FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フードバンクにいがた 長岡センター

「わたしは、ダニエル・ブレイク」サブ(小)

三年前くらいになるでしょうか。
ながおか市民協働センターが発行する“らこって”に上映会のチラシ組み作業で、
他の団体から来た方が五藤利弘監督の応援をしているとうことで、
こちらに関心を持って話しかけてきました。

「フードバンク新潟 長岡センター」の代表の方でしたが、こちらはまだ今ほど“フードバンク”が浸透していなかった頃なので、そもそもフードバンクとななんのことか?
とその方の話を聞いてたことがありました。

『わたしは、ダニエル・ブレイク』の主人公ダニエルは大工職人として仕事をしながらも、病気のために失業、給付金を受けようとするものの複雑な制度の前に立ち往生しているところへ、
子ども二人を抱えたシングルマザーのケイティが現れ互いに助け合っていきます。
普通ならダニエルとケイティが燃えるような恋愛を経て結ばれるような気がしますが、ケン・ローチだけにそんな甘っちょろい方向へ行くはずもなく、さらに困難が待ち受けるのですが、映画の中で押し迫る貧困からケイティがフードバンクへと足を運ぶシーンが出てきます。

欧米ではすでにフードバンクの拠点に行けば特に審査もなく食べ物を得られるようなんですが、そのフードバンクに入るために結構行列を作っているので、まだこのような形では実施されてないと思う日本からすればかなり驚かされました。

それで今回、先にお会いした“フードバンクにいがた 長岡センター”の代表の方に相談し、6月3日の上映会にご家庭にある保存可能な食材(お米、缶詰、カップラーメンなど)をご持参し寄付いただいた方は当日料金1300円のところを200円に割引して映画を観賞できるようにしたいと思います。
いただいた食材は“フードバンクにいがた 長岡センター”を通して食料が必要としている団体などにお送りすることにいたしました。

あわせて上映前にこの代表の方に“フードバンクにいがた 長岡センター”の取り組み、活動についてお話ししていただきます。
正直、大変意義があるとともに労力のかかる活動で頭が下がる思いで聞いていました。
お客様にぜひ活動を知っていただきたいと、今回企画いたします。

前売券は明日発売を目指して取り組んでおります。

フードドライブとは
家庭にある保存可能な食材(お米、缶詰、レトルト食品、調味料など)を募り、食品を必要としている福祉施設や性格困窮者支援団体等に寄付をする為の活動です。

フードバンクにいがた公式HP
https://www.foodbank-niigata.org/

© Sixteen Tyne Limited, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve, British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2016
スポンサーサイト

| 未分類 | 15:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1852-8732197b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT