FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

街の案内人



先日、長岡ロケなびの渡辺会長のFACEBOOKに、
担当者としては長年、長岡の“街の案内人”であった田所さんが亡くなったと知りました。

市民映画館をつくる会の頃にはながおか市民センター1階の“街の案内人”として
訪れた人と気さくにふれあい、長岡をいつも笑顔で案内していた方で、
こちらがいつも上映会のポスター、チラシを市民センターに依頼していたら、
変わった奴と思ったのか、いつの間にか顔を覚えられておりました。

その頃に強い印象だったのが当時は大手通りの本屋さんの片隅にあった
長岡戦災資料館を『ひめゆり』の上映で来た柴田昌平監督にご案内したところ、
新潟日報の記者が同行し、柴田監督がこの資料館を称賛しているコメントを含め写真入りで結構大きく記事にしていただきました。
記事になった後日にいつもの市民センターで田所さんに会ったら、
こちらを見つけて日報の記事を読んだことを話してから

「監督に紹介してくれて本当にありがとう」

と頭を下げながら真剣な表情でお礼を言われたことでした。
長岡空襲を世代的に田所さんも体験しているはずなので、
やはり深い思いがあるのだと一瞬で察することができましたが、
それにしても普段は温和な田所さんがあんなに真剣な顔で礼を言われたことに驚き、
以来、なるべく縁あってお招きした映画人が長岡に来たら長岡戦災資料館をご案内するようになったのは、
あの時の田所さんの真剣な顔があったからだとも思ってます。

その後、アオーレがオープンしたら田所さんは市民センターからアオーレに移動。
1階の情報ラウンジでも笑顔でお客さんと接してる姿は変わらずにいましたが、
こちらはいろいろあって市民映画館をつくる会がなくなったため、
今の上映会活動を旗上げといえばカッコいいですが、
今も変わらない行き当たりばったりだし、
こんなこと自分が向いてないのが一番よくわかってるつもりで不安ばかりでしたが、
それでも『長岡アジア映画祭・プレイベント』と最初の上映会をアオーレ長岡市民交流ホールAで開催、
当然、田所さんに真っ先にお知らせしたいとお会いしたら、
こちらのゴダゴダや事情など辛気臭いことは知らずにいつもの上映会かと思ってたはずですが、
長岡藩出身といわれる歌人・井上井月をテーマにした『ほかいびと』を上映すると知ったら、
すぐに財布を出して前売券を買っていただきました。

こちらとしては最初にチケットを買っていただいたので、
これでお金を払っていただく価値のある映画を上映するのだと自覚させられ背負い込むものの重さを感じながら、
買っていただいたことを感謝していました。

などとこうして書いてたら“初心”を思い出させていただきました。
街の案内人をやめてからは会う機会は無くなりましたが、
訃報に接し田所さんの姿を思い返しながら、この場をお借りしてご冥福と深くお礼を。
ありがとうございました。

写真は五年前の↓こちらの記事から
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-13.html
スポンサーサイト



| 未分類 | 18:05 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1783-c89796ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT