FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スネオヘアー LIVE(花火大会前夜の)上越 高田世界館

スネオ

ながおか市民活動フェスタ’18参加企画 長岡監督特集上映 第4弾
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1959.html

↑今回、こちらの企画の中で上映する五藤利弘監督『モノクロームの少女』
これまで市民活動フェスタでは短編映画を上映してきましたが、
今回は撮影からちょうど10年という節目で五藤監督の劇場長編デビュー作『モノクロームの少女』を上映します。

この10年の間に出演者の加藤武さん、そして大杉漣さんまでも亡くなり、追悼の意で上映をしたいという思いがありますが、それはいづれ書けたらと。

『モノクロームの少女』は栃尾を舞台に中越地震で傷ついた故郷への思いを込めて五藤監督が描いた作品ですが、それに呼応するかのようにエンディングに長岡出身スネオヘアーさんの曲が流れて一層強くこの映画を忘れがたいものにしています。

タイトルは『ホームタウン』

おそらく脚本を読んで書き下ろしたのではないかと思いますが、スネオヘアーさんの故郷への思いがつまったような歌詞を耳にするとその情景がすぐに浮かぶような大変感動的な曲で、あの作品を上映することでまたこの曲が聴けるのかと大げさでなく身震いするほどです。

五藤監督の短編『雪の中のしろうさぎ』には、これもスネオヘアーさんが提供したバラード『眠りにつく頃』がラストを飾り、スネオヘアーさんと五藤監督の相性は格別なものがあると。

『レミングスの夏』でついにスネオヘアーさんが全編音楽を手がける事態になったのも当然の成り行きかもしれません。

これからも長岡出身同士のお二人のコラボに期待したいと思ってます

そのスネオヘアーさんは最近は高田世界館が気に入ったのか、頻繁にライブに訪れ今年も長岡花火前夜の8月1日に開かれるのでご紹介します。

*スネオヘアーが今年もやってくる!
サポートメンバーありの豪華公演!
 
「スネオヘアー LIVE(花火大会前夜の)上越 高田世界館」
日時:2018年8月1日(水)OPEN19:00 START19:30
会場:高田世界館(新潟県上越市本町6丁目4-21)
出演:スネオヘアー/おかもとなおこ(つばき)
TICKET:前売¥3,500(D代500円別途)
一般発売:イープラスにて販売中 〜2018/7/31(火)18:00(先着)
※会場でのチケット販売もございます。
入場順はイープラスのチケットをご購入いただいたお客様を優先、
整理番号順にご入場いただいた後、会場販売チケットのお客様のご入場となります。
あらかじめご了承下さい。 
 
【スネオヘアー・プロフィール】
 新潟県長岡市出身の渡辺健二による一人プロジェクト。 
2002年メジャーデビュー。
これまでに8枚のアルバムを発表してきた傍ら、YUKI、新垣結衣、坂本真綾らへの楽曲提供やサウンドプロデュース、サントラ/CM音楽の制作や映画出演などでも幅広く活躍。その独特の存在感は音楽界のみに留まらず、各界のクリエイターや俳優・タレントからも注目を集めている。
役者としても、『犬と歩けば~チロリとタムラ』(2003年/篠崎誠)、『つむじ風食堂の夜』(2009年/篠原哲雄)など多数出演。かつてロックミュージシャンだった禅僧を演じた『アブラクサスの祭』(2010年/加藤直輝)では初主演を果たす。
2017年5月にデビュー15周年を迎える。自身のレーベル「Tundra」から、15th記念15曲入りニューアルバム「Kiss me quickly」をリリース。
http://takadasekaikan.com/archives/7628

ついでに9月21日の新潟LOTSでのでんぱ組.incのライブにスネオヘアーさんがゲスト出演するとのこと。
http://www.suneohair.info/live
かなり異色に思いましたがメンバーのねむきゅんがスネオさんの大ファンとのことで新潟で実現したんだろうかと、こちらはまさかぺろりん先生とスネオさんが絡む日が来るとは。
スポンサーサイト



| 未分類 | 04:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1962-587e0897

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT