FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『わたしは、ダニエル・ブレイク』長岡上映会終了いたしました。



昨日、『わたしは、ダニエル・ブレイク』長岡上映会無事に終了いたしました。
足を運んで観賞いただいた皆様、
お手伝いいただいた方々、
上映会にお力添えいただだいた方々、
アオーレの職員さん、本当にありがとうございました。

そして上映会+αとして大きくアピールすることができた、
フードバンクにいがた 長岡センターの皆様もこの上映会に
一緒になって汗をかいていただきありがとうございます。
厚く御礼申し上げます。

しかし裏に表にドタバタ続きだったのが、
無事に上映を終えて大団円となるのは、改めて上映会って面白いと実感した次第です。
特に上映開始時間30分前まで映写しても映らずにいてスクリーンは真っ暗だったのは、
当時も思い返してもゾッとしました。

お客様のアンケートを終了後に読んでいたら映画はもちろん大好評なものの、
「毎回、司会が酷い変えたらどうだ」
と続いて罵詈と雑言が並べられてるのを読んで、へたりこんでました。
司会は担当者なんですが、まぁ、割に合わないので言い訳はせず、
しかし毎回とあるのはどこで知ったのか毎回来てくださってるのかと。

正直、今回は前売券の売れ行きが乏しくなく、
でもまぁ、上映料は異例の前払いで払え終えてたので、
来てくださる方が映画を観て、各々考えていただければいいや、
と思ってましたが、フードドライブ効果で当日券が伸びたおかげで、
見劣りしない感じで客席が埋まっているのを見て、
喜んでマイクを握ってるうちに真っ白になってました。
まぁ、完全に言い訳になりますが。

面白いと思ったのはお世話になってる長岡造形大のビューラ教授も来てくださり、
いつも日本映画の上映を紹介する際、
「英語の字幕はないのか?」と言われます。

ビューラ先生はスイス出身でドイツ語、英語、日本語も堪能なのに、
いつも英語字幕を希望しているので、
今回は英語のイギリス映画、先生は喜ぶだろうと思っていたら、
会場に来てこちらを見つけて「字幕はないのか」と。
変なことを聞くと思い、もちろん日本語の字幕が入ってると伝えると、
「いや、英語の字幕」と。

それで思い出したのが、この映画は訛りが強すぎて、
普通のイギリス人でもセリフが聞き取れないなんて記事を読んだ覚えが。
確かに東北や沖縄が舞台の映画で日本語字幕がついてた映画があったハズで、
そんな感じなんだろうと思いながら先生を館内へご案内。

そして上映後に出てきた先生に感想を尋ねたら、
「日本語の字幕を読んでたので理解できたよ」と。

ビューラ先生確かフランス語も話せるハズなので、
こういうあちこちの国の言語を理解できる人の脳の中ってどうなってるんだろうと
日本語も怪しくなってきたこちらは思ってました。
スポンサーサイト



| 未分類 | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1906-fdb2bbe9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT