FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017 ~映画祭巡礼記~

S東京特派員の映画祭巡礼記。
今回は毎年行ってるショートショートフィルムフェスティバル&アジアが横浜で開かれたので足を運んでレポートを送っていただきました。ありがとうございます!
チャン・グンソク監督作はご本人が監督のみに専念し出演してないのに、やはり女性ファンで埋め尽くされてたそうです。

ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017
http://www.shortshorts.org/2017/

会場のブリリア・ショートショートシアター

ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017を見に横浜会場のブリリア・ショートショートシアターに行って来ました。
いままでは渋谷・原宿にしか行っていなかったのですがこの劇場はもともと短編映画専門館として作られたものだし、上映回数も渋谷より多くどちらかといえばこちらがメイン会場。東京からは遠いですが福都心線なら直通です。
映画館内は完全にシネコン仕様。やはり渋谷のホール上映とはけっこう雰囲気が違います。

さて今回はインターナショナルプログラム1本、アジア&ジャパンプログラムを2本見ました。
アジア&ジャパン部門ではタイの「スクムウィット通り」がアウトビートな笑いでクスクスさせて一番のお気に入り。
監督のアーティット・アッサラットってどんな人物なんだろうと検索したらなんと2007年に長編デビュー、デビュー作の「ワンダフル・タウン」や2010年の「ハイソ」は日本の映画祭でも上映されています。
また短編も何本も撮っていて韓国のイム・スジョンが主演の「プーケット」なんて作品も。
こんな実績のある人がコンペに参加するのもなぁと思いますがこのレベルの作品ばかりを見たいとも思います。
また韓流スターのチャン・グンソクの監督作品「偉大なる遺産」は短い時間の中で人生のほろ苦さをにじませつつ素っ頓狂なユーモアもあり楽しめる作品でした。

私の個人的な印象なんですが一般的に短編映画を長編映画よりも低く見るような風潮があるように感じています。
短編映画には短編映画としてのよさがあるのに。そんな偏見をなくすのに優れた短編映画を上映するショートショートフィルムフェスティバルの存在は大きいと思っています。
ただ作品が多すぎではないかという気がします。
多くの作品を紹介したいという思いはわからなくはないのですが、結局上映される作品すべてを見ることは不可能(今年の上映本数は250本だそうです)。
これはかなりもったいない。年間の優秀作のショーケース、そしてそれにプラスしてコンペ作品というスタイルがいいのではないかと思っています。

また短編映画のすばらしさをアピールする方法として長編と同じく映画館で上映すべきと思っていまして、それはホール上映がよくないという意味ではなく、あくまでも一般のイメージを向上されるためですが、この劇場で見てよりその考えを強くしました。
ともあれ短編映画の映画祭としては間違いなく国内最大の映画祭。短編映画ファンとしてはまた来年も期待したいと思います。

19457514_1424842594269378_1894922443_o.jpg
ゲストの舞台挨拶の様子
スポンサーサイト



| 未分類 | 17:31 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1551-15c40b70

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT