FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

8月15日に



「8月15日に相応しい、良い上映会でしたね」

お手伝いいただいたメンバーより、こんなDMが届いてほっとしました。

映画をまた観ながら徹底抗戦する沖縄の人々を目にして、
もっと出来たのではなかろうかと自問を重ねていたりしましたが、
この場に集まっていた人たちは平成最後の敗戦の日に
『標的の島 風かたか』を観て沖縄の人たちに思いを寄せていたことが刻まれたと
思うことで上映会の意義を深く感じたりしていました。

お越しいただきました方々ありがとうございます。
お手伝いいただいたみなさん、お疲れ様でした。
やはり上映会は協力がなければできないと改めて強く思いました。
そして福本圭介先生にも深く感謝を。
改めて述べたいですが、今回福本先生に講演をいただき、大正解でありました。

あと意外にも三上智恵監督作品を初めて観たという方が結構いて、
間違いなく現在進行形で問題作を立て続けに発表している強固な映像作家であるので、
長岡でも紹介していくべき映画監督だと確信いたしました。
いづれ三里塚の小川伸介、水俣の土本典昭に大袈裟でなく並ぶ存在になるのではないかと。

しかし毎回、負け戦の映画を撮り続けているのは、
被写体の多くを間近に感じているだけに、余計に辛いと想像しますが、
本作は高江の敗北から一転、民主主義の場として全国から押し寄せるようになった高江の姿を捉えた後に、
一転、まるで違うトーンとなり組織から押し付けられた県外の機動隊の青年たちを追っていきます。
七尾旅人の『兵士Aくんの歌』が被さり、未来の犠牲者は彼らだと暗示しているように思いますが、
それは少年兵をテーマにしてるらしい次作『沖縄スパイ戦士』に繋がりそうで、
当然のように観に行きたいと思っています。

ちなみに昨日の裏話として準備中にもブルーレイの試写をしていたら、
途中で乱調となり、本番はどうすると心臓が止まりかけましたが、
幸い予備のブルーレイも送られてきたので、それを使用したものの、
万が一、別のディスクとはいえまた乱調となったらと
気が気でなく映写中も館内にいて無事に上映が終わることができるかと
ハラハラしておりましたが、幸いにも無事に最後まで上映できました。
しかし毎度、思いますがこんなことは常設された映画館の映写技師さんは
ヘタしたら毎回こんな気持ちになるんだろうと。

改めて来た人が沖縄について、そしてこの国について
これからも思いを寄せることとなる上映会になったと思います。
スポンサーサイト



| 未分類 | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1981-59855912

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT