FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旧 友 再 会



「豊田さんとは何度か会ったことがあります。
懐かしいし会いたいものです。
是非行きたいです。」

小林茂監督作『風の波紋』の主人公である木暮茂夫さんはかつて報道カメラマンとして活躍。
世代的にもしかしたら豊田直巳監督をご存じではないかと『奪われた村』上映会の案内を木暮さん宛に送った際、豊田さんをご存知ですか?と一言添えたら冒頭のお返事がメールで届きました。

一方の豊田監督にもやり取りの中で木暮さんをご存じですかと尋ねたら
『風の波紋』は観てないそうですが木暮さんは勿論知ってたものの、いつの間にか映画の主人公になってたと知り驚いておりました。

とはいえ『奪われた村』は夜の上映になるので松之山の山奥からお越しいただくのも忍びなく思っていたら、上映会当日の朝に仲間と観に行くと木暮さんからお電話が。

それならばぜひお二人が再会する時間を作らなければと気負ってたものの、
ちょっとした空き時間にどちらからともかく近づき、言葉を交わしての久しぶりの対面となりました。

写真家時代の木暮さんはこちらの知らない姿ですが、それを知っている豊田監督にとっても積もる思いがあるでしょうし、もちろん今はカメラを捨てながら世界と対峙している木暮さんにとっても。

お互い連絡先を交換し、今後お二人がまた交流を持つようでしたら、これも上映会を開いたうえでのヨロコビでした。

とはいえ豊田監督はその前に『風の波紋』をぜひ観てほしいです。

あと木暮さん、久しぶりにお会いしたらLINEを操作してて、結構カルチャーショックに思いました。

*豊田直巳監督作『遺言~原発さえなければ』『奪われた村~避難5年目の飯舘村民』がこの週末に東京で上映会が開催されます。 

2018年3月17日(土)/ 18日(日)
 
【開場】 13時45分
 
【上映時間 】
14:00~18:00 映画『遺言~原発さえなければ』(休憩あり)
18:20~19:25 『奪われた村~避難5年目の飯舘村民』 
19:25~20:00 監督トーク(豊田直巳/野田雅也)
 
【料金】予約1800円 / 当日2000円 / 学割1500円(予約優先・先着順)
* 4月7日に正式オープンするシネマハウス大塚のご協力により今回の格安上映が実現しました。
 
○『遺言~原発さえなければ』(2013年製作・公開)
http://yuigon-fukushima.com
「原発事故に見舞われた福島県の様子を、東日本大震災直後から800日間にわたり記録した、3時間45分におよぶ長編ドキュメンタリー。震災翌日の2011年3月12日、福島第一原子力発電所の取材現場にかけつけたフォトジャーナリストの豊田直巳と野田雅也が、13年4月まで、その土地の人々と過ごした日々を記録し続けた」
(予告編)
https://www.youtube.com/watch?v=0n7R-zhA_sw
 
○『奪われた村~避難5年目の飯舘村民』』(2016年製作・公開)
http://ubawaretamura.strikingly.com
「2年前に公開した映画『遺言~原発さえなければ』でも放射能から逃げ後れた住民の方は、高濃度汚染地帯に取り残されたままこう言ったのです。「目に見えない戦場で戦っているみたい」と。この『奪われた村』は、「見えない戦場」で続く「戦争」の下に生きる人びとドキュメントです」
(予告編)
https://www.youtube.com/watch?v=RYDgmeLeHmQ
 
予約はこちら、メールのみ(50席限定/予約優先・先着順)
info@yuigon-fukushima.com
スポンサーサイト



| 未分類 | 05:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1823-ac7cc38f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT