FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

翠呼亭



「久しぶりに帰省したら実家が餃子屋さんになっていた」

五藤利弘監督が今春、FACEBOOKにこんな記事を載せたら、お友達界隈は騒然となり大反響となっていました。
五藤監督の妹さんがその餃子屋さん「翠呼亭 」を立ち上げたというので、ようやく食べに訪れました。

場所は長岡市の十日町地域、名の知れたかまぶろ温泉を過ぎて小千谷に向かう道中にすぐ見つかりました。
もっとも担当者はかまぶろ温泉によく浸かりにいきますが、
その先に五藤監督の実家があると知ってたものの、わざわざ探して行く気も無かったので、
今回初めてたどり着きました。

わりとこじんまりした瀟洒な建物で一見、餃子屋さんというよりカフェを思わせてドアを開くと、
一人で切り盛りする監督の妹さんがカウンターの中から常連さんらしき人と言葉を通わせていました。

お昼は餃子のお土産のみと聞いてたものの、
但し書きを読むと食べてもいけるそうなのでご飯とみそ汁と洒落た前菜がセットになった餃子定食を注文。

それで肝心の餃子なのですが、これは忖度でもお世辞でもなく本当に旨かったです。
餡が詰まりながらも油っぽさは抑え気味で、中華料理屋さんの定番の味と一線を画しており、
皮とも絶妙なバランスで味が保たれていて
一味違って旨いと妹さんに伝えたら、どうやら香辛料が秘訣らしく、
何種類も調合して研究を重ねた結果、この味になり、
醤油よりも酢と胡椒をつけて食べるのが美味しいと勧められました。

この餃子の味には賛否両論あるそうですが、担当者はこちらの方がイイのではと伝え、
餃子一本で攻めるなら定番でなく、このくらい個性的でないと。

聞けば以前から餃子屋さんを出したいとずっと研究していたそうで、
今回ようやく念願のお店を出すことができてとても嬉しく、
正直、長岡でも郊外なので地理的に大変なのは覚悟のようでしたが、
ともかくこちら今まで食べたことない、こんな美味しい餃子のお店が出来たことを、
食いしん坊の担当者としては祝福をしたいです。

夜はお酒やおつまみもメニューに登場するようですが、
いづれかまぶろ温泉に浸かった後に訪れるとして、
またこの餃子を食べに行くだろうな、と思いました。
本当に掛け値なしでお勧めいたします。

妹さんは何度か五藤監督の上映会に観に来てくださったそうで、
そのお礼をお伝えしましたが、
よくよく思えば初めてお会いしたので、
こちらの紹介をして『被爆ピアノコンサート第二楽章』のポスターとチラシをお願いしてきました。
ありがとうございました。

6月30日 『被爆ピアノコンサート in 長岡 第二楽章』
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1898.html
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1914-2100114e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT