長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今は負けているかもしれないが、まだ試合は終わっていない。



6月3日『わたしは、ダニエル・ブレイク』お客様の感想を抜粋して掲載します。

*政治はどこを見ているか。 (70代・男性)

*やさしい社会になるといいですね。
隣人に、出会った人に愛を。自分が何をするか。(30代・女性)

*良い作品でした。
ありがとうございました。 (40代・男性)

*英国でも日本と同様、、、、
この映画をよくぞ作ってくれたと感謝しますy。
大勢の人に観て欲しい!!(60代・女性)

*昨日も貧困に関する報道を目にしたとこで、胸に迫りました。(70代・男性)

*とても良い映画でした。 (60代・女性)

*身につまされる。人ごとでないと。
まさに今日の現実。
より、ひどく生きにくい社会になると思う。 (60代・女性)

*効率とか収益とかが、第一義になっている、今の風潮に疑問を持ってる人は少なくないと思います。
映画でもどこも同じものばかりで、いろんな価値観を尊重できなくなっている。
また前売りがあまり売れない現実も悲しい、こんないい作品なのに。 (40代・女性)

*日曜の夜に観賞するには重たい内容でしたが、他国のこととは思えなかった。
グローバリゼーションが当然のこととなり、弱者が切捨てられる現実が恐ろしい。
誠実に生きている人が何故ここまで苦しまなければならないのかと切なくなりました。
現実は厳しいけれど最後は”つながり”ですね。 (50代・女性)

======================================

あとケン・ローチFiilmをはじめて観たという方もいらっしゃり感心していましたが、
確かにこれまでのケン・ローチの作品の中で最も感情移入できるのは、
アンケートにもあった決してよその国の話ではないことを実感できる風潮だからではないかと思います。

今回上映会を企画・準備していく中で資料を読んだりしたなかで、
「これはおかしい」といい続けるケン・ローチが政治について深く言及していることを知りました。
上映を企画した当初はまさかまた新潟県知事選が行われるとは思いもよりませんでしたが、
本当に重要な選挙なんだと実感しています。

件名はケン・ローチの言葉ですが、負けっぱなしの担当者にとって大きな励みになりました。
引退を撤回したケン・ローチの新作クランクインなんてニュースを待ちたいと思います。
そして80過ぎてもパンクな映画を。
スポンサーサイト

| 未分類 | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1911-b891f313

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT