり、酒盛りしながらご主人と語り合い、
というよりもご主人の独演会に耳を傾けていた中で印象に残ったのが、
小林茂監督『風の波紋』を観た方なら劇団ハイロのミュージカルを覚えているかと思います。
それまでの流れを断ち切るような唐突なシーンですが、
ご主人が話すには小林監督は思い入れがあるものの、
やはり周囲からは本編に入れなくてもいいのでは、という意見が多く
監督はご主人に「原発はイデオロギーだろうか?」と尋ねたら、
「原発は生活」とご主人は返答したそうです。

3,11の福島原発大事故後に大崩の家の周囲を放射能測定したところ、
ここも高い数値だったそうで、それを目にしたご主人は
原発が生活と密着していることを確信したそうで、
監督はご主人の言葉に背中を押されたのか、
編集者やスタッフと協議したうえで劇団ハイロのシーンは挿入、
結果的に強烈な印象を観客に残したかと思います。

その流れで小林監督が次回作の構想を以前からご主人に話してたそうで、
それは結構ヘビイなテーマだなぁ、と思ったら現在、小林茂監督はその題材で動いてるようです。

ついでにこちらの次回上映作をご主人や木暮さんに熱をこめて話しましたが、
結構、この映画の主人公とご主人、木暮さんは共通するものがあるよなぁ、と思ってました。
たぶん関心持って聞いてくれたかと思います。

8月14日に市民交流ホールAで開催する上映作品は6月3日にこのブログで発表したいと思います。

画像は大崩に一番近い駅、越後岩沢駅です。
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1527-8de25800

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT