長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

憲法第13条のうた



第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

========================

6月3日『わたしは、ダニエル・ブレイク』長岡上映会

以前『ある精肉店のはなし』上映前に時間があるからと未来と生活の会・三条の田中代表に
「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」を歌っていただきました。
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1346.html

映画に全く関係ない歌でしたが、結構好評だったので今回も上映前に弾き語りでお願いをしました。

事前にどんな映画なのかと聞かれ『貧困と尊厳』がテーマと大雑把に伝えたら
「昭和枯れすすき」はどうかと言われたものの、
上映前から暗くなるので、それはやめてほしいとと言ったきり、
当日になって来た際に何を歌うのかと尋ねたら
「人間の尊厳ということで憲法13条のうたを歌おうと思う」

まったく予想外の返事をいただいたものの、日本国憲法についてざわついてる現在、
「すべて国民は、個人として尊重される。」と高らかに歌い上げる13条は映画ともあってるように思い、
それでいこうとなりました。

アマチュアミュージシャンが作曲した情緒的なメロディに載せて、
13条の条文を二回繰り返すというシンプルな歌でしたが、
思いを込めて歌ってることと、13条のメッセージがお客様に伝わったのか、
アンケートを読むと、まぁ中には異論を唱える方もおりましたが、
(これに関してはこちらも異論が)、
・ギターの弾き語りが良かったです。
・上映前の歌もとても良かったです
と書いてくださった方がいて好評で歌い終えて拍手が鳴り響きました。。

画像はリハーサルも兼てロビーで歌ってる田中代表。
六角凧をバックにしてなかなかカッコよく、
何事かと聴きに来た若い女の子から声援があり、
やはりギター弾きはモテるなぁと。

しかし本番では田中代表がいつも怒られている真の未来と生活の会・三条の代表が、
よりによって最前列ど真ん中で見ていたので、
大変やりにくかったのか歌い終えた田中代表はぐったりとして早々と帰ってしまいました。
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1908-8e7c5422

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT