FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

終戦の日 沖縄の歴史と問題を学ぶ 映画『標的の島』を上映 講演も ~長岡新聞~



終戦の日 沖縄の歴史と問題を学ぶ 映画『標的の島』を上映 講演も

長岡アジア映画祭実行委員会は終戦の日となる15日、映画『標的の島 風(かじ)かたか』(三上智恵監督)をアオーレ長岡で上映した。「風かたか」は風よけ、防波堤のこと。同映画は沖縄を取り巻く現実への「風かたか」である。上映後、新潟県立大学准教授の福本圭介さん(48)が「今、私たちは沖縄の声にどう対応するべきか」をテーマに、沖縄の歴史と問題と、8日に死去した翁長雄志(おなが・たかし)沖縄知事の主張などに言及しながら話した。

===========================

8月15日『標的の島 風かたか』長岡上映会を唯一、記者が取材に来てくださった
長岡新聞の記事が8月21日付の三面に掲載されています。

担当者は以前に長岡新聞社社主と揉めたことがあったりして、
こちらの印象は悪いんだろうなと思ってましたが
そんなつまらぬことと現場の記者とは違うのか、
先の『標的の島 風かたか』上映会に県内報道各社から唯一、長岡新聞社の記者が取材に訪れ、
講演が終わった後は福本先生を捕まえアオーレの閉館ギリギリまでインタビューをした結果、
福本先生の講演を中心に写真入りで記事にしていただきました。
ありがとうございます!

県内の他の有力紙は8月15日について何を記事にしていたのか、
こうなると読み比べしたい思いが湧き、
終戦の日に合わせたイベントのなかでは決して見劣りするイベントでないと自負してただけに、
偉いぞ長岡新聞!それに引き替え新潟日報は、、、、などといつもならねちねちと愚痴りますが、
今回、福本先生は講演の中で昨年の憲法記念日5月3日の9条をテーマにした
朝日新聞の社説があり得ないほどおかしく感じたと話していたので、
ぜひ朝日新聞の記者の方がこの場にいて、できたら見解を聞きたかったと思ってます。

*福本圭介先生の次回講演会

「今、私たちは、沖縄にどう応答するべきか」
とき:9月8日(土)PM 17:30~20:00
ところ:新潟教会 新潟市中央区営所通2番町709-2 
軽食あり
参加費:500円、高校生以下は無料
話:福本圭介
問 電話0252233863
スポンサーサイト



| 未分類 | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/1988-dc58785a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT