FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『奪われた村』 豊田直巳監督プロフィール

プロフィール写真豊田01IMG_8233

3月11日に上映します『奪われた村 避難5年目の飯舘村民』にて講演してくださいます豊田直巳監督のプロフィールと写真を掲載します。

担当者は初めて豊田監督を見たのは共作した『遺言 原発さえなければ』の三条上映会にお話に来た際で、
当時4年前のことは↓こちらに感想を記していました。
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-525.html

三条での主催はエコロジーショップみずすましの店主がこれまで関わっており、
イラク戦争の写真展を三条で開いたご縁で何度か三条に訪れているようです。
先の記事に主に中東での取材経験が豊富ななかでチェルノブイルにも取材、
その流れで中越地震後の柏崎刈羽原発の内部も取材し、その杜撰さに驚きながら、
声を出さずにいたところ東日本大震災が発生し福島原発事故を防げなかった自身の反省から
福島を継続取材しているようで、今回も長岡での上映と講演後は福島へと向かうようです。

======================================

豊田直巳

フォトジャーナリスト、ドキュメンタリー映像監督・制作。日本ビジュアルジャーナリスト協会会員。1983年よりパレスチナ・中東の取材を始める。

 その後カンボジア、アチェなど東南アジア、旧ユーゴ、コソボなどの紛争地を取材し、写真と映像で週刊、新聞、テレビなどで発表。2011年の東日本大震災以降は、主に原発事故の被害の取材を続けている。

著書・写真集に

『Fukushima: L'Anno Zero』『福島を生きる人びと』『フクシマ元年』、『戦争を止めたい フォトジャーナリストの見る世界』(岩波ジュニア親書)『世界の戦場から イラク 爆撃と占領の日々』『パレスチナの子供たち』等多数。

映像作品に『奪われた村〜避難5年目の飯舘村民』(2016年)『遺言〜原発さえなければ』(共同監督・2013年)がある。

=====================================

○『奪われた村 避難5年目の飯舘村民』長岡上映会と豊田直巳監督講演会

日時 3月11日(日)

*18時00分~ ウィズコーションLIVE

*18時20分 『奪われた村 避難5年目の飯舘村民』上映 (作品時間64分)

*19時30分 豊田直巳監督講演 (約60分) 

前売  1000円  
当日  1300円  障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生(学生証をお願いします) 以下500円

プレイガイド 長岡駅CoCoLo文信堂書店/アオーレ長岡三階ながおか市民協働センター

会場 長岡市社会福祉センター トモシア 3階 多目的ホール
長岡市表町2丁目2−21
https://tomoshia.jp/

○『奪われた村 避難5年目の飯舘村民』公式HP
http://ubawaretamura.strikingly.com/

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=6okn268-dME

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
BLOG http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/
協力 3.11福島を忘れない!長岡実行委員会
後援 長岡市/長岡市教育委員会
スポンサーサイト



| 未分類 | 16:35 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1782-52fdbb0a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT