長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あかごまの担々麺か夏 翻れ



7月1日
アオーレ長岡での被爆ピアノコンサートを終えて上機嫌の矢川さんをホテルまで送る途中、
なぜか下ネタで意気投合してしまい、仲良くなった気がしてしまいましたが、
矢川さんは翌日に能登のコンサートに向けて朝4時に出発とのこと。
そのエネルギーにやはり頭が下がる思いでした。

その後に五藤利弘監督から電話があり、待ち合わせてラーメンでもとなったものの、
日曜夜の殿町はラーメン屋さんに限らず閉まってる店が多いのが、いつも不便に思うなか
明かりが灯っていたのがアオーレすぐ近くのはダイニングバーの‟あかごま”

こちらのイナセな店長が五藤監督の高校の確か同級生のようで、
五藤監督の映画上映会の際にはチラシを置いていただくお願いをよくするので、
今回、監督は持参した被爆ピアノ協賛金募集のチラシ
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1869.html
↑こちらをお店に置いていただけないかと依頼。

もちろん店長は快く引き受けていただき、
監督ともども、このお店の名物の特製担々麺を注文しいただきながら、
あれやこれやと二日間に渡る被爆ピアノコンサートの感想を互いに話しあってたところ、
店長が先のチラシの申込書に必要事項を書いて協賛金を監督に渡しに来てくださいました。

多分、監督はチラシを置いていただき、お客さんに映画化を知ってもらうことが優先だと思ってたハズですが、旧友の計らいに感激したようすでお礼を述べておりました。

その後に隣のテーブルに仲間同士のお客さんが集まり賑わいましたが、
そのうちの一人が偶然、監督の高校の後輩で殿町にお店を構えてるとのこと。
先方は監督を知ってたようで挨拶をした後に店長から先のチラシを渡され見入った後に、
こちらも賛同されて協賛金を監督に渡しに来ました。

このやりとりを間近で見ていて、やはり五藤監督は故郷の長岡の人たちから応援されるのが一番うれしいのだろうと確信、担当者は以前は辛口にチャレンジしていましたが、最近はそんな意気込みが失せて画像のマイルド味の特製担々麺が余計に旨く、コンサートの成果とともに殿町は気分よく夜が更けていきました。

https://akagoma.gorp.jp/

矢川さんのいる広島はじめ西日本大豪雨が甚大な災害となってるようで、被災された方々にお見舞いを申し上げます。
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1941-3fa5b02b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT