FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

8月15日 『標的の島 風かたか』



高畑 勲(アニメーション映画監督)

この映画の明るさはすごい。抵抗し、ごぼう抜きにあいながら、人々は歌う、踊る、笑う。一人一人が昂然と胸を張っている。みんなのあふれ出す命の輝きに胸打たれ畏敬の念を覚える。本土から派遣された機動隊員の顔の死んだような無表情に、私たち本土の人間の沖縄に対するうしろめたさを重ね合わせずにはいられない。辺野古・高江だけでない。沖縄県の島々を自衛隊が新たに基地化し、国は沖縄全体を仮想敵国の“標的”にする気なのだ。この映画はそれを教えてくれる。

↑高畑勲監督が寄せたコメントを読み返して『標的の村』『戦場ぬ止み』と三上智恵監督作を上映してきたこちらとしては、更に現在進行形で着地点が見えず、混沌としたままダイレクトにこちらに突き刺さる三作目『標的の島 風かたか』の上映に手を挙げないのはどうかと腹を括り8月15日(水)18時を予定して『標的の島 風かたか』の上映会を企画します。
会場はアオーレ長岡市民交流ホールAです
現在、沖縄の現状に詳しい方から上映後のお話をしていただく快諾をいただき、
配給会社とは折衝をしており正式に確定しましたら、またこちらに掲載したいと思います。

「私は自分の映画に描かれている海上保安庁の若者も、機動隊の若者も、自衛隊の若者も、守りたいです。彼らの命はもちろん、尊厳も守りたいです。そのために、なぜいがみ合う構図が作られているのか。この国の舵取りは誤っていないか。それを問い続けて、皆さんと一緒に考えていく映画を作っていきたいです。」

↑昨年3月11日の『戦場ぬ止み』長岡上映会に寄せていただいた三上智恵監督のメッセージです。
思えば一昨年の8月15日に第一作『標的の村』上映会を開きましたが、あれから重みがさらにさらに増している気がします。

『標的の島 風かたか』 http://hyotekinoshima.com/
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1915-8a727659

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT