FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

石橋杏奈さん、おめでとう!



楽天・松井裕樹、石橋杏奈と結婚!12月にハワイ挙式 鷹党女優と愛育んだ
http://news.livedoor.com/article/detail/15122221/

最近、真野ちゃんこと真野恵里菜さんの結婚に、
ハロプロエッグから推してたこちらは感慨深いものを感じながら、
意外と吹っ切れおめでとう!と祝福をしておりましたが、
先ほどネットの配信記事から飛び込んで目に入ったのが冒頭の、
五藤利弘監督『ゆめのかよいじ』『雪の中のしろうさぎ』のヒロイン、石橋杏奈さんの結婚の報でした。

『ゆめのかよいじ』では心が風邪をひいたため栃尾の地に癒されに来たヒロイン。
そこで謎の美少女に逢いファンタジーの世界へと彷徨っていきます。

『雪の中のしろうさぎ』は一転し、十日町を盛り上げようとする地域グループのマドンナとして、
溌剌とした魅力を発揮、岩尾望さん扮する流れ者のエセ芸術家がすっかり夢中になるのも納得でした。

どちらも栃尾、十日町でロケし五藤監督のおかげで新潟に縁にある女優さんとも言えますが、
担当者は『ゆめのかよいじ』の撮影を見学、『雪の中のしろうさぎ』では調子に乗ってエキストラに参加。
真正面から見るには照れてしまい、横目で石橋さんを見ておりましたが、
いやぁ、ホントに綺麗でありました。

『雪の中のしろうさぎ』完成後、長岡アジア映画祭で上映が決まり、
宣伝のために十日町の関係者に紹介に回ったら、
皆さん誰もが石橋杏奈さんがステキだったと口を揃えておりました。。

その後も映画、ドラマ、さらにバラエティでも大活躍なのは承知かと思いますが、
担当者は若松孝二監督の遺作『千年の愉楽』に大きな役ではないとはいえ石橋杏奈さんが登場、
かの鬼才の演技指導におそらく揉まれたであろう石橋さんは女優として一皮剥けたように思いました。

最近は入江悠監督『22年目の告白 -私が殺人犯です-』ではかなりキツイ役を演じ、
観ていて驚かされましたが、たぶん正統派の美人女優という枠で収まらない活躍も、
結婚を機に期待します。

そしてまた五藤監督作に出演してほしいとも。
しかし姉さん女房になるとはチト意外に思いました。
お幸せに!!

スポンサーサイト

| 未分類 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1972-924f6751

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT