FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平成最後の終戦記念日に



「何十年間の後の子や孫が歴史を振り返って、あの頃の私たちが頑張ったから、今の私たちがあるんだね
と言われるような、そういう思いをもって頑張っていかなければならないと思います」

8月15日の『標的の島 風かたか』長岡上映会を前に、
本日会場のアオーレ長岡市民交流ホールAを借りて上映素材の試写をし、
無事に全編滞りなく上映できたのでほっとしました。

無論、試写をしながら映画を再観賞しておりましたが、
やはり一際括目したのが翁長雄志沖縄県知事が国と争うことになった裁判のために出廷した際、
支援者を前に冒頭の言葉を含め短いながらも県民に寄り添うスピーチしていた姿でした。
他にも要所要所で登場し、沖縄の人々の期待と希望であったことが如実に伺えました。

死去以来、様々な報道に接し、実に立派な政治家だったことを知っていくのは、
いかにも後追いで恥ずかしい限りなのですが、
ナレーションでも一端が語られる通り『標的の島 風かたか』の“風かたか(風よけ)”とは、
沖縄及び日本の民主主義の体を張って風よけとなっていた翁長知事のことではないかと観ていて思い浮かびました。

ちなみにナレーションを三上智恵監督自身が語っているのですが、
これがアナウンサー出身だけに、とても耳に心地よい言葉の響きを感じてました。

そして何度か「沖縄はまだ戦争が終わってない」という言葉が出てきますが、
今回、お盆休みはこの日、この時間しか会場が開いてなかったので、
結果的に終戦記念日の上映となりましたが、
敢えてこの日に観賞することが相応しい映画だといえ、
さらに終戦記念日と言いながら、なぜ平成が終わるのに「沖縄はまだ戦争は終わってない」のか、
観賞者各自が思いを巡らすことにうってつけではないかと。

改めて観て語弊を承知でこの映画は面白かったです。
と同時にこれが現在進行形の日本の姿だと、
もはや取返しのつかない地点に辿り着いてるのかもしれませんが、
必死でNOを唱える人々と
さまざまな思惑が去来するラストシーンの一撃を含め、
こちらは傍観しているだけなのはどうなのかと、
安全地帯でふんぞり返ってる自身の足元が揺らぐ映画でありました。

*『標的の島 風(かじ)かたか』長岡上映会

日時 8月15日(水)18時~ 上映開始

上映後 福本圭介氏講演 :「今、私たちは沖縄の声にどう応答するべきか」 

「標的の島」上映会を前に 福本圭介氏 
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1966.html

プロフィール 福本圭介(ふくもと けいすけ)
1970年、香川県生まれ。新潟県立大学准教授。
2016年に仲間と「沖縄に応答する会@新潟」を立ち上げ、沖縄の米軍基地問題の本当の当事者である本土住民に「じぶんの荷物はじぶんで持とう」と訴えている。専門は、英語圏文学、思想。新潟市在住。

会場 アオーレ長岡市民交流ホールA

料金 前売1000円、 当日1300円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生(学生証提示願います)500円

前売券プレイガイド アオーレ長岡西棟3階ながおか市民協働センター/リリックホール/長岡市立劇場/ら・なぷぅ/キャラメルママ/西時計眼鏡店/ハーブ談話室/でくのぼう(長岡市)みずすまし(三条市)えとせとら(柏崎市)シネ・ウインド(新潟市)

『標的の島 風(かじ)かたか』
*2017年 キネマ旬報文化映画映画部門第二位

監督・ナレーション 三上智恵

2017年 日本映画  作品時間119分
配給 東風

イントロダクション

「標的の島」とは、沖縄のことではない。
それは今あなたが暮らす日本列島のこと。

2016年6月19日、沖縄県那覇市。米軍属女性暴行殺人事件の被害者を追悼する県民大会で、稲嶺進名護市長は言った。「我々は、また命を救う“風かたか”になれなかった」。「風(かじ)かたか」とは風よけ、防波堤のこと。
沖縄県民の8割の反対を黙殺した辺野古の新基地建設、全国から1000人の機動隊を投入して高江で強行されるオスプレイのヘリパッド建設。現場では多くの負傷者・逮捕者を出しながら、激しい抵抗が続く。さらに宮古島、石垣島でミサイル基地建設と自衛隊配備が進行していた。

なぜ今、先島諸島を軍事要塞化するのか? それは日本列島と南西諸島を防波堤として中国を軍事的に封じ込めるアメリカの戦略「エアシーバトル構想」の一環であり、日本を守るためではない。基地があれば標的になる、軍隊は市民の命を守らない—沖縄戦で歴史が証明したことだ。だからこそ、この抵抗は止まない。この国は、今、何を失おうとしているのか。映画は、伝えきれない現実を観るものに突きつける。

歌い、踊り、咲き誇る文化の力。
「最前線」に集まる人々、新たなる希望。

監督は『標的の村』『戦場ぬ止み』の三上智恵。大学で民俗学も講じる三上が描くのは、激しい抵抗や衝突だけではない。エイサー、パーントゥ、アンガマ、豊年祭。先祖から子孫へと連なる太い命の幹、権力を笑い飛ばし、豊穣に歓喜する農民の誇りと反骨精神。島々の自然と歴史が育んだ豊かな文化がスクリーンに咲き乱れる。そして、県民大会で古謝美佐子が歌う「童神(わらびがみ)」、辺野古のゲート前でかき鳴らされる三線の音色。
高江のテントで「兵士Aくんの歌」を歌う七尾旅人のまわりには全国から駆けつけた若者たちの姿があった。この一年で安全保障政策を大転換したこの国で、平和と民主主義を守る闘いの「最前線」はどこか? それに気づいた人々が、今、沖縄に集まっているのだ。


『標的の島 風かたか』公式HP http://hyotekinoshima.com/

予告編 https://www.youtube.com/watch?v=FKqFSGS3bu0&feature=em-share_video_user

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
電話 09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmai.com
HP http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/
スポンサーサイト



| 未分類 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1977-379799b1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT