FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『人生フルーツ』はブルーザー・ブロディと仮定してみる。



好き勝手に書いたんで読み飛ばしていただけましたら。

プロレス通で知られ時事ネタを得意としてるプチ鹿島さんが以前、提唱した説に頷いたかことがあります。

前田敦子はブルーザー・ブロディである。

↑確かそんな趣旨だったと記憶してるのですが、国民的アイドルとして君臨していたAKB48を卒業後、女優開眼した彼女はミニシアターや名画座をハシゴするようになり、それが劇場を通してなのか知られて行き、彼女のファン達がミニシアターに押しかけ、斜陽化著しいなかで劇場を潤していた姿にブルーザー・ブロディを重ねてしまうと。

ブルーザー・ブロディ。
昭和プロレスを通過した人ならすぐさま容易にその姿を思い浮かぶかと。
テーマ曲「移民の歌」にの載せて咆哮しながらチェーンを振り回してリングインする姿は今思えば尋常でない気がしますが、スタン・ハンセンとの”超獣コンビ”は今現在も文字通りの最強タッグだったことに異を唱えるプロレス好きはいないとハズです。
とはいえプライドが高く自分より格下に合わせる気はなくさらにプロモーターと幾たびもトラブルを起こし、ついに最期はプエルトリコで刺殺という悲劇に見舞われたため、そのカリスマ性とともに今も伝説と化してます。
そのブロディはメジャー団体、特に幻想だったとはいえ世界最高峰のNWA世界チャンピオンとなれる実績があるにも関わらず、自身はインディペンデントの団体に積極的に登場し、メインイベンターとして客席を満席にすることを至上の喜びとし己のプライドを満足させてたそうで、その姿にプチ鹿島さんは前田敦子を重ねたようでした。

だとすれば、、、
『人生フルーツ』は昨年の年明けにポレポレ東中野で封切られた後に口コミが広がってロングラン。
さらに全国のミニシアターで順次公開されどこでも大ヒットとなり、また配給会社の東風は自主上映会に寛容で積極的に自主上映会に貸していき、さらにミニシアターも一度のみならず中には二度も三度もアンコール上映が行われ、その度にまたヒットを記録。
現在、日本国内で20万人もの動員を集めたそうです。
これはシネコンの圧倒的な優勢の前に成す術もなかったミニシアターにとってまさに救世主のように映ったりします。
まるで全米のローカルなインディペンデント団体に登場し金の雨を降らせるブルーザー・ブロディのように。

この『人生フルーツ』現象は一体どこまでいくのか、制作した東海テレビのポリシーでDVD化はしないと聞きましたが、この映画に触れて映画の魅力を知ってもらえるなら、ずっと続いてほしいと思います。

余計なことですが昨年の長岡上映会に来てくださった伏原健之監督がブルーザー・ブロディのようなトラブルメーカーだったというわけではありません。
とても誠実ながら骨のある印象を受けました。
中越地震の時に山古志に取材に来て、地震後の姿を東海地方に伝えて下さったのは話を聞いてて感謝の気持ちが沸きました。

『人生フルーツ』 長岡上映会 アンコール

*キネマ旬報2017年 文化映画ベストテン1位

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=YkTQVlA2KJ4

『人生フルーツ』公式HP
http://life-is-fruity.com/

日時 2018年3月10日(土) 
①17時00分~   ②19時00分~

会場 長岡市社会福祉センター トモシア 3階 多目的ホール
長岡市表町2丁目2−21

料金 前売券 800円  
当日 1000円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生(学生証をお願いします)以下500円

プレイガイド 長岡駅CoCoLo文信堂書店/アオーレ長岡三階ながおか市民協働センター

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
電話 09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
HP http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/
スポンサーサイト



| 未分類 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1778-44e4b4c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT