FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Paris,Texas



ジャンヌ・モロー、ロジャー・ムーア、ジョージ・A・ロメロ、ジョン・G・アヴィルドセン、トビー・フーパー、ジョナサン・デミ、サム・シェパード、ビル・パクストン、ミゲル・フェラー、ハリー・ディーン・スタントン、、、、
鈴木清順、松方弘樹、渡瀬恒彦、神山繁、、、、

いつのころからクリスマスとなるとその年に亡くなった人を偲んだりします。
今年は『ロッキー』『ベスト・キッド』と世界中のボンクラ達の勇気を奮い立たせたジョン・G・アヴィルドセン監督が個人的に亡くなった年なのかもしれませんが、
『ゾンビ』のジョージ・A・ロメロ監督、『悪魔のいけにえ』トビー・フーパー監督と異端のジャンルで強烈な文明批評をしていたと教えてくれた巨匠が亡くなったということは、こちらがリアルタイムで映画を見始めた頃から活躍していた監督たちが、もう亡くなってもおかしくない年齢なのかと。
それを強く意識したのは『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミ監督の訃報を知った時でした。もっと若いかと思ってたので。

画像は『パリ・テキサス』で最も感動的なシーンのハリー・ディーン・スタントン。
担当者の上映活動ではは市民映画館をつくる会で上映した『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の七日間』でトレーラーハウスの住人役で出てきましたが、
脇役一筋だったのがヴィム・ヴェンダース監督の目に留まった『パリ・テキサス』の放浪者役を主演として一世一代の名演を披露。
この俳優さんがどんな役でも出てきたら喜んだりしていましたが、91歳でとうとう亡くなったのか、しかも脚本を書いたサム・シェパードも亡くなった年にかと。

『パリ・テキサス』は柴田昌平監督が最も好きな映画に挙げる作品。
放浪する者の心情は映画大道芸人を自負して全国をまわる柴田監督の心に突き刺さったのだろうと。
とりとめなくなったので、この辺で。
スポンサーサイト



| 未分類 | 23:52 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1739-6eacc9b8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT