FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

被爆アオギリにたくして



昨年11月の被爆ピアノコンサートで弾いていただいた名古屋で被爆ピアノ活動をなさっている方が8月3日に長岡へ遊びに来るので、一緒にご案内しないかとK先生から連絡がありました。

長岡出身・五藤利弘監督を掛け値なしに応援しているK先生は昨秋11月の被爆ピアノコンサートにも足を運んで、その音色に戦没者への慰霊の思いを嗅ぎ取ったのか、長岡市に空襲で亡くなった人たちへの慰霊も込めて被爆ピアノコンサートを進言し7月1日に戦災フォーラムの一環として実現した経緯があります。
それで11月の被爆ピアノコンサートで「アオギリのうた」を演奏した、この名古屋からの女性に「長岡にも被爆アオギリがある」と伝えると大きな関心を持ち、長岡に別の件でくることになったのでK先生に連絡、K先生も名古屋に長岡の魅力を広めるきっかけになればと被爆アオギリも含めご案内を快諾、こちらにも連絡をしたようでした。

ただこの三日の肝心の長岡花火は、こちらは夜勤だし、K先生も親戚で集まった見るようなのでご案内できずにいたら幸いにも栃尾で五藤監督を応援してくれる方と見れることになったようで正直良かったと思いました。

名古屋からの女性は被爆ピアノ活動をやってるだけに調律師の矢川光則さんとお知り合いで、その矢川さんは自分は被爆ピアノより先に被爆アオギリから入ったと常々公言。
今年長岡にいらした際は五藤監督が平和の森公園の被爆アオギリ二世をご案内し、
その感想を聞いたK先生は「広島市から県外に最初に贈られたアオギリが長岡なんですよ」と伝えると大変驚き、来年はぜひここで被爆ピアノコンサートを開きたいとまで話していました。
それを名古屋からの女性は耳に挟んでいたので平和の森公園にある被爆アオギリ二世をご案内したところ手に触ったり、種を拾って持ち帰ったりととても喜んでおりました。
しかし久しぶりにこの平和の森公園にある二本の被爆アオギリを目にしましたが、立派にすくすくと育っており、これは異例ではないかとも思うのでこの広島から贈られたアオギリがもっと多くの人たちに知られるようになればと思ったりしました。

また平和の森公園をご案内する前に戦災資料館をご案内。
担当者は何度か足を運んでおりましたが、何気に空襲時に焼失した長岡の地域毎の地図を見たなかで宮内駅周辺もかなり空襲で焼失したことわかりました。
てっきり長岡空襲とは長岡駅周辺の中心部、北長岡、模擬原子爆弾が投下された左近が主だと思ってたら宮内もそうだったのかと今の宮内の町並みを思い返しながら地図を見てたこと。

さらにご案内いただいた職員さんが何気に外国人の捕虜も空襲で亡くなったと漏らし、
えっ?と尋ね返したら、どうも空襲時に捕虜となった米兵がいたらしいと人づてで証言を集めてる中で老人が話していたそうで、本当なのかわからない。
かなり驚きK先生に伝えたら、「北長岡に捕虜となった米兵の収容所があったらしい」と。
らしいので定かではないようでしたが、もしそれが本当なら何しに米兵は長岡にいてしかも捕虜となっていたのか。もし本当に空襲で亡くなったのなら米軍は把握しているのか?
様々な疑問が一気に押し寄せ、当たり前ですがわからないことのほうが多いことを実感していました。
いづれにしても長岡空襲で亡くなった戦没者は公式には1486人ですが、もっと多いらしいというのをこの日に知りました。

名古屋からの女性はその後、たぶん長岡花火を楽しんだことと思いますが、ご案内したおけがで知ったことがあったりしました。
スポンサーサイト

| 未分類 | 14:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1969-cf4cf374

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT