長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

池谷です。元町プロダクションがNHKの番​組で紹介されます!

『延安の娘』『蟻の兵隊』『先祖になる』『ルンタ』の池谷薫監督は
神戸の大学へ赴任とともに、新たな出会いの元、ドキュメンタリーのムーブメントを起こそうとしています。
その活動の様子がテレビで紹介されると池谷監督からBCCメールが届いたので転載します。



【転送大歓迎】

BCCでメールを差し上げる失礼をお許しください。

西日本を中心とする集中豪雨は各地に甚大な被害をもたらしました。

被災された方々に心からお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復旧をお祈りいたします。

そんなときのお知らせで大変恐縮ですが、

僕が主宰する映像制作サークル「元町プロダクション」の活動が

NHK-Eテレ「ハートネットTV」で全国放送されることになりました。

放送日:7月12日(木)午後8時00分~午後8時30分

タイトル:「人間を撮る 自分を見つめる ~元町プロダクションの人々~」

番組ホームページでの紹介:https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/676/

元町プロダクションは昨年開講した「池谷薫ドキュメンタリー塾」から生まれました。

メンバーは10代から80代までの老若男女25名。

僕の「他者にカメラを向けることは、自分を見つめることでもある」という信条に共感し、

神戸元町映画館を拠点にオリジナリティあふれる作品づくりに励んでいます。

阪神・淡路大震災で娘を亡くした建築家夫妻が「家」をテーマに家族の絆を探し求める作品。

同性をパートナーとする30代女性が自分のアイデンティを母親の人生に重ね合わせようとする作品。

そこには、その人にしか撮れない自由な精神があり、それを支える覚悟があります。

「人はなぜカメラを持つのか」――その答えはまだ見つかっていませんが、

神戸から新しい映像文化を発信する元町プロダクションの活動を、一人でも多くの人に知ってほしいと願っています。

お忙しいところ恐縮ですが、ぜひこの番組をご覧いただき、ご意見ご感想をお寄せください。

今年は猛暑が予想されています。ご自愛専一にてお願い申し上げます。

感謝を込めて

映画監督/甲南女子大学教授

池谷 薫(いけや・かおる)
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1942-93b52fad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT