FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

被爆ピアノ 映画製作 平和、見つめ直すために 

毎日新聞長岡支局がとても心に刻まれたのが中越地震後に確か市民映画館をつくる会の初の上映会で、
被災地となったこの地域が元気になれるような映画をと検討した結果『スウィングガール』を上映することとなり、
そのリリースを市内報道各社一軒一軒、回っていた中で、
(今ならアオーレ長岡の広報に全部渡せばいいのですが、当時は幸町に市役所があり、
それなら一社ごとに回ったほうがいいと、ずいぶんと効率の悪いことをやってました)
毎日新聞長岡支局長が不在で確か社内にいた記者さんにリリースを手渡した後に、
当時の支局長から、この件で電話があり受け答えしたところ、
などと書き連ねて思い返したら相当ヤバイので、この辺で割愛しますが、
いづれにしても、もう毎日新聞とは一切こちらから依頼することはないという出来事があり、
以後、リリースをしても毎日新聞は除くという事が続きましたが、
この事態が変わったのが、この出来事から数年後に大阪出身の支局長が赴任し、
市民映画館をつくる会を知ってとても面白く感じて、お付き合いさせていただいたことでした。

ただ最初の電話で毎日新聞と聞いて、思いっきり構えてました。
この当時の支局長は『冬のアルパカ』にも出演しているので今度の短編映画上映会でご注目ください。
その後、この支局長はまた県外へと赴任となりましたが、
幸い申し送りがうまくいったのか、その次、その次の長岡支局長も、こちらの活動を注目いただき、
目に留まったのは記事にしていただきます。

先日の8月14日『人生フルーツ』長岡上映会に長野から映画好きの新聞記者が伏原監督に会いたいと
わざわざお越しいただきましたが、あわせてその日の毎日新聞県内版に五藤監督の記事が出てたと教えていただきました。
ネットにも掲載されたのでご紹介します。ありがとうございます。
しかし日本三大新聞は注目し記事にしてくださるのに、県下最大の新聞社は以下再び割愛。



被爆ピアノ
映画製作 平和、見つめ直すために 19年夏公開目指す 長岡市出身・五藤利弘監督 /新潟

長岡市出身の映画監督、五藤利弘さん(48)が、広島に投下された原爆で焼け残ったピアノを修復し演奏することで平和を伝える「被爆ピアノ」の活動を題材にした映画化を進めている。8年前に活動に出会って以来あたためてきたテーマで、「いま平和を見つめ直す時期にある」と製作意図を語る。来夏に撮影入りし2019年夏の公開を目指す。【金沢衛】

 被爆ピアノの演奏活動は、広島市安佐南区のピアノ調律師、矢川光則さん(65)が01年8月6日、同市の平和記念公園で行った。矢川さんの父親は爆心地から800メートルで被爆し、子どものころから体験談を聞いてきた。同じ原爆で壊れたピアノの来歴と重なり、「戦火をくぐったピアノを通じて訴えるのも新しい平和の伝え方」と思ったという。以来、トラックにピアノを積んで全国を巡る演奏を「平和の種まき」と呼び、これまでに1500回以上重ねてきた。

 五藤さんは、09年にフジテレビのドキュメンタリー「私は…被爆ピアノです」を製作した際に初めて矢川さんと出会った。地道な活動と平和への思いに共感した。「ドキュメンタリーで伝えきれない部分を創作で描きたい」とすぐに映画化を思い立ったという。モチーフにしたのは、矢川さんに昨年託された、ガラスの破片が刺さった被爆の傷痕を色濃く残すピアノの持ち主だった祖母と孫娘の存在。主人公の女性が被爆ピアノの活動を手伝い、さまざまな出会いの中で自分のルーツをたどり平和の意味を考えるというストーリーを想定している。

 長岡市で撮影した「モノクロームの少女」(09年)や、「ゆめのかよいじ」(12年)では中越地震を題材に古里の風景や大切なものを失うことの大きさを描いた。今回は「平和の大切さ」がテーマになる。五藤さんは「テロなど最近の世界情勢を見ていると、平和は水や空気と同じく当たり前にあるものということが、そうでなくなっている。残酷な描写でなくピアノの映像で原爆のむごさを伝え平和を考えさせたい」と構想を練っている。

 矢川さんは「映画は世界に発信できる。五藤さんには広島の空気や声をしっかりと受け止めてもらい感動的な作品にしてほしい」と期待する。

 11月18日には長岡市で被爆ピアノの演奏会が予定され、映画への協賛も募る。協賛の問い合わせは同製作委員会(矢川ピアノ工房082・848・9533)。

毎日新聞2017年8月14日 地方版
https://mainichi.jp/articles/20170814/ddl/k15/040/023000c

ちなみに掲載のお礼の電話を毎日新聞長岡支局長にしたら、
こちらより先に調律師の矢川さんがお礼の電話をしたそうで、
長岡での演奏会はりきってると話したそうで、身が引き締まりました。

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1467.html
スポンサーサイト



| 未分類 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1611-4d846cfa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT